大変なだけでなく、大きな喜びもある。。。(第83回NICU命の授業 in 横浜市立品濃小学校)

今年の秋は神奈川県各地で

NICU卒業生の方や学校の先生方が企画してくれた
NICUに関する講演会を担当させてもらいました。

以下のようにです。

スライド61

小田原の街の一体感を感じて。。。:小田原市PTA研究集会で「NICU命の授業」の講演(2023年9月)

スライド1

小児医療を大切にする街を皆で目指したい

:横浜市立品濃小学校PTA講演会で「NICU命の授業」の講演(2023年10月)

スライド16

スライド14

15年間、こども達に語りかけ続けていたNICU命の授業が
こどもから大人が関心を持ってくれる人たちが増えている
気がしています。

117389102_3292732217476878_549946537347190882_o.jpg

NICU命の授業: 小さな命を守る最前線の現場から 

の本も出版して3年経ちましたが、売れ続けていて
今月、第4刷が決定とのご連絡を受けました。

最近、
忙しくて子供達へのNICU命の授業の報告ができていないことがあるに
気付いたのですが3回の書き残せていない授業もどこかで
このブログに残したいと思いますが、
イギリスの皆様と新生児医療の専門的なことを
語らって翌日の午前中、

スライド1
午前中はNICUで後輩世代の先生達と一緒に
エコーしたり
スライド2
大変忙しい今年ですがどんどん頼もしくなる
チームを感じながら午後から出張でした。

スライド5
こども医療センターの最寄り駅の1つ東戸塚駅にある
品濃小学校に向かいました。

1ヶ月前にPTA講演会で
お話しさせてもらったのですが

先生方やPTAの皆様が是非
生徒にも授業をと要望してくださり
スライド4
実現した83回目のNICU命の授業です。こども医療センターのある街で
話せることをありがたく感じます。

小学生の授業は以前は難しい気がしていたのですが
昨年度
幼稚園でNICU卒業生やNICU元スタッフの看護師さんが
いる幼稚園で対話形式で授業できた経験から気づきを沢山
もらって今回も
質問などしながら授業をしました。

普段から子供達の患者さんと対話しながらフォローアップ
外来しているわけだから子供達と話しながら授業すれば
小学生でもなんとかなる気がしてきた最近です。

スライド8
コウノドリや当院の取材報道
Youtubeに残る東京ドキュメンタリー映画祭でも上映された
「小さないのちと家族の時間」などの動画を交えながら
スライド1
1ヶ月前は親御さんに話したような内容を
今度は小学生5,6年生にお話しさせてもらいました。


スライド6
70分間の授業、誰も居眠りせず、質問などしながらの授業でしたが
沢山の生徒さんが手を挙げてくれて質問に答えてくれて
嬉しい授業でした。

こども医療センターに受診したことがある生徒さんも多い
地元の小学生達で、NICU卒業生の子供達もいるのを感じる
授業でした。

PTA向けの授業の時に
スライド10
授業の後、喜んで会いに来てくれた11年間担当している
あみちゃん。

授業の中であみちゃんのお友達の生徒さん達に
スライド2
あみちゃんの担当医として
NICUであみちゃんがいかに力強かった赤ちゃんだったか、
ご家族がどんな想いで日々、あみちゃんと一緒にいたかを
お伝えしたり、
スライド3
長い入院を経て、退院の日を迎えた日に
ご家族やスタッフがどんなに嬉しく感じたか、
そして、大きくなっていい友達に沢山出会って
楽しく生活してくれたらと願ってNICUを送り出したり
外来でずっと応援してきたかをお伝えしました。

あみちゃんに話を振ったら、あみちゃん、
「授業を聞けて嬉しい。先生にはいつもあみの話を
聞いてくれてすごくありがたい、こども医療センターに
行くのが嬉しい」と友達に向けて伝えてくれて
その言葉に胸が熱くなりました。

授業の後も沢山、感想や質問を伝えてくれた
生徒さん達です。

「大変そうな仕事に見えるけどどうして続けているの?」
と質問してくれた生徒さんがいて
「大変なこともあるけど、大変なこともあるからこそ、
すごく嬉しいことや喜べることもあるんだ。

大変そうとか、苦労しそうだからやらないと決めると
大変じゃないかもしれないけど、すごく嬉しいことや
楽しいこともない気がするんだ。
中学とか高校の部活もそうかもしれないけど、
練習は辛いことも多いけど、みんなで頑張って
練習していく先に、すごく嬉しい経験とかできることも
あるんだ。
仕事も同じな気がして、辛いこととかしんどいことも
あるけど、それだけじゃなくて嬉しいこともあるから、
そして、誰かに喜んでもらえることってお金を稼ぐとか
稼がないとかを超えて嬉しいことがある気がするんだ」
と答えたりしました。

最近、嬉しいことはなんですか?
と聞かせて
「NICU卒業生の子供達が学校にいって、
友達ができて嬉しいとか、学校通うのが嬉しいって
話を聞けると自分達がNICUで願っていたことが
叶ったんだなと思えてすごく嬉しい」
と生徒さん達にお話ししました。

NICUに入院していた妹さんのお兄ちゃんで
ご自身もこども医療センターに通うお兄ちゃんが
しっかりと自分の言葉で授業への気持ちを話して
くれたり、真っ直ぐな視線で授業を聞いてくれていて
その再会にも嬉しく感じました。

スライド9
先生が感想を伝えてくれたり、先生が自分になぜ医師を
目指したかを質問してくれて、それに答えた自分でした。
自分は逆に先生にどうして先生になろうと思いましたか?
と質問したら自分と同じような気持ちを伝えてくれていましたね。

最後は
スライド10
当院のNICU卒業生のご家族でもある先生に
その時のことを語ってもらいました。自分も当時の
ご家族の気持ちに心寄せたいお話しでした。

NICU卒業生のご家族も沢山きてくださっていたのを感じる会場で
こども医療センターに通うこども達、ご家族と一緒に
地元の街でのこども医療センターのことを伝える
命の授業を終えました。印象に残る授業でした。

授業の後、こども医療センターで会うご家族達の
感想などを聞けて心強かったし、あみちゃんに
立派に発言できてすごいと思ったよと伝えたら
「緊張したけど、とよしま先生がきてくれたから
がんばろうと思った、とよしま先生のおかげだから
感謝」とお礼を言ってくれてその言葉と笑顔に
自分が感動でした。NICUから11年先の未来を
実感しました。


授業の後も
校長先生や先生達と同じ街で子供達の未来を
応援しているものとして感じていることを
お互いに交換できて、学校と小児医療の連携が
いい街を目指したい。
スライド11
病気や障害があろうとなかろうと、こどもでも
大人でも誰にでも人には生きづらさを感じることがあり
そういうことを心寄せ合いお互いに応援し合うような
街を目指せたらと思えるご家族や先生達との時間でした。
スライド12
夕暮れの東戸塚駅からこども医療センターに復帰しました。

スライド13
昨年で2年間の国内留学を終了していますが
違和感なく、復帰しているような剱持先生が
横浜市大NICUのことを相談してくれて横浜を
変えてくれている気がして心強かったり、
スライド14
留守中も心強く感じる後輩世代の先生方の
ひたむきな診療の様子、
スライド15
学会ではファミリーセンタードケアで有名な斎藤先生ですが
神奈川こどもでは3Dエコーなどを使いこなしながら
循環管理を今一番してくれている集中治療医です。

スライド17
忙しい中でも赤ちゃん達に声かけしている看護師さん
スライド16
りこちゃんとパパさんの見つめ合う光景。
それぞれの今を讃えたい気持ちでした。

今晩もお読みくださりありがとうございました。
コメント欄にご感想などお寄せくださると心強いです。
明日もお互いに頑張りましょう。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
4年間にご寄付くださった948件の皆様に
向けて感謝を込めて収録した

下記の4周年報告会、是非多くのスタッフ、応援して
くださる皆様にご覧いただければ嬉しいです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
コメント欄、ニックネームだけでコメント登録可能ですので
ブログ記事へのご感想などもお寄せいただければありがたく感じます。

ブログの感想など自分や担当医にお伝えくだされば
お写真撮影に伺いますので登場してもいいかなと思える
入院中の皆様にはお声がけくだされば幸いです。


スライド1
4-6月、65件のNICU指定寄附とメッセージに感謝。。。


で先月のご寄付への感謝を報告していますが

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」など応援したい診療科や部署に指定の上、ご寄付いただければ使い道を各現場で決められるのでありがたいです。

こちらは故郷納税のように税控除の対象になります。
1000円からご寄付可能です。

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」など応援したい診療科や部署に指定の上、
ご寄付いただければ使い道を各現場で決められるのでありがたいです。
(指定寄付でないと寄付があったことも存じ上げることができないので
是非、指定寄付をお願いしたいです)


「新生児科」、「NICU・新生児病棟」に指定いただければ、
今はコロナウィルス対応、その先には
新しいNICUでの患者家族のアメニィテイーの向上、
NICU卒業生の支援のための情報提供のリーフレットや育児応援アプリの開発、
NICUでのより良い診療のための研究開発、人財育成
などに活用させていただく所存です。

寄附の使途内容などはこのブログを通じて引き続き報告させていただきます。

今後とも多くの皆様に共に赤ちゃんとご家族のために
より良い医療を探していく応援をいただければ心強いです。


スライド1



関連記事
Posted byNICUサポートプロジェクト

Comments 2

There are no comments yet.
けいゆり  

息子、娘がお世話になっている病院の先生が
2人の学校でお話しくださるという貴重な機会に恵まれ
感無量です。

病院では、直接診ていただいたことはないにも関わらず
外来でいつも優しくお声がけいただき
豊島先生には、息子も親しみを感じており、
授業を楽しみにしていました。

小学生がどのくらい理解できるのか不安でしたが
息子は
「俺はよく分かった!自分も病院行ってるから、他の人よりは分かるよ」
「日本の医療すげー」
と、高揚した様子で話してくれました。

理解できない部分があったとしても
子供たちの心には何かしら残っていることと思います。

改めて、ご多忙な中、こうした授業をしてくださることに
感謝申し上げます。

  • 2023/12/06 (Wed) 23:46
  • REPLY
あみママ  

先日はお忙しい中「NICU命の授業」ありがとうございました。亜実もとても喜んでいました。

テーマが子供達には難しい内容だったかもしれませんが、私も自分が亜実を産むまで知らなかった事や気づかなかった事がたくさんありました。
これからたくさんの出会いや経験をしていく子供達です。もし困っている人や手助けが必要な人がいたら今回の話を思い出してほしいなと思います。

亜実が産まれた時、私たち家族も命が助かっても障害が残る可能性があるという話を聞いてきました。できない事を悲しむよりできる事を喜んで育てていこうと今までやってきました。小学校に上がってもみんなと同じにはできない事は多いけど、最後に感想を先生に聞かれて自分なりに考えて発言できた姿を見て正直驚き、感動しました。
何より嬉しかったのは、下校する時にお友達に「すごい頑張ったね!」と声をかけてもらって本人が嬉しそうにしてる姿を見れた事です。誰かに認めてもらえる、応援してもらえるそれが成長につながるんだなと実感しました。

  • 2023/12/07 (Thu) 01:30
  • REPLY