日本新生児成育医学会の第67回学術集会の報告3: 後輩世代のそれぞれ頑張っている日々を讃えたい。。。

スライド13
日本新生児成育医学会の第67回学術集会の報告2: 学会場で語らう心強さ。。。
の続き、報告3です。
学会2日目の報告です。

スライド1スライド2
朝1は勝又先生の発表の会場に行きました。
予定がかぶらない限り、後輩世代の発表には立ち会って
いたいと思えています。ダウン症のお子さん達の経管栄養
についてやめられる時期などを分析して報告してくれていました。
ダウン症のご入院が毎年25名以上いる多くの患者さんを
診療しているから気づけることをしっかり担当患者さんの
診療経験を含めてしっかり報告してくれていました。

スライド3
スライド4
その後は下風先生の発表に立ち会ってきました。
コロナの中で書き上げてくれた英語論文の内容を中心に
早産児へのステロイド療法への呼吸の影響をしっかり伝えて
くれていました。

スライド5
自分は質問などしなかったのですが大変意見交換が活発な
シンポジウムでその中に佐藤義朗先生(名古屋大学)、
下風先生、友滝先生(京都大学)と共に働いたことがある
皆様が壇上にいてそれぞれの意見を述べている姿が
研修医時代を知る自分には頼もしく、素敵に感じて
いました。そして、今の三人の学術的な姿勢を尊敬でした。

スライド7
スライド6
新生児看護学会でもNICU看護師さんが発表。
忙しい中で準備した看護師さん達を讃えたい気持ちでした。
会場の後ろで応援する看護師さん達と一緒に聞きつつ、
保育器から早産児の赤ちゃんが出る時期についての
意見交換を聞いてきました。

P1400630のコピー
一般演題で神奈川こどもから北海道に戻られた
後も粘り強く研究を続けてくれている兼次先生。
NICUの光照明、明暗環境についてのリニューアル工事の
効果についてを報告してくれていました。

スライド9
担当した患者さんのことをより深く知り、
ご家族に情報提供をしっかりする姿勢が素晴らしい森田先生
デビューの発表、
スライド11
池田先生の座長の基で
スライド10
担当した患者さん達から気づいたこと
などをしっかりと説明してくれていました。
スライド12
沢山のスタッフに讃えられている
森田先生、最強の後輩キャラな森田先生の
人気を感じました。



スライド20
坂野先生はサーファクタント追加療法についての報告。
スライド21
前回デビューして2度目の学会ですが
堂々と発表している感じを頼もしく感じました。

スライド22
斎藤先生は早産児のフォローアップの司会進行、座長で
討論を盛り上げていましたね。NICUからフォローアップ外来に
続く家族支援を目指している斎藤先生のマインドも伝わる気がしました。


スライド14
岐阜の寺澤先生と再会。斎藤先生、寺澤先生共に
頑張っていることを讃え合える気がして嬉しい再会でした。

教育セミナーで出会ったチューターさせてもらって
以来、存在感を感じる寺澤先生
スライド13
岐阜の後輩世代の先生方とお会いできて
「コウノドリ」で新生児医療目指したと伝えてくれて
当時の甲斐を感じる交流でした。

スライド15
スライド19
スライド16
ポスター会場で野口聡子先生が
スライド1
の研究の発表をしてくれていました。早産児の就学支援に
ついて毎回発表してくれていることにその継続性を讃えたい気持ちでした。

スライド18
スライド17
ポスター会場のディスカッションを拝見していると
このブログを立ち上げた頃、



024_特集-新生児科医を増やすための取り組み3_豊島先生_024-0271024_1
国内留学のメンバーが
日本の新生児医療の中心世代になりつつある、
活発な存在になっていると感じました。

ポスター会場や講演会場で意見交換している
姿に当時を知る自分にはただただ感慨深く嬉しく感じていました。

それぞれの場所やそれぞれの役目で
頑張っている姿を拝見していて
それぞれを讃えたい気持ちでした。

夜は新生児医療連絡会と
ハイリスク新生児フォローアップ研究会を掛け持ち参加
していましたが、フォロアップ講演では
スライド23
山口直人先生が特別講演でした。

スライド24
新生児科医から療育に移り学んだこと
療育センターで取り組んでいること
スライド25
神奈川こどもに試験的に開設した就学後支援外来のことをなどを
山口先生らしく講演していましたね。大変勉強になりました。


退院後の子どもやその家族の生活を支えていけるような医師を目指したい(DOCTOR-ASE2012年)


の文章を思い出し、直人先生が自分の夢を叶えた仕事をしていることも
讃えたいと思えました。

朝の9時から
夜8時過ぎまで会場で様々なお話を聞きつつ、
後輩世代の先生方の頑張りに勇気をもらう1日でした。

翌朝、自分も発表・講演が3つあるため
夜は準備していました。後輩世代の先生方が頑張っているように
自分も背中を見せられるように新しいことを続けていき、
発表をし続けたいとも思えています。後輩世代の先生達に
恥ずかしく思われないような新しい話ができるように
準備したいと思えていた夜でした。

4年間にご寄付くださった948件の皆様に
向けて感謝を込めて収録した

下記の4周年報告会、是非多くのスタッフ、応援して
くださる皆様にご覧いただければ嬉しいです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
コメント欄、ニックネームだけでコメント登録可能ですので
ブログ記事へのご感想などもお寄せいただければありがたく感じます。

ブログの感想など自分や担当医にお伝えくだされば
お写真撮影に伺いますので登場してもいいかなと思える
入院中の皆様にはお声がけくだされば幸いです。


スライド1
4-6月、65件のNICU指定寄附とメッセージに感謝。。。


で先月のご寄付への感謝を報告していますが

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」など応援したい診療科や部署に指定の上、ご寄付いただければ使い道を各現場で決められるのでありがたいです。

こちらは故郷納税のように税控除の対象になります。
1000円からご寄付可能です。

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」など応援したい診療科や部署に指定の上、
ご寄付いただければ使い道を各現場で決められるのでありがたいです。
(指定寄付でないと寄付があったことも存じ上げることができないので
是非、指定寄付をお願いしたいです)


「新生児科」、「NICU・新生児病棟」に指定いただければ、
今はコロナウィルス対応、その先には
新しいNICUでの患者家族のアメニィテイーの向上、
NICU卒業生の支援のための情報提供のリーフレットや育児応援アプリの開発、
NICUでのより良い診療のための研究開発、人財育成
などに活用させていただく所存です。

寄附の使途内容などはこのブログを通じて引き続き報告させていただきます。

今後とも多くの皆様に共に赤ちゃんとご家族のために
より良い医療を探していく応援をいただければ心強いです。


スライド1


関連記事
Posted byNICUサポートプロジェクト

Comments 1

There are no comments yet.
寺川由美  
学会お疲れ様でした

いつも大変お世話になりありがとうございます。先天性横隔膜ヘルニア患者・家族会の寺川です。
新生児成育医学会お疲れ様でした。3日目の朝のガイドラインのワークショップにて、豊島先生のご講演を拝聴させていただきました。「ガイドラインを作って満足するのではなく、どのように活かしていくのかということが重要」とおっしゃられ、様々な取り組みをされているのが本当に素晴らしく、大きな学びをいただきました。患者さんや家族のことも一緒に考えてくださっていることもすごく伝わって参りました。
直接ご挨拶をさせていただくことができず、申し訳ございません。今後もご活躍をお祈りしております。

  • 2023/11/11 (Sat) 23:03
  • REPLY