For Tomorrow:Nピアノの文化を大切にしたい。。。


スライド3
朝外来で再開して嬉しかったのは
NICUに長らく入院していたゆいねちゃんとママさん。

6年前の
「コウノドリ(2017)」の最終回の「オランダへようこそ」
のシーンに
blog_import_5d4adc39e3485_20200107172840467.jpeg
のシーンに

ゆいねちゃん、お姉ちゃんと登場していました。


の曲のイメージだったと清塚さんが伝えてくれた
<音ちゃん>ことゆいねちゃん姉妹でした。

そして、二人の姉妹から三人姉妹になり、

妹のすずねちゃんの母性病棟で見送りつつ、
ゆいねちゃんの周産期センター卒業から4年先の未来が今です。
スライド1
ゆいねちゃん、小学2年生で学校や放課後デーが楽しいと伝えてくれます。
学校に行くのが楽しいと思ったことはない自分には
それだけでもすごいねよかったねと思えます。

最近、プリンにハマっていることを伝えてくれる
ゆいねちゃん。

スライド2
NICUの看護師さん達に会いたいと
名前を挙げて伝えてくれたので写真見せておくよと
伝えて外来を去りました。

スライド4
看護師さん、写真に大喜びで感動していました。
清塚さんにもいつか再び会えたらと思えるピアノで励まして
もらったゆいねちゃんご家族です。

スライド5
コウノドリのシーズン2の最終回はNICUでサクラ先生の
ピアノを弾いて終わって欲しいと希望しましたけど
それは現実離れと不採用、その時からいつか現実に
したいと思えていました。

清塚さんやレフレールの
守也さんがそれを実現してくださり、
今は毎週金曜日はNピアノコンサートを
スタッフと
ご家族で続けています。

ピアノ、音楽などには医療や医学だけでは
足らない何かが確かにあると思えています。
P1370644のコピー2
先週のNピアノ
スライド8
谷山先生のピアノに
スライド10
ママさん、サクラちゃんと一緒に聞けて良かったと
涙でした。その涙に心寄せていたいと思えました。

スライド9
サクラちゃん、可愛く音楽を聞いていましたね。

スライド11
サクラちゃんのママさん、母性病棟のスタッフと再会して
当時の感謝を伝えている言葉や涙に周産期医療の役割
産科と新生児科の役割を改めて感じさせてもらいました。
スライド12
ママさんの言葉、讃え合う2人の笑顔に
これもサクラちゃんのくれたご縁だなと思えて
素敵に感じていました。

昼間はずっとサクラちゃんのそばにいるママさんですが
夜は仕事帰りに立ち寄り
スライド13
サクラちゃんを抱っこしているパパさん
サクラちゃんが寂しくならないように穏やかに過ごせる
ように過ごされていますね。

スライド14
自分もめげずに頑張ろうという気持ちをもらい
感謝でした。

今晩もそれぞれにお疲れ様でした。
明日もお互いに頑張りましょう。

金曜日は以下の講演会です。
研修医・看護誌さんの参加歓迎です。


下記の4周年報告会、是非多くのスタッフ、応援して
くださる皆様にご覧いただければ嬉しいです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
コメント欄、ニックネームだけでコメント登録可能ですので
ブログ記事へのご感想などもお寄せいただければありがたく感じます。

ブログの感想など自分や担当医にお伝えくだされば
お写真撮影に伺いますので登場してもいいかなと思える
入院中の皆様にはお声がけくだされば幸いです。


スライド1
4-6月、65件のNICU指定寄附とメッセージに感謝。。。


で先月のご寄付への感謝を報告していますが

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」など応援したい診療科や部署に指定の上、ご寄付いただければ使い道を各現場で決められるのでありがたいです。

こちらは故郷納税のように税控除の対象になります。
1000円からご寄付可能です。

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」など応援したい診療科や部署に指定の上、
ご寄付いただければ使い道を各現場で決められるのでありがたいです。
(指定寄付でないと寄付があったことも存じ上げることができないので
是非、指定寄付をお願いしたいです)


「新生児科」、「NICU・新生児病棟」に指定いただければ、
今はコロナウィルス対応、その先には
新しいNICUでの患者家族のアメニィテイーの向上、
NICU卒業生の支援のための情報提供のリーフレットや育児応援アプリの開発、
NICUでのより良い診療のための研究開発、人財育成
などに活用させていただく所存です。

寄附の使途内容などはこのブログを通じて引き続き報告させていただきます。

今後とも多くの皆様に共に赤ちゃんとご家族のために
より良い医療を探していく応援をいただければ心強いです。


スライド1

下記、こども医療センター新生児科が関わっている書籍などです。
  

 


関連記事
Posted byNICUサポートプロジェクト

Comments 0

There are no comments yet.