「コウノドリ」から8年先の未来が今:なおとくんの夏休み。。。

今年はNICUと臨床研究所の兼務になったり、コロナ禍を終えて
出張のご依頼も増えて、フォローアップ外来のお写真などの掲載が
できていなくて心苦しいのですが、順不同で載せさせていただきます。
スライド04
コウノドリのシーズン1の終盤に登場していたなおとくん役の
じんくん。


blog_import_5d4addd25b6cc_2019122917185642as-1_20210403203443923.jpeg
コウノドリのシーズン2の第1話と最終回にも登場していました。


2017年のシーズン2の初回の
読売新聞が以下です。

今橋先生と同じような気持ちで
NICU卒業生の子供達とご家族と再会を繰り返しています。

ドラマは終わってもじんくんとご家族の物語をNICU卒業生の
フォローアップ外来で2ヶ月毎に見守らせていただいております。

なおとくん役を演じていたじんくん、

などを経て、


こども医療センターの救急外来を担当してくださる先生方、
訪問看護師さん達や特別支援学校の先生方に応援されながら
小学生生活を送っています。

スライド1
夏休みも外来に来てくれたじんくん。

スライド3
2ヶ月毎に健康管理させてもらって9年目になります。

総合診療科や遺伝科の先生、循環器科の先生とみんなでできることを
積み重ねての今だと思えます。

パパさんとママさん、周囲の助けを借りながら自力を尽くして
いるのを感じてママさんとパパさんの頑張りにも心寄せていたいと思います。

ママさんとパパさん、
スライド23
8歳の誕生日の日のこと、

スライド22
春の旅行を踏まえて
今年の夏の家族旅行のことを
写真を交えて追体験させてくださいました。
スライド25スライド24
様々な場所に家族で旅行するじんくん。
診察室では見たことのない表情。


スライド27スライド28
じんくんの表情の心温かく拝見していました。


スライド29
スライド26スライド30
猛暑の夏でしたが、この夏に様々な経験をしたじんくん。
ご家族の時間を共に楽しませてもらって感謝でした。

今橋先生や白川先生、下屋先生、四宮先生、サクラ先生にも伝えたい
なおとくんの夏休みの様子です。

スライド7
じんくんに「8歳おめでとう、夏休みは楽しかったね。。。」
と伝えられて嬉しい時間でした。

スライド2
「コウノドリ」でなおとくんご家族を応援してくださった
皆様には街で同じように生活するお子さんやご家族の
想いにも心寄せていただければ心強いです。

今のNICU
スライド2
日々生まれ子達の診療を年中無休で続けています。

スライド4
NICUスタッフより長く赤ちゃんと過ごしている
はなちゃんご家族

スライド5
どんどん表情ができていますね。

スライド6スライド7
添い寝してくれるパパさんを見ての笑顔、

スライド3
カメラ目線になってくれる追視を感じます。
ご家族の楽しげなカルガモルームの時間に自分が
日々心励まされて感謝でした。

スライド1
それぞれの新しい1週間も素敵な日々になることを
お互いに願い合えたらと思えます。


下記の動画、引き続く多くの方にご覧いただけると
嬉しいです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
コメント欄、ニックネームだけでコメント登録可能ですので
ブログ記事へのご感想などもお寄せいただければありがたく感じます。

ブログの感想など自分や担当医にお伝えくだされば
お写真撮影に伺いますので登場してもいいかなと思える
入院中の皆様にはお声がけくだされば幸いです。


スライド1
4-6月、65件のNICU指定寄附とメッセージに感謝。。。


で先月のご寄付への感謝を報告していますが

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」など応援したい診療科や部署に指定の上、ご寄付いただければ使い道を各現場で決められるのでありがたいです。

こちらは故郷納税のように税控除の対象になります。
1000円からご寄付可能です。

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」など応援したい診療科や部署に指定の上、
ご寄付いただければ使い道を各現場で決められるのでありがたいです。
(指定寄付でないと寄付があったことも存じ上げることができないので
是非、指定寄付をお願いしたいです)


「新生児科」、「NICU・新生児病棟」に指定いただければ、
今はコロナウィルス対応、その先には
新しいNICUでの患者家族のアメニィテイーの向上、
NICU卒業生の支援のための情報提供のリーフレットや育児応援アプリの開発、
NICUでのより良い診療のための研究開発、人財育成
などに活用させていただく所存です。

寄附の使途内容などはこのブログを通じて引き続き報告させていただきます。

今後とも多くの皆様に共に赤ちゃんとご家族のために
より良い医療を探していく応援をいただければ心強いです。


スライド1

下記、こども医療センター新生児科が関わっている書籍などです。
  

 



関連記事
Posted byNICUサポートプロジェクト

Comments 0

There are no comments yet.