見つめる視線の先に。。。

スライド1
弘明寺観音から
車で15分のところにあるこども医療センター、
新しい週のスタートでした。

スライド2
新生児科・緩和ケア室と一緒に週末のことを皆で確認して
今週の方針を皆で考える朝の回診。

スライド3
本日も皆で
赤ちゃん達の診療を考える1日でした。

スライド4
斎藤先生、担当患者さんの3Dエコーを自立的にやって
くれて嬉しい気持ちでした。


3次元心エコー勉強会(2012)

3Dエコーは手間がまだまだかかる
検査ですが、取り組み出した11年前
に比べれば

スライド5
格段に技術革新している、それを臨床で患者さんのために
使いこなそうとしてくれることに自分も続けてきて
良かったと思えました。



img_1_m-15.jpeg

NICUにおける心エコー検査に基づく循環管理 (Fetal & Neonatal Medicine 2018年8月)

で5年前にNICUエコーラボを創りたいと
願いを書きましたが、実現に向かっていると
信じていたいと思えます。

スライド8
新生児病棟のりいちゃんとママさん、
通りかかるとすごく楽しそうでした。
コットの壁の家族写真をマジマジと診ながら、

スライド6
ママさんを見つめるりいちゃんの表情も、

スライド7
お気に入りの体勢ですやすやしている様子も
可愛かったです。


スライド9
ベット柵のご家族写真をまじまじ見ている
はるとくん。

スライド10
声かけるとすごいいい笑顔ですね。カメラ目線で
笑顔をくださるようになってきた気がしました。

スライド12
2週間前に4ヶ月以上早産でお生まれになった
はなちゃん。出生前訪問でお腹の中にいる時から
知る自分にもこの2週間のはなちゃん、ママさん、パパさん、
スタッフ、それぞれを讃えたい気持ちでした。
スライド13
ブログの感想をお伝えくださっていたので
本日、お写真お誘いさせていただきました。

スライド11
夕方、NICU・GCUの入り口のスタッフボードを若手の看護師さん達が
先輩達の提案を受けて取り組んでくれていました。

スライド1
夜のNICUで先輩看護師さん達がそのボードのセンスや
楽しげさを讃えてくれていましたね。

コロナ禍で入職したスタッフの皆様には歓迎会・送別会など
全てなしで勤務してきたのでマスクなしのお顔を改めて
知り合う機会にも思えました。

スライド14
夜のNICU、はなちゃんを見守る看護師さんと
伊奈先生。はなちゃん、まだ開眼していないのですが目を
開けた時に最初にみるであろう位置に
ママさんと看護士さんが保育器の壁に貼った写真は
スライド15
お姉ちゃん達の写真ですね。はなちゃんが目を開けて
見つめる日を信じています。

スライド16
夜の新生児病棟、昼間と同じ体勢に思えた
りいちゃん、穏やかに1日が過ぎていますね。
スライド17
本日もNICUや新生児病棟で頑張っている
赤ちゃん達、ご家族、スタッフにそれぞれに穏やかな夜が
くることを願っています。

明日もお互いにそれぞれの場所で頑張りましょう。



スライド1
随時募集しています。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
コメント欄、ニックネームだけでコメント登録可能ですので
ブログ記事へのご感想などもお寄せいただければありがたく感じます。

ブログの感想など自分や担当医にお伝えくだされば
お写真撮影に伺いますので登場してもいいかなと思える
入院中の皆様にはお声がけくだされば幸いです。


スライド1

3月も20件の新生児科指定寄付へ感謝:家族にとって大切な場所と想い出してもらえるNICUを目指したい。。。

で先月のご寄付への感謝を報告していますが

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」など応援したい診療科や部署に指定の上、ご寄付いただければ使い道を各現場で決められるのでありがたいです。

こちらは故郷納税のように税控除の対象になります。
1000円からご寄付可能です。

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」など応援したい診療科や部署に指定の上、
ご寄付いただければ使い道を各現場で決められるのでありがたいです。
(指定寄付でないと寄付があったことも存じ上げることができないので
是非、指定寄付をお願いしたいです)


「新生児科」、「NICU・新生児病棟」に指定いただければ、
今はコロナウィルス対応、その先には
新しいNICUでの患者家族のアメニィテイーの向上、
NICU卒業生の支援のための情報提供のリーフレットや育児応援アプリの開発、
NICUでのより良い診療のための研究開発、人財育成
などに活用させていただく所存です。

寄附の使途内容などはこのブログを通じて引き続き報告させていただきます。

今後とも多くの皆様に共に赤ちゃんとご家族のために
より良い医療を探していく応援をいただければ心強いです。


スライド1



下記、こども医療センター新生児科が関わっている書籍などです。
  

 

 


関連記事
Posted byNICUサポートプロジェクト

Comments 0

There are no comments yet.