NICU学校プロジェクト(2010年12月)

NICUサポートプロジェクトチームの1人の神奈川こどもNICUの
豊島です。村田さんやNICU卒業生のご家族であり教員のかたがた、
趣旨に賛同して下さりコーディネーターになって下さっている菊地さん、
岐阜の山本先生、千葉の川戸先生、長崎の小形先生などとと一緒にNICU
学校プロジェクトということを不定期に開催しています。

に村田選手と一緒に開催した模様のインターネットニュースはあります。)

趣旨は、NICUのお話しを学校ですることにより<いのち>を考える
機会を学校教育への私達が出来るお手伝い、未来の父母になる生徒さん
たちへの問いかけ、未来の医療者になるかもしれないお子さん達への
動機づけ、そして、NICUや小児医療で救った命を支えて下っている教育
現場の方々との連携・交流などを目指しています。

昨日も某中学高校の一貫校で約1時間、お話しをさせて頂きました。
感想をブログに書いている生徒さんがいることを私も知人から教えて
もらいました。以下です。しっかり考えながら聞いて下さったのだなと
ご感想を嬉しく感じました。授業の甲斐を感じました。
各地域で学校とNICUが連携してこういう交流が出来ればと感じています。

生徒さんのご感想を多くの方と共感できればと感じています。

また、11月に横浜の公立中学校で開催したときにこのブログで
安江先生が報告期を書いて下さったのが以下のブログです。

そのブログの安江先生に続いて、
この講演会を企画・調整して下さった藤井先生がコメント欄に
藤井先生からの視点でご感想をお寄せ下さったので、藤井先生と相談して、
こちらにも改めて掲載させて頂きます。藤井先生、ありがとうございました。

子供達の未来を作れるのは政治家や行政だけでなく、子供達の
側にいる、小児医療や学校だからこそ、足下から自力で出来る
こともあるかもしれませんよね。

皆様、今後とも学校と小児医療の連携から未来に出来ることを一緒に
考えて行ければと感じています。
豊島勝昭

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
豊島先生。大変遅くなりました。領家中学校 人権福祉教育担当の藤井です。
講演から早2週間。先生には生徒たちの感想の一部しかお送りできませんでしたが、生徒たちの心にしっかり届いたメッセージは、さまざまの形でよりよい変化となって現れるであろうと確信しております。

 私の所属する2学年は、来年の職業体験に向けキャリア教育を進めておりますが、私のクラスの生徒たちの中には今回の講演がきっかけで医療にかかわる仕事への進路を考え始めた子も数名おりました。うれしい限りです。また、職員に事後今回の講演会の反省アンケートをとらせていただきましたが、講演者の選定については回収できたアンケート全員から「よい」の評価をいただきました。人権担当への直接の感想としても「非常によいお話だった」「一つ一つの言葉が心に残った」「すばらしい方にお話いただけた」と大絶賛でした。

 ただ、企画担当として心残り(回収アンケートの中にも同じ意見がありましたが)は、もっと多くの保護者や地域の方々にご来校いただければよかったという点です。体育館は全校生を入れるとスペースの八割が埋まってしまいます。

正直人数のことを考えるとあまり積極的にご案内できない実情もございました。これをご縁に、2回目、3回目と続ける中で、今回の反省点を少しずつ改善していかれればと思っております。11月末の学校便りや私が編集しております2学年の学年便りにも今回の講演会の記事を掲載させていただきました。学校便りの方は、地域にも配布されましたので、今後新たな反応が期待されます。最後に、2学年の学年便りに掲載した2年生二人の感想を紹介させていただきます。

○自分たちは当たり前のように成長しているけれど、周りにはいろんな病気や事情を抱えている赤ちゃんがたくさんいて驚きました。1年もつかわからない赤ちゃんもいて、そういう赤ちゃんの両親の優しさなどもすごい伝わって本当に命は大切なものだなあと思いました。赤ちゃんはどんなに小さな命でも一生懸命生きていて、自分たちがここまで何事もなく生きてこれたことが奇跡に近いことなんだなあと思いました。自分も将来そういう関係の仕事について少しでも命を救うことができたらいいなと思いました。

○命の重さがすごく伝わってきた。(中略)今まで「他人事」というように思っていたけれど、今回の講演会でその考え方が変わった。小さなあかちゃんでも一生懸命生きようとしていて「こんな小さな子供でも頑張っているんだな」思い、自分の悩みがほんの些細なことに思えた。そして、NICUで働いている研修医さんやお医者さんはすごいと思った。休みを削って小さな命に向かい合うのはすごいし、とても命を大事にしているということがよく伝わった。人間の命は限られているものだけど、今この一秒でも一生懸命生きている人がいるように、私もこの命を大事にして、今この一瞬一瞬を大切に生きたいと思う。

豊島先生。本当にありがとうございました。


関連記事

Comments 0

There are no comments yet.