<大切な悲しみ>をシェアしたい: わたぼうしの会。。。

スライド3
清水先生と斎藤先生が担当してお子さんの
デスカンファレンス(亡くなられたお子さんの診療を振り返るカンファレンス)
です。お子さんの診療、ご家族との時間などを関わったスタッフみんなで
振り返りながら、胸に刻むカンファレンスです。

昔、「コウノドリ」で出会った綾野剛さんが
デスカンファレンスがすごく印象的だったと伝えてくれたことがあります。
医療者も人間だから人のしに辛い気持ちもある、その悲しみをみなで
シェアしながら語り合う様子に胸を打たれ、自分は医療者の
心を支えられる人になりたいと言ってもらったことを思い出す
デスカンファレンスでした。

スライド1
斎藤先生の研修終了の講演で是非、デスカンファレンスをやりましょうと
語っていたのを想い出し、それを実現している姿を素晴らしく感じました。

そして、担当医の清水先生

スライド2
多くのスタッフが患者さんと家族の時間に心よせて
それぞれの想いを伝え合う姿に自分は発言は何もしませんでしたが
スタッフそれぞれを讃えたい、一緒に働けたことをよかったなと
思えるスタッフが多く感じます。


昨日、母性病棟に訪問したい赤ちゃんとご家族がいて
病院に行き、午後は研究のデータ整理をしたのですが
帰宅しようとすると声をかけてくださったご家族がいました。

にメッセージをくださったゆうせいくんのご家族でした。

スライド5

2年前を偲びつつ、しぶとく今を乗り越えたい。。。

に続いて予期せぬ再会を驚き、
心温かく感じる再会でした。

わたぼうしの会に参加していたとのことです。

わたぼうしの会は


などでも繰り返し取り上げられています。


周産期センターで赤ちゃんの命に向き合い、
天に還るのを見送ったご家族同志の語りの会です。

ゆうせいくんと一緒にいるご家族は
時期は違えど、自分が赤ちゃんがお腹の中にいる時に
お話しさせていただいたご家族です。

胎児期に繰り返しお話しさせていただきました。
年末年始を超えたことを一緒に喜び、
無事に生まれる時期が近づくことをともに願った日、
様々な生まれた時の予測をお伝えした日、その数日後に
赤ちゃんのお産、命を共に見つめさせて日、様々なことを
思い出しました。

予期せぬ再会に、言葉にならない気持ちでした。

スライド4
時期は違えど、自分の知るご家族、この上ない悲しみに向き合った
日を知るご家族がママ友、パパ友のように知り合い、一緒に声をかけて
くださり、そして優しげな笑顔にお会いして自分が心支えられた気がする
ゆうせいくんやあんちゃんに感謝したい再会でした。

悲しみに蓋せず、悲しみに向き合い、その先のご家族の人生を
生きていること、悲しみの中にも確かな温かさに気づき、天に先に還った
子供達の記憶を大切に、その人生と共に生きていることを感じる
笑顔に感じました。

わたぼうしの会の企画・運営に関わってくれたスタッフ、
天から見守ってくれている気がしたゆうせいくんとあんちゃんに
自分も感謝したい週末でした。

わたぼうしの会のご家族の語りの言葉を
後ほど皆で心寄せさせていただき、
死をタブー視しない、生と死に向き合える
周産期センターを皆で目指したいと思えました。

2つの家族の皆様、またいつか
近況を伝えてくださる機会、天に還った子供達から
気づかされていることをシェアし合える日があればと願っています。
お声かけくださりありがとうございました。



ご意見・ご感想・
下記への寄付応援など大歓迎です。


スライド1
4月18件、5月19件のNICUへの指定寄付に感謝の使途報告。。。

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」など応援したい診療科や部署に指定の上、ご寄付いただければ使い道を各現場で決められるのでありがたいです。

こちらは故郷納税のように税控除の対象になります。
1000円からご寄付可能です。

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」など応援したい診療科や部署に指定の上、
ご寄付いただければ使い道を各現場で決められるのでありがたいです。
(指定寄付でないと寄付があったことも存じ上げることができないので
是非、指定寄付をお願いしたいです)

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」に指定いただければ、
今はコロナウィルス対応、その先には
新しいNICUでの患者家族のアメニィテイーの向上、
NICU卒業生の支援のための情報提供のリーフレットや育児応援アプリの開発、
NICUでのより良い診療のための研究開発、人財育成
などに活用させていただく所存です。

寄附の使途内容などはこのブログを通じて引き続き報告させていただきます。

今後とも多くの皆様に共に赤ちゃんとご家族のために
より良い医療を探していく応援をいただければ心強いです。


下記、こども医療センター新生児科が関わっている書籍などです。


関連記事
Posted byNICUサポートプロジェクト

Comments 0

There are no comments yet.