新生児科への指定寄付でカリモクチェアを新生児病棟に配置に感謝のご報告。。。

の、寄付目的の欄の具体的な用途を指定する場合」という箇所に
<新生児科><NICU・新生児病棟><周産期センター>
などの指定ご寄付くださった皆様については

寄付があったことの連絡が経営企画課から毎月ご報告頂いています。

指定寄付は現場のスタッフで使途を決めていけるために
大変ありがたく感じています。

ご報告が遅くなりましたが、3月までの
新生児科への指定寄付の報告です。
スライド1
3月も17名の方に新生児科指定でご寄付をいただき
感謝でした。

ご寄付の使途報告です。


リニューアルオープンに合わせてNICU27床の椅子を購入
していました。

その願いはKarimokuさんのパンフレットやHPでも
紹介していただいています。上記の記事もご覧いただければ幸いです。

今回は新生児病棟の
椅子をこの度購入することができました。

NICUよりはスペースが狭目で、看護師さんがたくさんの赤ちゃんと
ご家族を担当している新生児病棟でどんな椅子がいいかをスタッフ、患者家族、
カリモクの皆様と話し合ってきた昨年でした。


スライド02

話し合っていくつかの種類の椅子を新生児病棟に届きました。
これまでご寄付くださった皆様にご報告できればと考えております。

先週の金曜日、
スライド1
経営企画課、NICUメディカルクラークさん、
NICUと新生児病棟の看護師長さんと共に
<御寄附で購入したチェア>を搬入してくれていたの
カリモク家具の皆様です。

ご丁寧に相談に乗ってくれた、そして丁寧に
椅子を運び込んで配置してくださるカリモク家具の皆様との
ご縁にも感謝です。

スライド1
新生児病棟の各ベッドサイドに看護師さん達
が配置してくれていました。

スライド2
看護師さん達にまず座ってもらいました。

スライド6
皆、ご家族がきっとより心地よくご面会できるはず
ということを伝えてくれて、そういうことを大切にして
選んだ看護師さん達の願いを素敵に思えていました。

スライド7
椅子を選んでいたけど、到着を待たずに新生児病棟から異動に
なったスタッフの皆様にも伝えたいし、ご意見くださった
患者家族の皆様、新生児病棟により良い椅子を!と寄附してくださった
先輩ご家族の皆様とも共に喜びたいと思えていました。

スライド10
ご意見など、コメント欄にお寄せくだされば幸いです。

スライド8
新生児病棟のスタッフが喜んでいる様子に、
退職者少なく、コロナ禍の中で、NICUとご自宅、街を
繋ぐ応援をしょうとしてきたメンバー、それぞれを讃えたい
気持ちでした。

スライド9
到着の日は不在だった斎藤先生、看護師さん達と選んだ
チェアに腰掛けて、これで「NICU・新生児病棟の椅子が揃った」
と喜んでくれて、この日を自分も感慨深く思えました。

スライド12
ゆうちゃんとゆりちゃんのママさんに
一緒に感謝を伝えてくださることを頼むと快諾。
スライド11
全身で喜びを伝えてくださり感謝でした。
ありがとうございます。

今後とも
img_0_m-82.jpeg

の、寄付目的の欄の具体的な用途を指定する場合」という箇所に
<新生児科><NICU>などの指定の上、ご寄付くだされば幸いです。


5月5日(水・祝日)は以下の
テレビ番組もあります。
スライド1

NEWS Linkでの番組紹介は
下記です。


ゴールデンウィークの最終日、
こどもの日ですが、NICUや在宅医療で日々を大切に過ごしている
赤ちゃん、御家族、医療者に1時間だけ心寄せてもらえたらとも
思えます。

広報など多くの方に協力いただければ幸いです。


ご意見・ご感想・
下記への寄付応援など大歓迎です。


スライド1

緊急事態宣言中の1−2月、神奈川県立病院小児医療基金への32件の新生児科指定寄付に感謝。。。


「新生児科」、「NICU・新生児病棟」など応援したい診療科や部署に指定の上、ご寄付いただければ使い道を各現場で決められるのでありがたいです。

こちらは故郷納税のように税控除の対象になります。
1000円からご寄付可能です。

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」など応援したい診療科や部署に指定の上、
ご寄付いただければ使い道を各現場で決められるのでありがたいです。
(指定寄付でないと寄付があったことも存じ上げることができないので
是非、指定寄付をお願いしたいです)

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」に指定いただければ、
今はコロナウィルス対応、その先には
新しいNICUでの患者家族のアメニィテイーの向上、
NICU卒業生の支援のための情報提供のリーフレットや育児応援アプリの開発、
NICUでのより良い診療のための研究開発、人財育成
などに活用させていただく所存です。

寄附の使途内容などはこのブログを通じて引き続き報告させていただきます。

今後とも多くの皆様に共に赤ちゃんとご家族のために
より良い医療を探していく応援をいただければ心強いです。


下記、こども医療センター新生児科が関わっている書籍などです。


関連記事
Posted byNICUサポートプロジェクト

Comments 0

There are no comments yet.