NICUの雛祭りの笑顔。。。



のツィートに近況を伝えてもらって心励まされた本日です。

このブログに登場してくれていたこうだいくん。
でご家族の旅立ちを見送ってから半年後の
未来を伝えていただきうれしく感じました。

緊急事態宣言が開ける日を信じて、
桜が咲く日を願いながら、
今を耐えていけたらと思える励みをくださり感謝です。



スライド1
こども医療センターの外来フロアで足を止めた
雛人形。

スライド2
職人さんの技術を感じる素敵さがありました。

雛祭りの日のこども医療センターです。

スライド3
NICUは前の晩からたくさんの入院があり、

スライド11
手分けして
診療している1日でした。
スライド4
自分も後輩世代の先生方と一緒に
生まれる前のご家族のご説明や入院のご家族のご説明などを
立て続けにしていた1日でした。

スライド5
合間で心エコー機器のアップグレードに立ち会わせてもらいました。
いつも丁寧・迅速な対応に感謝のPhilips社です。

への新生児科指定のご寄付の応援や病院の支援もあって心エコー機器の
解析ソフトを最新型にアップグレードさせてもらいました。
寄付応援してくださっている皆様に感謝し、ご報告です。
ご厚意をこれからNICUに入院する赤ちゃん達のため
人財育成のためにしっかり活用させていただきます。
ありがとうございました。

スライド4

今よりもよりよい新生児医療の未来を皆で探していきたい。。。

でデモンストレーションの上、導入した
Philips・TomtecのAuroSTRAIN4.0です。

自分が今週検査した動画を真っ先に解析
してみましたが、
スライド6
エコー動画から人工知能(AI)でほぼ自動で
左室・左房・右室のスペックルトラッキングができることを
実感します。

スライド8
心エコー検査の技術、上手い下手などを超えて
短時間で再現性が高い心機能評価ができる未来が今
きていることを実感していました。

スライド7
後輩世代の先生方が頑張っていくこれからの時代を
羨ましく感じる気持ちもありました。

スライド10
ゆめちゃんの朝、病棟保育士さんのボール遊びでボールに
手を伸ばす様子が可愛らしかったです。

スライド12
ママさんに抱っこされてのお昼寝の時間。

スライド13
そして、ママさんが用意してきた雛祭り仕様のお服。
スライド15
とっても似合っていましたね。
スライド16
看護師さん達に讃えてもらって
スライド14
笑顔の夢ちゃんでした。
NICUにも雛祭りはきます。。。

ゆめちゃんのお姉ちゃんにも伝えた
ゆめちゃんの笑顔、また、一緒に過ごせる日を
自分達も願っています。

スライド17
夜の新生児病棟。NICUからお引越ししていた
ゆいちゃんとママさんに再会でした。

スライド18
保育器の中に長らくいたゆいちゃん。
目がぱっちりしてきたし、目で追ってくれるようになったなと
発達を感じていました。ファミリールームで家族水入らずの
時間が決まったと教えてくださるママさん。

スライド19
よかったねと思えていました。

NICU内でブログに写真残してもいいかなと
思える方はお伝えくだされば残させていただきますし、
ブログの感想などをお伝えくださったご家族にいつも
お誘いさせていただいております。もしよかったら
担当医などにお伝えくだされば幸いです。

本日もそれぞれにお疲れ様です。明日もそれぞれの場所で
それぞれの役目を頑張りながら生きていきましょう。

ご意見・ご感想・
下記への寄付応援など大歓迎です。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「新生児科」、「NICU・新生児病棟」など応援したい診療科や部署に指定の上、ご寄付いただければ使い道を各現場で決められるのでありがたいです。

スライド1

12月、神奈川県立病院小児医療基金への27件の新生児科指定寄付に感謝。。。 


こちらは故郷納税のように税控除の対象になります。
1000円からご寄付可能です。

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」など応援したい診療科や部署に指定の上、ご寄付いただければ使い道を各現場で決められるのでありがたいです。
(指定寄付でないと寄付があったことも存じ上げることができないので
是非、指定寄付をお願いしたいです)

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」に指定いただければ、
今はコロナウィルス対応、その先には
新しいNICUでの患者家族のアメニィテイーの向上、
NICU卒業生の支援のための情報提供のリーフレットや育児応援アプリの開発、
NICUでのより良い診療のための研究開発、人財育成
などに活用させていただく所存です。

寄附の使途内容などはこのブログを通じて引き続き報告させていただきます。

今後とも多くの皆様に共に赤ちゃんとご家族のために
より良い医療を探していく応援をいただければ心強いです。


下記、こども医療センター新生児科が関わっている書籍などです。


関連記事
Posted byNICUサポートプロジェクト

Comments 0

There are no comments yet.