言葉だけで伝わるとは思えないからこそ、伝えあう努力を大切に。。。

スライド1
小児循環器科・心臓外科の先生方と
一緒にNICU・新生児病棟回診です。
皆が同じ方向を見つめて一緒に考えていました。

スライド2
産業医大から国内留学の渡邊先生、早産で心臓病の赤ちゃんについて
経過や検査データなどをきれいにホワイトボードにまとめてくれて
いました。しっかり話し合うためには経過やデータなどの土台を
同じくして話すことが大切と思えるので、その準備を回診前に
しっかりしていた渡邊先生、赤ちゃんのために多くのスタッフの
知恵を借りたり、助言をもらってより良い診療をしょうとする
姿勢を素晴らしく感じました。

研修医の人達に伝えることがある



スライド3
自分がして欲しいなと思えるカンファレンスな
気がして心強く感じました。

午前中は
NICUや新生児病棟の感染対策として感染対策のメンバーから
要望があった病棟内のスタッフの椅子を増やす(椅子が移動しすぎないよう
にするため)に

スライド1

12月、神奈川県立病院小児医療基金への27件の新生児科指定寄付に感謝。。。 

を活用させていただき、椅子を新生児科として購入させてもらいました。
スライド4
みんなで選んで新しい椅子の搬入があったこの日です。
ご寄付に感謝しながらしっかり活用していこうと話し合いました。

 この日は1時間毎に予定があったような1日でした。
スライド6
月一回のNICU卒業生のフォローアップ外来のカンファレンス。
新生児科、臨床心理士、理学・作業療法士・保健師・
言語聴覚士さんなどが集合して外来での発達支援や学習支援に
意見交換しています。
スライド7
この日は自分の外来の小学生について
どんな支援ができるか、ご家族にどう伝えるか、学校とどう連携するか?
などを意見をもらってありがたく感じました。

このカンファレンス終了後は
スライド8
生理検査室での心エコー検査を検査技士さんがしてくれるのを
一緒に確認させてもらいました。退院前に
スライド10
生理検査室で様々な検査をしてもらうのは退院へ向けて
考える上でも大変ありがたいし、
スライド9
外来での検査なども含めて
より良い検査を意見もらえるので検査技士さん達の交流を
ありがたく感じます。

スライド11
NICUの帰り道で出会ったのはしんばくんとママさん。

 しんばくんのNICU卒業の日(2015年)

でNICUを卒業したしんばくん。

4月にいよいよ小学校ということでそのことをお祝いを
伝えつつ、医療的ケアのあるお子さん達の就学は
ママさん達が学校に付き添わざるを得ない部分も大きい現状では
ママさんの<頑張りすぎず頑張ってください>
<学校の先生に分かってもらうために、慣れてきたらきっと応援してくれる
人達は増えていくと信じて>という部分を伝えたかった自分です。

NICU当時と同じしんばくんに素敵に笑いかけるご家族の
笑顔はきっと学習を応援してくださる人達の胸に届いてくれたらと
思えました。

スライド13
NICU・新生児病棟に戻ると退院を喜ぶ光景が目に入ってきました。

スライド12
ママさん、パパさん、スタッフのNICU・新生児病棟退院を
喜ぶ笑顔、これまでを讃えつつ、この先の未来を応援したいと
思える雰囲気が素敵に思えていました。

スライド14
ゆめちゃんのところにあまり立ち寄れない日でしたが、
立ち寄るとニコッとしてくれて心癒されました。

新型コロナ禍の対策会議なども出席しつつ、
3月にこれまでの取材報道をまとめた特別番組の
放送が決定したというtvk神奈川の皆様と再会、追加のインタビューを
病院の外で受ける時間もありました。

夕方は
スライド15
早産・低体重児の心臓病のお子さん達の振り返りの
カンファレンス。谷山先生が丁寧に患者さん達の診療経過や
検査結果、院内の過去の症例のまとめ、論文報告などで
他院の報告などをスライドでわかりやすく提示した上で、
小児循環器科・心臓外科・新生児科で一緒に振り返り
この先を考える時間でした。

谷山先生、しっかり準備してくれているのを感じ、
患者さんへの想い、より良い医療を探していきたいという
姿勢が伝わってきて心強く感じました。

スライド17
そして、夜のNICUに戻りました。様々なことがあった
1日、後輩世代の先生方が手分けしながら診療をしてくれていました。

スライド18
患者さんに心寄せているのがすごくわかる小児科後期研修医
の桑名先生と石川先生も診療の中で頼もしくなっているのを感じます。

スライド19
脳室内出血などを起こさずに時間を経過していることを喜んでいる
勝又先生と看護師さん。患者さんに心配なことが起きなかったことを
日々、喜び合えるチームでいたいなと思えていたので心温かくなる光景でした。


ご意見・ご感想・
下記への寄付応援など大歓迎です。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「新生児科」、「NICU・新生児病棟」など応援したい診療科や部署に指定の上、ご寄付いただければ使い道を各現場で決められるのでありがたいです。

スライド1

12月、神奈川県立病院小児医療基金への27件の新生児科指定寄付に感謝。。。 


こちらは故郷納税のように税控除の対象になります。
1000円からご寄付可能です。

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」など応援したい診療科や部署に指定の上、ご寄付いただければ使い道を各現場で決められるのでありがたいです。
(指定寄付でないと寄付があったことも存じ上げることができないので
是非、指定寄付をお願いしたいです)

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」に指定いただければ、
今はコロナウィルス対応、その先には
新しいNICUでの患者家族のアメニィテイーの向上、
NICU卒業生の支援のための情報提供のリーフレットや育児応援アプリの開発、
NICUでのより良い診療のための研究開発、人財育成
などに活用させていただく所存です。

寄附の使途内容などはこのブログを通じて引き続き報告させていただきます。

今後とも多くの皆様に共に赤ちゃんとご家族のために
より良い医療を探していく応援をいただければ心強いです。


下記、こども医療センター新生児科が関わっている書籍などです。

関連記事
Posted byNICUサポートプロジェクト

Comments 0

There are no comments yet.