ご寄付に感謝し、よりよいNICU医療を日々探し続けたい。。。

スライド1
朝、遅刻して急いでいたら、出会ったのはゆいねちゃん。
「ゆいね」「5歳」「おはよ」「こんにちは」などたくさん
話してくれて感動、ついつい、ゆいねちゃんの言葉とママさんの笑顔で
その場で時間を過ごさせてもらいました。


ゆいねちゃんのNICU卒業の日(2018年8月)

から、2年先の未来が今です。

スライド2
褒めていたら、ニコッとするゆいねちゃんの表情に感動。
お家で笑顔に囲まれて過ごしているのを感じました。

上記の写真をNICU看護師さん達が見てくれてすごく
喜んでくれていました。

スライド3
そして、朝の回診に合流。新しい1週間の始まりです。
本日も気づいたら夜が来ているくらい忙しく感じました。

スライド5
NICUは小児眼科の先生方の存在が大きく、
本日もお世話になりました。朝に病棟がくらいのは
眼科の検査の時ですね。

スライド4
その暗さの中で過ごしているゆめちゃん。

スライド8
週末もたくさんのご入院がありました。

スライド7
斎藤先生が設置してくれたのはNIPEモニター、赤ちゃんの
適切な血圧や鎮静度、苦痛などに早めに気づけたらと

スライド1

12月、神奈川県立病院小児医療基金への27件の新生児科指定寄付に感謝。。。 

のご寄付で購入させてもらった医療機器です。


財政難の中での不安しかなかったNICUのリニューアルオープンには
多くの方のご寄付で未来に向けての医療機器を
購入させてもらいました。

スライド9
るいちゃん脳波計もご寄付で購入できた機器、下風先生と
林先生と看護師さんが使い方をしっかり確認してくれています。
脳波活動などをしつかり見ながら適切な集中治療ができたらと
皆で注目しています。

ご寄付に日々感謝しつつ、医療機器をしっかり活用して赤ちゃん達に
よりよい医療を提供できたらと思えています。

スライド10
毎週月曜日は昼休みを活用しながら川滝先生の勉強会。
本日は完全大血管転位症の胎児診断・新生児治療についての
講義でした。未来への人財育成を日々していきたいと思えます。

スライド12
午後のゆめちゃん、パパさんのご面会の後は看護師さんが
あやしていましたね。つよく泣くと具合が悪くなるゆめちゃん、
ご家族、スタッフで入れ替わり立ち代わり見守っている日々、
最近、強く泣いて心肺蘇生になることが減ってきたかなと思えて
ご家族とスタッフでゆめちゃんの穏やかな生活を応援できている
のかなと思えていました。

スライド11
ゆいちゃん、ママさんとパパさんで協力して体重を測定していましたね。
NICUや新生児病棟の育児は看護師さんの役目でもないと思えています。
ご家族とスタッフで一緒にしてあげることが赤ちゃんも嬉しいことかなと
思える光景でした。

スライド13
夕方はNICU卒業したお子さんのその先の診療方針を
新生児科・小児循環器科・心臓外科・遺伝科・総合診療科・
集中治療科と集まって情報共有とご家族にお伝えする内容を
相談しました。自分はこういう場で出た意見を率直にご家族に
伝えることが大切かなと思えています。皆が、お子さんとご家族に
心寄せていて、医療者によっても考え方が様々な部分はお伝えした
上でご家族がお子さんにとってよりよいと思えることを考えて
もらえたらと思えています。

夜のNICU
スライド19
ブログの感想を伝えてくださるあさひくんとだいちくんの
ママさん。相川七瀬さんに感謝した気持ちを伝えてくださり
嬉しく感じました。
スライド20
NICUと新生児病棟で今は離れ離れになっている
あさひくんとだいちくん、入れ替わりながら4人で本日も
1日を大切に過ごされているのを感じました。

スライド16
自分は本日も3次元エコーなどを後輩世代の先生方にご依頼受ける
患者さん達に担当していました。

新型コロナ禍で書き上げた
の本ですが、書き終えたら、この本を書きながら
これからすべきことが見えてきた気がして、20年前に戻った
ような気持ちで心エコー検査を改めて取り組んでいる気がします。

img_1_m-15.jpeg

NICUにおける心エコー検査に基づく循環管理 (Fetal & Neonatal Medicine 2018年8月)

リニューアルオープンが目標ではなく、
リニューアルオープンしたからこそのビジョンの
実現を目指していけたらと思えています。

スライド17
リニューアルオープンと共にこれもご寄付を活用させて
いただき、新しく導入できた
心エコー解析機、1年5ヶ月で600回目のエコー検査の解析に
到達しました。

意味があることをしているかはわからないけど
スライド18
少なくともこの1年5ヶ月はスペックルトラッキング法や3次元エコー
などの新しい技術にきっと世界で一番かもしれない数、自分で取り組んでいる
と思えます。いっぱい取り組むことでより精確な検査方法などを気づいて
いる気がして、後輩世代の先生方に伝承していけたらと思えています。

新生児の脳を守る循環管理を未来に向けてご寄付してくださっている
皆様の想いを応えるべく日々取り組んでいけたらと思えます。

スライド14
夜のNICUゆいちゃんを見守る看護師さんと斉藤先生。
ゆいちゃんのご家族に承諾いただき取り組んでいる研究は
赤ちゃんの快適さを交感神経や副交感神経の緊張度から知る
生理検査の機器でモニタリングしています。

スライド3
この検査も
時間がかかる検査で、地道に取り組んでいる斎藤先生。

スライド1
ゆいちゃんの寝顔の可愛らしさを褒めつつ、
スライド2
<赤ちゃんの居心地の良さ>を科学的に確かめたいという
願いと行動力を心強く思えます。

スライド2
リニューアルオープンからどうやったらよりよく使いこなせるかを
考え続けきたスポットライト。昼間は明るく、夜は暗くの
明暗環境を作る方が赤ちゃんの成長がよりよいという東北大・
北海道大からの報告を追随して設置したライトです。
より簡単に調節できるリモコンをご寄付を活用させていただき
開発・購入した今月。

夜に使われている様子を見ると嬉しくなります。
スライド1
航空機のスポットライトのように
空間を光で切り分けるNICUにしたいというビジョンを具現化
してくださった皆様に改めて感謝です。

ご寄付くださっている皆様にご寄付の使い道を
日々報告できたらと思います。未来に向けて赤ちゃんと
ご家族のためのよりよい医療を探していけたらと思えています。

明日も休日ですが、それぞれに心地よい休日が
訪れることを願っています。

ご意見・ご感想・
下記への寄付応援など大歓迎です。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「新生児科」、「NICU・新生児病棟」など応援したい診療科や部署に指定の上、ご寄付いただければ使い道を各現場で決められるのでありがたいです。

スライド1

12月、神奈川県立病院小児医療基金への27件の新生児科指定寄付に感謝。。。 


こちらは故郷納税のように税控除の対象になります。
1000円からご寄付可能です。

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」など応援したい診療科や部署に指定の上、ご寄付いただければ使い道を各現場で決められるのでありがたいです。
(指定寄付でないと寄付があったことも存じ上げることができないので
是非、指定寄付をお願いしたいです)

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」に指定いただければ、
今はコロナウィルス対応、その先には
新しいNICUでの患者家族のアメニィテイーの向上、
NICU卒業生の支援のための情報提供のリーフレットや育児応援アプリの開発、
NICUでのより良い診療のための研究開発、人財育成
などに活用させていただく所存です。

寄附の使途内容などはこのブログを通じて引き続き報告させていただきます。

今後とも多くの皆様に共に赤ちゃんとご家族のために
より良い医療を探していく応援をいただければ心強いです。


下記、こども医療センター新生児科が関わっている書籍などです。



関連記事
Posted byNICUサポートプロジェクト

Comments 0

There are no comments yet.