「一緒に考えるNICUチーム」を日々目指したい。。。

スライド1
新しい1週間の始まりです。大変忙しい1日でした。

スライド5
手分けしながら、協力しながらNICUで頑張る赤ちゃん達を
応援していました。

スライド2
通りかかったゆめちゃん、ご寄付で購入できたシュクレという
椅子に機嫌よく座ってご飯食べていましたね。

たくさんのカンファレンスもありました。
世代や部署を超えて相談するためには、何をやるかということを
主張し合うのではなく、院内外の情報や経験をお互いに確認しつつ、
話し合いの土台を作って話し合うのが大切でそういうカンファレンスや
勉強会を日々できたらと思えています。


スライド9
午後は新生児科からお願いした
<誘発分娩>の勉強会を産科の石川先生がレクチャー
してくださいました。産科医療の中での分別分娩の科学的根拠、
わかっていること、曖昧なことをわかりやすく伝えくださり、
誘発分娩の実際や現場を解説してくださいました。

スライド8
産科の先生方、母性内科、新生児科で誘発分娩について
母児にとって大切な部分を確認、意見交換した機会でした。
<一緒に考えていく>ためにこういう機会を作って
くださった石川先生に感謝でした。産科・新生児科・母性内科
でみんなで学び合い、そして、この先を考えていくような機会を
増やしていけたらと改めて思えました。

夕方は
スライド11
小児外科の先生方と新生児科で集まって
一緒に診療している患者さん達の
気管支ファイバーなどを一緒に見ながら
診療方針を相談しました。

スライド12
外来を長くにわたって見ている星野先生や小児外科の先生の
子供とご家族の生活支援も踏まえて、今の診療方針を考える
意見に感動していた自分でした。自分達の目標は病院を退院
してもらうことだけでない、その後のお子さんとご家族の
生活を応援できることをみんなで目指していけたらと思えました。

スライド13
夕方の新生児病棟、新生児病棟も忙しそうな1日でしたね。
看護師さん達のテキパキした仕事ぶりと笑顔を心強く感じました。

スライド18
ゆいちゃんとママさんの面会風景。
忙しさと穏やかさの混在するNICUや新生児病棟です。

スライド14
夕方のNICU、
スライド15
自然と様々な場所から集まり、みんなで一緒に考えています。
知恵を出し合う、みんなで診るからこそより良い医療が
あると思えている自分です。

気管支ファイバーも心エコーも所見をみなで見た上で
意見を出し合う叩き台にできたらと思えています。


スライド1
自分も本日は4人の患者さんの3次元エコーや2dスペックルトラッキング法
などをして、

スライド16
後輩世代の先生方にそれぞれの心機能の特性を話し、治療法の
助言などさせていただきました。

スライド17
検査を目的しない、検査したからこそわかることを基に
より良い診療方法を考えられる新生児科医であり、新生児科チームを
目指したいと日々感じる最近です。

スライド4
本日は改築の光照明を共に考え続けてくださっている
ミネベアミツミの皆様と1年くらい取り組んできたこと、
どうやったらNICUの光照明をよりよくできるかを相談してきて、
ご寄付の応援に頼らせて頂き、
スライド19
各ベットサイドの光照明を調整するためのリモコンを
開発してもらいました。臨床現場でスマホなどで調整するのが
うまくいかないこともあったのでより簡便な方法を相談してきたのですが、
その対応を粘り強く考えてくださった
ミネベアミツミの皆様に感謝でした。

スライド20
以前は夜でも、緊急入院などがある不夜城のようにフロア
全体が明るくなりがちなNICUでしたが、夜はしっかり暗くして
必要な場所だけSALIOT(サリオ)のスポットライトの角度や方向を調整して空間を
光で切り分けたいという目標が具現化できそうな気がしました。

スライド21
設置したら終わりでなく、その後も使い道を
共に考えてくださる皆様との交流をありがたく感じます。

医療機器などは最初から使いやすいわけではない、現場の医療者と
企業の方々で意見交換しながら技術を診療に活かしていきたいし、
現場の意見に心寄せ赤ちゃんとご家族のために共に考えて
くださる姿勢のミネベアミツミ
に感謝の夜でした。
スライド22
夜のゆめちゃんとパパさんの面会風景、

スライド23
当直の谷山先生と太田先生、
心強い後輩世代の先生方と共に働ける今で、
自分も共に頑張っていけたらと思えます。


ご意見・ご感想・
下記への寄付応援など大歓迎です。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「新生児科」、「NICU・新生児病棟」など応援したい診療科や部署に指定の上、ご寄付いただければ使い道を各現場で決められるのでありがたいです。

スライド1

12月、神奈川県立病院小児医療基金への27件の新生児科指定寄付に感謝。。。 


こちらは故郷納税のように税控除の対象になります。
1000円からご寄付可能です。

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」など応援したい診療科や部署に指定の上、ご寄付いただければ使い道を各現場で決められるのでありがたいです。
(指定寄付でないと寄付があったことも存じ上げることができないので
是非、指定寄付をお願いしたいです)

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」に指定いただければ、
今はコロナウィルス対応、その先には
新しいNICUでの患者家族のアメニィテイーの向上、
NICU卒業生の支援のための情報提供のリーフレットや育児応援アプリの開発、
NICUでのより良い診療のための研究開発、人財育成
などに活用させていただく所存です。

寄附の使途内容などはこのブログを通じて引き続き報告させていただきます。

今後とも多くの皆様に共に赤ちゃんとご家族のために
より良い医療を探していく応援をいただければ心強いです。


下記、こども医療センター新生児科が関わっている書籍などです。


関連記事
Posted byNICUサポートプロジェクト

Comments 0

There are no comments yet.