この1年を忘れず。。新型コロナ禍の先に。。。:「新しい NICU コンセプト ~集中治療と家族支援の両立を目指した環境作り~」(第38回神奈川こどもNICU遠隔講演会)のご報告


1年前は長野で開催された
新生児呼吸療法・モニタリングフォーラムで
神奈川こどものリニューアルオープンについて
報告させていただく機会がありました。

横浜に寄港していたダイヤモンドプリンセス号を
気になりつつも、長野に出張して講演した1年前でした。

スライド03

「建物がないから出来ないではなく、建物がなくても取り組んだきたことが建物になった:第22回新生児呼吸療法モニタリングフォーラムの報告1(2020年2月14日)



AS20191203001749_comm.jpg

斎藤先生が改築した病棟の報告を



の動画なども交えて紹介してきました。

横浜に戻って以降は、時が止まるというか、
昔に戻るような面会制限などのなかでの
1年間がはじまりました。

スライド1

昨日の新生児科の遠隔講演会は斎藤先生が担当で
スライド02
昨年の周産期新生児医学会のシンポジウムの講演の
拡大版を開催しました。

スライド09
全国36施設のNICUの皆様にも遠隔配信させて
いただきつつ、当院に現在国内留学の多くの先生方、
院内からも多職種の皆様が参加してくださった
週末の勉強会でした。

講演の後は
スライド06
質疑応答。
スライド07
院内外からのご質問に
スライド08
NICUの家族支援を意見交換する時間でした。

スライド10

それぞれの場所でのできることをお互いに
積み重ねていけたらと思えました。

スライド01
司会をしてくれた下風先生の講演会の報告記は以下です。
多くの方に下記の報告記をご覧いただければ幸いです。
・・・・

本日の夕方には遠隔講演会がありました。 全国36の施設の先生方と中継(一部双方向)を結んでの勉強会でした。(しもかぜ記載) テーマ:新しい NICU コンセプト ...

神奈川県立こども医療センター新生児科勉強会さんの投稿 2021年2月12日金曜日
・・・・・

スライド03
1年間前の長野での講演に比べて、
この1年間取り組んできた自律神経系の研究やオンライン同居の研究の
内容も加えて進化した内容に思えました。

この1年間、閉塞感の中でもマインドをもって
取り組んでいる斎藤先生の取り組みに皆が凄さと勇気を
もらうような講演でした。

一方、改築当時のNICUの様子をみると
マスクなどなしでお兄ちゃん、お姉ちゃん、祖父母様などを
踏まえたご家族がNICUで応援している様子のたくさんの写真
に、今との違いをまざまざと感じたり、

上記の動画のはなちゃんとゆめちゃんと様子を大画面でみながら
子供達にとって1年間という期間、会えずにいることの切なさを
改めて感じる気がしました。

スライド11
講演会を終えて、新生児病棟の看護師さんたちと語らいつつ、

スライド12
新型コロナ禍の中でNICUや新生児病棟で共に働いてくれている
人たちとのご縁を天に感謝でした。


リニューアルオープンのビジョンは止まっていたような
1年間でしたが、この期間をむしろ昔を知る期間として、
マインドに思える斎藤先生の講演の願いをコロナ収束したら
改めてみんなで取り戻していきたい、そして、
実現を実感して喜べる日々を目指したい、、、
今の閉塞感のまま、終わりたくない。。。と
思えた週末でした。

皆様、それぞれに穏やかな週末であることを
願っております。


ご意見・ご感想・
下記への寄付応援など大歓迎です。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「新生児科」、「NICU・新生児病棟」など応援したい診療科や部署に指定の上、ご寄付いただければ使い道を各現場で決められるのでありがたいです。

スライド1

12月、神奈川県立病院小児医療基金への27件の新生児科指定寄付に感謝。。。 


こちらは故郷納税のように税控除の対象になります。
1000円からご寄付可能です。

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」など応援したい診療科や部署に指定の上、ご寄付いただければ使い道を各現場で決められるのでありがたいです。
(指定寄付でないと寄付があったことも存じ上げることができないので
是非、指定寄付をお願いしたいです)

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」に指定いただければ、
今はコロナウィルス対応、その先には
新しいNICUでの患者家族のアメニィテイーの向上、
NICU卒業生の支援のための情報提供のリーフレットや育児応援アプリの開発、
NICUでのより良い診療のための研究開発、人財育成
などに活用させていただく所存です。

寄附の使途内容などはこのブログを通じて引き続き報告させていただきます。

今後とも多くの皆様に共に赤ちゃんとご家族のために
より良い医療を探していく応援をいただければ心強いです。


下記、こども医療センター新生児科が関わっている書籍などです。

関連記事
Posted byNICUサポートプロジェクト

Comments 0

There are no comments yet.