聞く態度や一緒に考える姿勢を身につけたい。。。

スライド1
外科と新生児科の合同回診。いつも感じるのは外科の先生方の
カンファレンスの姿勢ですね。新生児科の言葉に耳を傾け、一緒に
赤ちゃんにとってより良いと思えることを語り合ってくれます。

外科の先生方のような聞く態度、一緒に考える姿勢を
身につけたいねと新生児科の後輩世代の先生に話す今週でした。

スライド2
新生児病棟の多職種のカンファレンス、赤ちゃん達が
周産期センターを卒業するための応援を何ができるかを
看護師・助産師・外来調整看護師・臨床心理士・メディカルソーシャルワーカー・
医師で医療と福祉などを合わせて話し合えたらと思えています。

スライド1
周産期センターの卒業はご家族の地域生活のスタートであり
そのさきの生活に皆で心寄せられたらと思えています。

斎藤先生が昔の書類を整理したら出てきた
という雑誌の総説を見せてくださいました。
スライド9
多職種連携に先進的な倉敷中央病院の渡部先生の
総説です。自分にとっては神奈川こども新生児科の研修同期であり
尊敬する渡部先生、その総説を拝見して
スライド10
渡部先生の想いが伝わり、
最後の「ハンディキャップを防ぐ医療とハンディキャップを
支える医療を目指したい、そのために多職種連携が必要」
という言霊に感動、胸に刻みたいと思えました。

自分達も多職種でできることを智恵を出し合える
チームを目指せたらと思えます。

スライド5
このところ、再会が増えて嬉しいまなちゃんご家族。


安心も、喜びも、悲しみもシェアしたい周産期センター(2019年)

まなちゃんの入院当時のこと、振り返って思うことなどを
伝えていただき、お話しできて自分も心温かく感じました。

スライド5
ママさんと話していると最近ニコニコと笑ってくれる
ようになったまなちゃんの妹さんのえなちゃんにも
まなちゃんの存在、頑張りを自分からも伝えたいし、
担当医だった西田先生にも伝えたかった再会でした。

スライド3
そして、NICU卒業生のフォローアップ外来、小学生になった
男の子が手先が器用ということで3つ折り紙をくれました。
一つはママさんが追ったということ。ママさんが手先が器用で。。。
という説明を自分も嬉しく感じました。

スライド8
ママさんとほぼ身長同じになったという超低出生体重児として
保育器の中で頑張っていた女の子。
勉強を頑張っているということを聞きたくさん褒めてあげたい
気持ちでした。

スライド7
最近、小学生になったNICU卒業生のお子さん達によく伝える
などです。時に
を一緒にして、視覚認知のトレーニングを伝えている最近です。


スライド6
隣の稲垣先生のブースに来ていたのはけいごくんと
りゅうごくん。

スライド1
にも登場してくださった双子ちゃんですね。

スライド4
長期間の管理入院、心身ともに大変だったろうなと思えていた
ママさんの当時を改めて讃えたいし、2人ともずっしりと
大きくなっている姿を素敵に思えました。

横浜は緊急事態宣言中で、雪が降っていた日でした。
スライド1
15:30からは産科・母性内科・遺伝科・新生児科・外科・
小児循環器科・脳外科・心臓血管外科・麻酔科に関わる
スタッフ、臨床心理士・ソーシャルワーカーなどが
集まり今、お腹の中にいる赤ちゃん達のカンファレンスです。

スライド13
みんなで診断やお腹の中や生まれた先にできることなどを
話しあっています。どんなふうにご家族に伝えるか、どの
メンバーが伝えるかなどを話しあっています。

スライド11
雪は降っていたけど、感染対策で換気もしっかりしょうと
窓を開けていたようですね。少し寒くても気にせず、
皆で赤ちゃんとご家族のことを話しあっていたのだと実感
しました。

スライド17
カンファレンスの後はそのまま、引き続いて
内分泌科の室谷先生にお願いしたレクチャーです。

スライド15
性分化疾患についての胎児診断や出生後の診療に必要なことを
室谷先生にアドバイスしてもらうレクチャーでした。
大変わかりやすいレクチャーでした。

スライド16
18:30を回っていましたが、レクチャーの後に
個別でたくさん質問していた成田赤十字病院から短期研修の
太田先生、短期だからこそ全力疾走しようとしている、
成田に持ち帰る知識をしっかりつけたいという感じで
1日1日大切に過ごしているのを感じます。じっくりと
答えてくれていた室谷先生は川滝先生にも通じる教育者としての
熱意を感じて自分も感謝でした。

スライド14
NICUに戻って夜のNICUの面会の光景に心癒されながら
スライド19
夜、穏やかに赤ちゃん達を応援している
夜勤のスタッフの様子を心強く感じました。

今週も、様々な診療も、コロナも無事に乗り越えられて
安堵の金曜日です。皆様、それぞれのお疲れ様でした。

それぞれに平和で素敵な週末が来ることを願っています。


ご意見・ご感想・
下記への寄付応援など大歓迎です。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「新生児科」、「NICU・新生児病棟」など応援したい診療科や部署に指定の上、ご寄付いただければ使い道を各現場で決められるのでありがたいです。

スライド1

12月、神奈川県立病院小児医療基金への27件の新生児科指定寄付に感謝。。。 


こちらは故郷納税のように税控除の対象になります。
1000円からご寄付可能です。

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」など応援したい診療科や部署に指定の上、ご寄付いただければ使い道を各現場で決められるのでありがたいです。
(指定寄付でないと寄付があったことも存じ上げることができないので
是非、指定寄付をお願いしたいです)

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」に指定いただければ、
今はコロナウィルス対応、その先には
新しいNICUでの患者家族のアメニィテイーの向上、
NICU卒業生の支援のための情報提供のリーフレットや育児応援アプリの開発、
NICUでのより良い診療のための研究開発、人財育成
などに活用させていただく所存です。

寄附の使途内容などはこのブログを通じて引き続き報告させていただきます。

今後とも多くの皆様に共に赤ちゃんとご家族のために
より良い医療を探していく応援をいただければ心強いです。


下記、こども医療センター新生児科が関わっている書籍などです。

関連記事
Posted byNICUサポートプロジェクト

Comments 5

There are no comments yet.
C母  
この病院のシステムが魅力的です

このコロナの中、不安を抱いている病院職員の方も多くいると思います。特にコロナを、自分が持ち込んでしまうのではなど、気を使うことが多い現場です。 毎日子供達のために、一生懸命動いてくださって、本当に感謝しています。コロナではない時も、いろんな感染などで気をつけなければいけない現場なのに、なおさらです。

娘がこの病院で、胎児診断を受けて、手術を経て現在は、継続医療中です。 子供も、多種連帯医療に救われて、早いもので、もうすぐ15年になります。

胎児診断を受けていなければ亡くなっていたかもしれない子供です。 病児の子供を育てるにあたって、簡単では本当になかったのですが、生きているからこその毎日があります。育てるのに大変かもしれない部分が多くあるかもしれない子供ですが、他では何でもないことも、私達にとっては宝物になります。

今は、メインの病気は安定していますが、持病の病気が原因で不安定な子供を、こうしてこの病院で多種連帯医療で見ていただいてること、感謝しています。

ありがとございます。





NICUサポートプロジェクト
豊島  
To C母さん

To C母さん、自分が心励まされるメッセージでした。ありがとうございます。<多種連帯医療>の大切さを改めて自分も感じました。コロナ禍であるからこそ、連携が疎遠にならず、密接な連携を目指します。心のこもったメッセージありがとうございました。

  • 2021/02/01 (Mon) 20:45
  • REPLY
まな母  

最近は良くも悪くも毎週のように通院しています(笑)でもお陰で先生とお話出来て良かったです。いつも気付いて下さりありがとうございます。ここに来ると「まなちゃんのお母さん」と覚えて頂けてる事が私にとってとても嬉しいなといつも思っています。まなちゃんの頑張りのお陰で出来たご縁をこれからも大事にしたいと思います。
お兄ちゃんともよくNICU入院中の写真見たりして西田先生の話をしたりします。またいつか成長した姿でお会い出来る事を楽しみにしています。ちなみに豊島先生の事は写真の先生と覚えています★

NICUサポートプロジェクト
no name  
To まな母さん

To まな母さん、メッセージ嬉しく感じました。まなちゃんがくれたご縁で、こども医療センターで再会できることを心温かく感じています。お兄ちゃんに覚えてもらっているとは嬉しいことです。もまた、いつか会える日を楽しみにしています。まなちゃんのことを自分なりにお兄ちゃんにお伝え続けられたらと思えます。
ありがとうございました。

  • 2021/02/06 (Sat) 20:55
  • REPLY
にしだ  
To まな母さん

To まな母さん、お久しぶりです。にしだです。メッセージありがとうございます。えなちゃん大きくなりましたね。お兄ちゃんも覚えてくれていてうれしいです。神奈川での研修でのまなちゃんやご家族と過ごした2ヶ月は自分にとってとても大切な2ヶ月間でした。今もふっと思い出すことがあります。北海道に戻り、力に変えていけたらと思っています。

神奈川にも行きたいところですが、現在の状況が落ち着いたらと思っています。お体に気をつけてくださいね。

  • 2021/02/07 (Sun) 10:53
  • REPLY