成果を求めて急ぐより、正しいと思える道を歩みたい。。。

スライド2
今週から新生児科に加わってくれたのは
ジュニアレジデント(小児科後期研修医)の2年目の石川先生と
3年目の自由期間に再度のNICU研修を希望してくれた桑名先生です。

初めての新生児科研修への抱負を語ってくれる石川先生も
新生児科医になりたいと思っていると伝えてくれる桑名先生も
フレッシュな2人の加入が心強く感じました。

スライド3
新生児の呼吸のこと、感染対策のことなどを斎藤先生や柴崎先生が
勉強会を早速伝授したり、

スライド1
川滝先生の発生学の勉強会に参加していましたね。
川滝先生の勉強会の様子を見て新生児医療を志す若手の
裾野が広がっている気がして勉強会の光景がすごくうれしく感じていました。

スライド8
2人の加入とたくさんの入院があって
活気がある忙しい1週間だった気がします。

スライド3
自分は野口先生が考案の臨床研究のお手伝いでたくさんの心エコー
検査をさせてデータを伝える役割を昨年からしています。

スライド10
自分のなんとかしたい分野の診療をより良くしたいという後輩世代の願い、
その診療や研究のお手伝いをしたいと思えます。

スライド12
スペックルトラッキング法という心臓の壁の動きを
自動追跡・解析する心機能評価法を
スライド11
自分の患者さん達にしっかり活用してくれている林先生。
この方法の有用性を共にしっかり考えてくれています。

データの収集は地道な作業だけど、面倒だからとやらない限りは
確かめられないことがある。逆に簡単に結果が出るようなことは
今の診療を格段に良くできることでもないことかもしれないと
後輩世代の先生達に伝えることがある自分です。

また、成果を求め過ぎると次につながらない研究結果や
間違いや誤解を発信してしまうことがある。どうやったら成果が
でるか?ではなく、どうしたら正しい方向に進めるか、いつか
成果に辿り着けるはずの道を歩めるかをみんなで考えようと
伝えている最近です。

スライド13
野口先生や林先生と共に心エコーの診療や研究を一緒に取り組んでくれている
検査技師さんであり、自分にたくさん成人の心エコーのトレンドなどを
伝えてくれる仲間です。
スライド14
退院前やNICUフォローアップ外来での診療の
相談にも乗ってくれる存在です。

12月から1月にかけて、ずっと続けてきた心機能の分析について
もっといい方法を見つけたり、データ管理の不具合があったり、
やっていたことをやり直す必要が出るこややってきたことで
一部やれなくなったりすることがあった自分です。

「もう一度、より良い方法で全てを解析し直す」
ことに決めたという自分に
林先生と技師さん、別々に伝えたけど2人とも
「自分なら1週間は立ち直れない。寝込みたくなるかも。。。」
と同じ感想。。。

自分は
「間違った結果を出してしまわなくていいと思うし、
より良い方法を見つけるのが自分達の目標だから、
自分は良かったと思うよ。成果を早く出すのが目標ではなくて、
より良い成果のいつか誰かが辿り着くための道を探したい、
それが赤ちゃん達をより良く救う診療を見つける方法につながる
はずだから、時間はかかっても、やり直したいと
思う気持ちを大切にしたい」と2人に話した夜でした。


夜は心エコーの解析のし直しをし続けている
この2週間です。勝又先生に
「豊島先生は誰よりも地道に思える。自分もデータなどを
地道にまとめられる人になりたい」と伝えてもらったのが
自分の中では嬉しくも思えた今週でした。

スライド1
よってきて質問してくれる成田赤十字病院から短期研修の
太田先生。たくさん質問してくれて、成田の診療をより良くするための
ヒントを自分なりに見つけようとしてくれているのが分かります。

エコー本表紙
に書かせてもらったこれまで取り組んできたことの
内容や行間を紹介したり、
スライド2
未来に向けて取り組んでいること、その中から今想像している
ことなどを実際の赤ちゃん達の診療を振り返りながら語り合う夜でした。

スライド4
今の医療をより良くしていきたいという後輩世代の先生方
との語らいは自分も一緒により良い未来を目指したいという想いに
なります。

新型コロナ禍であっても、NICUに篭城気味に感じる
日々でも、希望を見失わずにみんなで頑張って行けたらと思えます。


本日もそれぞれにお疲れ様でした。


ご意見・ご感想・
下記への寄付応援など大歓迎です。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「新生児科」、「NICU・新生児病棟」など応援したい診療科や部署に指定の上、ご寄付いただければ使い道を各現場で決められるのでありがたいです。

スライド1

12月、神奈川県立病院小児医療基金への27件の新生児科指定寄付に感謝。。。 


こちらは故郷納税のように税控除の対象になります。
1000円からご寄付可能です。

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」など応援したい診療科や部署に指定の上、ご寄付いただければ使い道を各現場で決められるのでありがたいです。
(指定寄付でないと寄付があったことも存じ上げることができないので
是非、指定寄付をお願いしたいです)

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」に指定いただければ、
今はコロナウィルス対応、その先には
新しいNICUでの患者家族のアメニィテイーの向上、
NICU卒業生の支援のための情報提供のリーフレットや育児応援アプリの開発、
NICUでのより良い診療のための研究開発、人財育成
などに活用させていただく所存です。

寄附の使途内容などはこのブログを通じて引き続き報告させていただきます。

今後とも多くの皆様に共に赤ちゃんとご家族のために
より良い医療を探していく応援をいただければ心強いです。


下記、こども医療センター新生児科が関わっている書籍などです。



ご意見・ご感想・
下記への寄付応援など大歓迎です。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「新生児科」、「NICU・新生児病棟」など応援したい診療科や部署に指定の上、ご寄付いただければ使い道を各現場で決められるのでありがたいです。

スライド1

12月、神奈川県立病院小児医療基金への27件の新生児科指定寄付に感謝。。。 


こちらは故郷納税のように税控除の対象になります。
1000円からご寄付可能です。

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」など応援したい診療科や部署に指定の上、ご寄付いただければ使い道を各現場で決められるのでありがたいです。
(指定寄付でないと寄付があったことも存じ上げることができないので
是非、指定寄付をお願いしたいです)

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」に指定いただければ、
今はコロナウィルス対応、その先には
新しいNICUでの患者家族のアメニィテイーの向上、
NICU卒業生の支援のための情報提供のリーフレットや育児応援アプリの開発、
NICUでのより良い診療のための研究開発、人財育成
などに活用させていただく所存です。

寄附の使途内容などはこのブログを通じて引き続き報告させていただきます。

今後とも多くの皆様に共に赤ちゃんとご家族のために
より良い医療を探していく応援をいただければ心強いです。


下記、こども医療センター新生児科が関わっている書籍などです。

関連記事
Posted byNICUサポートプロジェクト

Comments 0

There are no comments yet.