NICUの先に続く未来。。。

スライド3
先週の外来で出会ったのは超低出生体重児だったなおくん。
挨拶してくれて元気をもらいました。

スライド9
自分がNICUから小児科病棟で4歳まで担当医させてもらったまあちゃん。
高校生です。星野先生の外来を通りかかったら
手を振ってくれて再会をうれしく感じました。

スライド4
髪型の変化をたたえたかいちゃん。

周産期医療の医療崩壊が連日
報道があった頃、たくさん取材を受けてくれた


この時、かいちゃんとご家族がNICU入院家族として
様々なことを伝えてくださった先に今があるように思えます。

かいちゃんのママさん、
バックから

スライド1

を取り出して見せてくださり、心強く感じました。



自分のフォローアップ外来に来てくれたのは

七五三の笑顔に心寄せたい。。。

にNICU卒業の日の写真が残る、こももさんご家族。

スライド8
痙攣がすごく減った、お口の吸引がすごく減った、
サチュレーションが下がることが減ったなど最近のことを
伝えてくれてました。

スライド6
療育に単独通園がしっかりできるようになったという
ママさんとパパさんの笑顔を讃えたいし、小学校入学に
向けての相談をしました。

スライド7
ママさんや出会った頃のお姉ちゃんとどんどん似てきているな
と思えるこももちゃんの可愛らしさをシェアさせてもらいました。

こども医療センターに初めてきた日に放送された
「コウノドリ(2015)」の最終回のなおとくんご家族が自分達がこども医療センターで
聞いた話とすごく重なったと話してくれてきたご家族。

なおとくんのご家族を励ましていた四宮先生こと
星野源さんが出ていた「逃げ恥」の正月スペシャルを見て
出ていた神社が自分達が通った場所だと思えて嬉しかったと
伝えてくださり、自分はドラマ少しだけお手伝いしていたことを
お伝えしつつ、また、登場していた産院はこももちゃんの担当だった
産科医の先生が開業したプラタナス産婦人科クリニックながつただったらしい
と伝えたら嬉しそうでしたね。

また、今年の正月も家族で迎えられて嬉しかったというママさんや
パパさんの言葉を自分もうれしく感じました。

上記のご家族の笑顔、出生前診断やNICUでの病状説明したときの
戸惑いの表情も覚えている自分には、子供達がご家族に届けた気づきや
笑顔を外来で共に感じられたらと思えます。

スライド1
今週はすごく忙しいNICU・新生児病棟です。

スライド2
感染対策しながらいつもどおりに忙しく働きつつ
ご家族に心寄せようとしているスタッフ、世代や職種を
超えて皆頼もしいし、一緒に働けてよかったと思える
メンバーの心強さを自分が感じる今週です。

自分達が頑張る先に外来に通ってきてくれるご家族の
姿がある。赤ちゃんが加わるご家族全体を応援していく
NICU・新生児病棟を明日も目指していけたらと思えます。

本日もそれぞれにお疲れ様でした。


ご意見・ご感想・
下記への寄付応援など大歓迎です。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「新生児科」、「NICU・新生児病棟」など応援したい診療科や部署に指定の上、ご寄付いただければ使い道を各現場で決められるのでありがたいです。

スライド1

12月、神奈川県立病院小児医療基金への27件の新生児科指定寄付に感謝。。。 


こちらは故郷納税のように税控除の対象になります。
1000円からご寄付可能です。

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」など応援したい診療科や部署に指定の上、ご寄付いただければ使い道を各現場で決められるのでありがたいです。
(指定寄付でないと寄付があったことも存じ上げることができないので
是非、指定寄付をお願いしたいです)

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」に指定いただければ、
今はコロナウィルス対応、その先には
新しいNICUでの患者家族のアメニィテイーの向上、
NICU卒業生の支援のための情報提供のリーフレットや育児応援アプリの開発、
NICUでのより良い診療のための研究開発、人財育成
などに活用させていただく所存です。

寄附の使途内容などはこのブログを通じて引き続き報告させていただきます。

今後とも多くの皆様に共に赤ちゃんとご家族のために
より良い医療を探していく応援をいただければ心強いです。


下記、こども医療センター新生児科が関わっている書籍などです。



関連記事
Posted byNICUサポートプロジェクト

Comments 0

There are no comments yet.