新型コロナ禍の緊急事態宣言でもあきらめず。。。:第65回NICUのいのちの授業 in 洗足学園中学校 (オンライン授業)

院内外からのご入院が多い今週。
スライド2
昨晩のNICU,
スライド1
今朝のNICU、
スライド3
昔に戻ったような忙しさを感じる今週です。

13-15時は
スライド5
会議室に1人籠もって、
初めて、オンラインでNICUの命の授業を担当しました。


カナフルTVでこども医療センターや「NICU命の授業」の
紹介のシーンの動画以下です。
 
対面でやる予定だったのですが、緊急事態宣言に入るような
状況で次善の策で初めてオンラインで授業を担当しました。

授業の場所は7回目になる
です。新生児科医を目指して医学部に入学した
方々が自分の知る限り3名いる洗足学園中学です。

前回の授業は2018年で以下に書き残しています。


未来への種蒔き。。。:第58回NICUのいのちの授業 in 洗足学園中学(2018年)


洗足学園中学に訪問できないのは残念でしたが
オンラインにしてでも今年の中学2年生に聞かせてあげたいと
調整してくださった洗足の先生方やコーディネーターをしてくださっている
菊地さんに感謝しつつ、時間ギリギリでオンラインにつながりました。

嬉しかったのは授業には参加しない1年生の生徒さんに、
自分がNICUで昔担当したお子さんがいるということで授業前に
オンライン越しに再会でした。名前を聞いて覚えているほどの
重症なお子さんでした。英語がペラペラなど先生に聞きながら
お母さんが感謝していたと自分の名前や今もいる産科医の先生の
名前を娘さんに伝えて命を救ったもらったと伝えてくれることに
嬉しく感じました。

スライド6
そして、各教室に別れた中学2年生に向けて
命の授業をさせていただきました。

スライド1

NICU命の授業: 小さな命を守る最前線の現場から



新型コロナ禍になって授業はもう難しいかなと思いながら
まとめた上記の本の内容を

スライド7
オンラインでお話ししました。

でも、新型コロナ禍になってそれ以前と同じ授業で終わりたくなくて、
前回の日限山中学と同様に

家族で過ごせるNICUの門出を伝えつつ、
その後に到来した新型コロナ禍で面会制限に
向き合うNICUの動画を流しました。

スライド9
NICUに届いた物資への想い、根本さん達の
NICUへの願いの言葉に自分も感動して、
街の人、患者家族、スタッフの想いが重なる気がする上記の
動画を2度目の緊急事態宣言だからこそ街の中学生に見てもらえたらと
思えました。

下記の動画、改めて多くの方にご覧いただければと
思えます。街の方、スタッフ、患者家族の皆様と感想を交換できたらと
思う動画です。
スライド10
最後は上記のスライドでした。

たくさんの質問がオンラインであり、大変心強い生徒さん達でした。
オンラインでどれくらい胸に届いたかはわからないのですが、
これまでのように新生児科医を目指す人が1人でもいたら嬉しいし、
そうでなくてもこの街でNICUを身近に感じなが大人になって
くれる人たち、NICU卒業生の人達と共に生きようと思う
人達が増えたらと願いながら授業を終えました。

対面授業だと自分も生徒さんと同じように前方に映写されるスライドを
見ながら話すので対面授業だと実は背中越しになり、オンラインだと
スライドと生徒さん達の表情がよこに写るから対面で話している
気になるという良さも感じたオンライン授業でした。


課題としては動画はカクカク少しする。
生徒さんの反応を体感できない。
院内で話しているとやはり落ち着かない。
スライド5
無人の会議室で話しているとオンラインで毎回、この場所から
同じような話を1人で続けるのはしんどくなるような気がしていました。
また、オンラインで話す方が疲れが大きいのを実感しました。

授業の後、15時に昼食を買いにローソンに向かうと
バッタリ会えたのは

スライド4
「コウノドリ」にも出演していたしゅんたろうくんの妹さんの
かんなちゃんと再会、しゅんたろうくんを抱っこしていた
お姉ちゃんのあすかちゃんとそっくりな気がして成長を嬉しく感じました。

治療を頑張って外来で受けたかんなちゃんに頑張ったねと
伝えつつ、しゅんたろうくんのママさんに、
かんなちゃんがお兄ちゃんであるしゅんたろうくんの存在を
お姉ちゃんがしっかり教えていること、お姉ちゃんがまた、
こども医療センターに来たいと行っていることを
伝えてもらえて嬉しい時間でした。

自分も授業しながらしゅんたろうくんの写真や動画に
可愛さを思い出していた授業だったことをお伝えできて嬉しい再会でした。
体調を気遣ってくれる言葉に心励まされました。

遅い昼食を終え、
スライド8
授業の後は授業中に3名の入院があったNICU、
後輩世代の先生方との診療に復帰しました。

スライド12
新型コロナ禍であろうと、コロナより心配なことでNICUや
新生児病棟にやってくる赤ちゃんやご家族はいる。
新型コロナ禍で仕方ないとあきらめず、
いつも通りの診療を少しでも目指す気持ちを忘れずに頑張ろうと
改めて思える授業でした。


ご意見・ご感想・
下記への寄付応援など大歓迎です。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「新生児科」、「NICU・新生児病棟」など応援したい診療科や部署に指定の上、ご寄付いただければ使い道を各現場で決められるのでありがたいです。

スライド1

12月、神奈川県立病院小児医療基金への27件の新生児科指定寄付に感謝。。。 


こちらは故郷納税のように税控除の対象になります。
1000円からご寄付可能です。

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」など応援したい診療科や部署に指定の上、ご寄付いただければ使い道を各現場で決められるのでありがたいです。
(指定寄付でないと寄付があったことも存じ上げることができないので
是非、指定寄付をお願いしたいです)

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」に指定いただければ、
今はコロナウィルス対応、その先には
新しいNICUでの患者家族のアメニィテイーの向上、
NICU卒業生の支援のための情報提供のリーフレットや育児応援アプリの開発、
NICUでのより良い診療のための研究開発、人財育成
などに活用させていただく所存です。

寄附の使途内容などはこのブログを通じて引き続き報告させていただきます。

今後とも多くの皆様に共に赤ちゃんとご家族のために
より良い医療を探していく応援をいただければ心強いです。


下記、こども医療センター新生児科が関わっている書籍などです。

関連記事

Comments 2

There are no comments yet.
楓奈まま  

豊島先生、まさか我が母校、洗足学園にまで講義をされていたとは!
ありがたい事です。

NICUサポートプロジェクト
豊島  
To 楓奈ままさん

To 楓奈ままさん、洗足学園同窓生と知り、洗足ファンの自分には大変嬉しく感じました。神奈川大学附属と洗足は毎年に近くお声かけくださり、自分も訪問するのが楽しく感じていました。今年は素敵な校舎に訪問できないのが残念と思いながらオンラインでも今年の生徒さん達にしっかりお伝えできたらと思えていました。いつかかなちゃんと一緒にママさんの母校で授業をできたらとも思えました。メッセージありがとうございました。また、かなちゃんとママさんの笑顔に会えるのを楽しみにしています。

  • 2021/02/03 (Wed) 20:02
  • REPLY