想い通りでなかったとしても。。。:「オランダへようこそ」の詩に心励まされて

スライド1
弘明寺商店街から車で15分の場所に
あるこども医療センター
スライド2
新しい週の始まりです。

スライド4
今週もそれぞれにできることを頑張っていけたらと思えます。

スライド07
先週のフォローアップ外来にきてくれていたのは
在胎23週で生まれたそらくんとご家族。


からやく8年先の未来が今です。

養護学校のこと、療育センターとの通い分け、
新型コロナ禍で気をつけていることなどを丁寧に伝えて
くれるそらくんご家族でした。

新型コロナ禍、そらくん達、こどもたちは心配し過ぎなくて
いい、気をつけなながら学校も療育も行っていい気がする
ということを伝え、大人はやはりコロナにより気をつけましょう
とママさんに伝えるとママさん
「自分は心が弱いから心配」という言葉に
そらくんの産む前後から知る自分は
「そらくんのママさん、出会った頃を思うと
そらくんと生きてきてどんどん心が強くなっていると思えますよ。
成長しているのはそらくんだけではない。ママさんも
そらくんと共に様々な障壁に向き合ってきた強さ、
そしてその中で人として成長されているのをそばで
感じてきたからコロナになろうとも心は大丈夫かと思えますよ」
と伝えた外来でした。


そらくんのママさん、このブログのコメント欄で

NICU卒業生の笑顔 & オランダへようこそ(2012年)



オランダへようこそ

の詩を教えてくれました。


NICUで「オランダへようこそ」の詩に共感した
ということを伝えてくれました。自分も感動でして
「オランダへようこそ」のようなこども医療センターであり、
街になればと思うようになりました。

その想いに共感してくださったチームコウノドリの
皆様が

コウノドリ2017の最終回に「オランダへようこそ」
のタイトルをつけてくれてその朗読シーンに涙が流れました。
サクラ先生や小松さんの言葉に共感して
「オランダへようこそ」のような周産期センターを
目指せたらと思えました。

 この詩への共感を伝えてくれたそらくんママさんに
感謝しています。

「思い通りにならない」のが人生であり、
「思い通りにしたい」という想いが強すぎると
それも自らが障害感に悩むことになると最近感じる
ことがあります。「オランダへようこそ」は
新型コロナ禍でも心の支えにも思えています。

そらくんのママさん、
「そらくんが反抗期で言い返すようになったけど、
それが可愛くて・・・」という笑顔に
そらくんはよかったねと思っていました。

そらくん、外来で診察台を上り下りできるようになったことを
ママさんや自分に動画に撮って。。。というご依頼。

上記です。
自分もそらくんの診察台を1人で降りれるようになったと
得意げな様子にすごく嬉しく感じました。

スライド08
新型コロナ禍でいつもと同じく楽しげに過ごすそらくんに
自分も心励まされた気がする先週のフォローアップ外来でした。

スライド5
たくさんの入院がある最近ですが、NICU・新生児病棟の
スタッフの笑顔を忘れず、それぞれに向き合う姿勢に自分が
心支えられています。

緊急事態宣言の中ですが、自分達はNICUや新生児病棟の中で
耐えながら、この場所にやってくる赤ちゃんやご家族の支えに
なれたらと思えます。

本日も皆様、それぞれにお疲れ様でした。


ご意見・ご感想・
下記への寄付応援など大歓迎です。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「新生児科」、「NICU・新生児病棟」など応援したい診療科や部署に指定の上、ご寄付いただければ使い道を各現場で決められるのでありがたいです。

スライド1

12月、神奈川県立病院小児医療基金への27件の新生児科指定寄付に感謝。。。 


こちらは故郷納税のように税控除の対象になります。
1000円からご寄付可能です。

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」など応援したい診療科や部署に指定の上、ご寄付いただければ使い道を各現場で決められるのでありがたいです。
(指定寄付でないと寄付があったことも存じ上げることができないので
是非、指定寄付をお願いしたいです)

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」に指定いただければ、
今はコロナウィルス対応、その先には
新しいNICUでの患者家族のアメニィテイーの向上、
NICU卒業生の支援のための情報提供のリーフレットや育児応援アプリの開発、
NICUでのより良い診療のための研究開発、人財育成
などに活用させていただく所存です。

寄附の使途内容などはこのブログを通じて引き続き報告させていただきます。

今後とも多くの皆様に共に赤ちゃんとご家族のために
より良い医療を探していく応援をいただければ心強いです。


下記、こども医療センター新生児科が関わっている書籍などです。


関連記事
Posted byNICUサポートプロジェクト

Comments 0

There are no comments yet.