パイオニア(開拓者)精神を失わずにいたい。。。

スライド05
先週のNICU、超低出生体重児のお子さんの爪を切っている
パパさんと安心したかのように見守るママさんがいました。

手際の良さに感動したのですが毎週きっているということ。
スライド06
担当の野口先生が入院の頃にアルコール消毒の仕方を実際に
見せてお伝えした通りに念入りに手指消毒しながら、面会しながら
二人で出来ることを積み重ねているママさんとパパさんの笑顔を
素敵に思えました。

スライド14
ご両親が心配そうに見守る中、術前のチェックをしていた
斎藤先生と渡邊先生と看護師さん。いつかゆいちゃんにみんなが
心配しながらできることを尽くしていたんだよと伝えたい気がします。

斎藤先生は渡邊先生・清水先生の指導医をしつつ、
AS20191203001749_comm.jpg
の私たちの挑戦を先導してくれています。

誰かの真似でないパイオニア(開拓者)精神を
感じる斎藤先生です。

スライド09
「赤ちゃんの快適さ」、自律神経活動を知るための
モニターを購入させてもらっています。

正しい使い方、小さな赤ちゃん達でもしっかりモニタリング
できる方法を探し続けています。

スライド13
研究協力をいただいたご家族に感謝しながら、夕方から夜にかけて
地道に赤ちゃんが寝付くのを見守りながら
スライド11
交感神経や自律神経の活動をみつめている斎藤先生です。

スライド10
ちょっとしたことで起きたり、泣いたり、動いたりする
赤ちゃんに自律神経を正確に計れるようになるのは簡単では
ないと実感しています。正しく測れないと、治療法の効果の
正しい判定もできない。。。

スライド12
試行錯誤する中で、赤ちゃんの自律神経活動の特徴、NICUの
環境の影響などを段々、気づけることが増えてきた私たちです。
地道に取り組んでいる斎藤先生を讃えたく思えます。

スライド04
NICUにご寄付で購入したご家族がゆったりと座れる椅子。
多くの方の応援で新しいNICUの象徴の一つになっています。

以下のようにカリモクのパンフレットにも登場している
私たちです。
上記の記事、是非、多くの方に改めて心寄せてくだされば嬉しいです。


カリモクの方々と一緒にNICUや新生児病棟の椅子を考え続けています。

先週の新生児病棟。

スライド1

12月、神奈川県立病院小児医療基金への27件の新生児科指定寄付に感謝。。。 

を活用させていただき、新生児病棟にも新生児病棟にあった
椅子を購入することをカリモクの皆様に相談させてもらいました。

スライド02
NICUよりは狭い新生児病棟で、機能的で感染対策もできて
ご家族が限られた面会時間でも赤ちゃんとゆっくり過ごしてもらうために
椅子を選びたくて、斎藤先生と新生児病棟の看護師さん、保育士さん、
面会ご家族で椅子を話し合っていました。

スライド01
ご家族が赤ちゃんを抱っこしたり、授乳したり、
一緒に過ごすのにどんな椅子がいいかをご寄付くださった
皆様への感謝しながら、こだわって選んでいけたらと思えています。



NICUのリニューアルオープンの頃のNICU。
自分たちの未来の目指したい医療がスタートできたと思えました。。。
新型コロナ禍でご家族の面会を制限せざるを得ない今、
上記の動画をみながら悔しく感じています。

しかし、上記のマインドを失わずに、新型コロナ禍の中でも
赤ちゃんとご家族がより良く過ごせるNICUや新生児病棟の
環境を諦めずに前に進もうとしている斎藤先生や看護士さん・保育士さん達
の姿に、自分も心折れずに頑張っていこうと思える先週でした。

パイオニア(開拓者)精神を失わずに、今は耐えていけたらと
思えます。




ご意見・ご感想・
下記への寄付応援など大歓迎です。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「新生児科」、「NICU・新生児病棟」など応援したい診療科や部署に指定の上、ご寄付いただければ使い道を各現場で決められるのでありがたいです。

スライド1

12月、神奈川県立病院小児医療基金への27件の新生児科指定寄付に感謝。。。 


こちらは故郷納税のように税控除の対象になります。
1000円からご寄付可能です。

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」など応援したい診療科や部署に指定の上、ご寄付いただければ使い道を各現場で決められるのでありがたいです。
(指定寄付でないと寄付があったことも存じ上げることができないので
是非、指定寄付をお願いしたいです)

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」に指定いただければ、
今はコロナウィルス対応、その先には
新しいNICUでの患者家族のアメニィテイーの向上、
NICU卒業生の支援のための情報提供のリーフレットや育児応援アプリの開発、
NICUでのより良い診療のための研究開発、人財育成
などに活用させていただく所存です。

寄附の使途内容などはこのブログを通じて引き続き報告させていただきます。

今後とも多くの皆様に共に赤ちゃんとご家族のために
より良い医療を探していく応援をいただければ心強いです。


下記、こども医療センター新生児科が関わっている書籍などです。

関連記事
Posted byNICUサポートプロジェクト

Comments 0

There are no comments yet.