NICU・新生児病棟をクラスター(感染集団)にしたくない。。。

本日は大学入試の新テストが新型コロナ禍の中で
第1日目開催ですね。

自分は医学部に入りたくて浪人していた時期が人生で一番
勉強した頃で、その頃で心身のストレスを今でも想い出すことがあります。
新型コロナ禍で頑張っている受験生の皆さまを応援していたいと
思います。そして、感染対策しながらテストをサポートした
関係者の皆さまも讃えたいと思えました。

2日目も応援しています。
スライド1
外来で再開したのは19年前にNICUに長期入院していた
あいかさん。会えてうれしく感じました。
来年、成人式だけど、今年も中止になりそうだったから
来年どうなるだろうという心配、晴れ着きるのを楽しみにして
いることなどを伝えてくれて来年、収束しているといいなと
改めて思えました。

スライド2
NICUに戻るとゆめちゃんご家族。泣きすぎると具合が悪く
ことがあるゆめちゃん、ご家族とスタッフで泣き過ぎない
ように見守り続けています。

スライド4
そして、泣かせないだけでなく、泣かなくならないように
みんなで発達も応援していたいです。ゆめちゃんの笑顔の
写真を撮れるようになってきた気がする最近。

スライド3
ゆめちゃんの笑顔をご家族にこのブログを通じて
届けられたらとも思えています。


スライド1
ゆいちゃんのご家族、保育器の中にいる時から連日連夜、
ゆいちゃんを応援していたご家族。赤ちゃんへの声かけの多さは
発達の支援にもなる、<ご家族の面会>や薬や手術と同じように
赤ちゃんの未来をよりよく守るために必要なことだとスタッフ
一同大切にしてきたNICU・新生児病棟です。

4月の緊急事態宣言の時に書いた以下のブログ、
多くの方に改めて読んでもらえたらとも思えます。
スライド1

NICUから10つの提案(案);職場をクラスター(感染者集団)にしないために

(2020年4月)


この11ヶ月間、こども医療センター全体もそうですが、
NICU/新生児病棟の毎日200名近い人間が集う場所で
感染集団(クラスター)を作らずにこれたことをスタッフ一同を
讃えたい自分です。


地域やこのブログを読んでくださる多くの方の
応援もあって感染対策がしっかりできたことにも感謝しています。


前回以上に危機感を感じる今回の緊急事態宣言だからこそ
赤ちゃんを見守るスタッフと患者家族の皆さまでNICU/新生児病棟を
クラスターにならないように一緒に感染対策していけたらと思えます。


上記のNHKニュースのようにリニューアルオープンして
間もないところでの新型コロナ禍になって心折れそうな
気持ちにもなったこともあるのですが、どんな状況になろうとも
リニューアルオープンで目指した想いを患者家族とスタッフで
感染状況を踏まえつつバランスをとりながら
できる範囲で目指していけたらと願っています。


スライド6
ご縁で新型コロナ禍の中で同じ空間で過ごすことになった
赤ちゃん・ご家族・スタッフで共に感染対策をしていけたらと
思えます。マスクの励行、私物の消毒、同居者以外の会食の自粛、


アルコール消毒の質向上などみんなで
目指していけたらと思えます。よろしくお願い致します。


ご意見・ご感想・
下記への寄付応援など大歓迎です。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「新生児科」、「NICU・新生児病棟」など応援したい診療科や部署に指定の上、ご寄付いただければ使い道を各現場で決められるのでありがたいです。

スライド1

12月、神奈川県立病院小児医療基金への27件の新生児科指定寄付に感謝。。。 


こちらは故郷納税のように税控除の対象になります。
1000円からご寄付可能です。

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」など応援したい診療科や部署に指定の上、ご寄付いただければ使い道を各現場で決められるのでありがたいです。
(指定寄付でないと寄付があったことも存じ上げることができないので
是非、指定寄付をお願いしたいです)

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」に指定いただければ、
今はコロナウィルス対応、その先には
新しいNICUでの患者家族のアメニィテイーの向上、
NICU卒業生の支援のための情報提供のリーフレットや育児応援アプリの開発、
NICUでのより良い診療のための研究開発、人財育成
などに活用させていただく所存です。

寄附の使途内容などはこのブログを通じて引き続き報告させていただきます。

今後とも多くの皆様に共に赤ちゃんとご家族のために
より良い医療を探していく応援をいただければ心強いです。


下記、こども医療センター新生児科が関わっている書籍などです。

関連記事
Posted byNICUサポートプロジェクト

Comments 2

There are no comments yet.
こうだい母  

豊島先生こんにちは、こうだいの母です。
こども医療センターでクラスターが出ていないこと、いつもブログで見てほっとしています。
NICUや新生児病棟の感染対策は、本当に基本的かつ効果的なものなのだと改めて実感しました。
家庭でも取り入れさせていただいています。
(息子の入院以前は、NICUに入るためには手洗いや手指消毒だけではなく、
マスク、手袋、ガウン、ヘアキャップなどでしっかり防護しなければならないイメージがあったので、
思っていたよりも軽装で入室できることを意外に感じた記憶があります)

赤ちゃんにとってもご家族にとっても大切な時間である家族面会がこれからも続けられますように。
緊急事態宣言となり、いつどこで感染するかわからない状況ですが、これからも先生やスタッフの皆さまがご健康でありますように。
そして先生のご家族も穏やかに過ごされますようにお祈りしています。
ご多忙かと存じますが、お体どうかご自愛ください。

NICUサポートプロジェクト
豊島  
To こうだい母さん

To こうだい母さん,『こども医療センターでクラスターが出ていないこと、いつもブログで見てほっとしています。
NICUや新生児病棟の感染対策は、本当に基本的かつ効果的なものなのだと改めて実感しました。
家庭でも取り入れさせていただいています。』という言葉ありがとうございます。面会制限や禁止する前に患者家族の皆様にも一緒に感染対策してもらいながら、集中治療とご家族支援を赤ちゃんの未来のために両立を諦めずに目指せたらと思えています。<NICUや新生児病棟をクラスターにしない>と11カ月間、みんなで頑張ってきたし、今も乗り越えていけたらと願っています。見守ってくださり、応援してくださり、遠くにいても近くに感じます。メッセージに心励まされました。ありがとうございます。

  • 2021/01/19 (Tue) 19:43
  • REPLY