「NICUで目指している手指消毒」が広まれば新型コロナ対策にもなるはず。。。

新型コロナ禍、急増中の横浜にある
NICUです。

免疫力が弱い赤ちゃん達がいるNICUは
新型コロナでなくても様々な感染症が命に関わる患者さんが
たくさんいる病棟です。

普段から、感染対策などはしつかりしている
医療現場の1つとは思えます。

1度目の緊急事態宣言の頃に書いたブログ記事は以下ですが、

NICUでやっている感染対策を街の人達も参考にして
くれたら、新型コロナの感染増加を抑えられる気もしています。

患者・患者家族・スタッフと200名近い人間が時間を過ごす
NICU・新生児病棟ですが、
クルーズ船から始まった横浜の新型コロナ禍の
中でもここまでは新型コロナの感染を防げてきたことも
普段以上に感染対策に気をつけ、そして、自粛生活を
スタッフも患者家族の人達も一緒に心がけてきたからかなと
とも思えます。

こども医療センター全体で感謝はびっくりするくらいほとんどいなくて
患者家族の皆様、全部署の自粛、感染対策をしてきたチームのみんなで耐え続けているのを
讃え合えたらと思います。

兄・姉面会や24時間面会はやめていた自分達ですが
ここまでは両親・祖父母の面会は続けてきました。

それでも街の感染者が急増していくと
家族面会を制限するか?ということを考えざるをない
状況に今後なっていくと思えます。

誕生を家族で一緒に喜べない、成長を一緒に見守れない、
帝王切開のお母さんが産後に遠方から1人での面会は難しい、
病気の説明や今後の見通しを両親で聞けない、
手術など命に関わる治療も赤ちゃんはご家族に会えずに向かわなければならない、
8%の赤ちゃんはNICUで生涯を終える私たちのNICUでは限りあるかもしれない
時間を家族と過ごせいまま終えることになる、医療的ケアとともに卒業するお子さん達も
たくさんいる当院のNICUにはそういう説明や習得などがままならない状況になる
のは極力避けたいというのがスタッフの皆の願いです。

入院中の患者家族の皆様にも赤ちゃん達のために
新型コロナになって欲しくないし、患者家族やスタッフで
クラスターにならないためにも患者さんご家族と一緒に
NICU感染対策をやっていきたいと2度目の緊急事態宣言の中で
願っています。

新生児科への指定ご寄付などを活用させていただき
スライド1
面談室やファミリーコーナーに新生児科でアクリルボードを設置
させてもらったり出来ることをしてきました。

そして、
赤ちゃん達が早産であろうとなかろうと
病気があろうとなかろうと、赤ちゃんが誕生を祝ってもらい、
家族で日々の楽しさを感じられるNICU・新生児病棟に一刻も
早く戻れたらと思えます。

この半年間でコロナを問わず、NICUの感染症を減らすために
NICUスタッフみんなで取り組んできたこと以下です。

マスクでの飛沫防止も大切だけど、ウィルスのいるところに
触り、その触れた手が口や鼻に行くこともウィルス感染の可能性は
あります。

スライド02
に書き残していますが、看護師・医師など職種を問わず
朝のカンファレンスの後に共有する場所の環境の清拭をみんなでしたり

下記の1分間の動画のように

いつも以上に手指消毒をしっかりやれるように
みんなで手指消毒の確認・練習もしています。

こども医療センター全体でも大切にしてきた
手指消毒の6つのステップを習得するのに
いい機会に思えます。

上記の動画は下記の動画をみんなで参考にしています。
<心で>歌いながら手洗いするのがより良い手洗いになるのではないかと
コンセプトだと思えます。

花王ビオレ uの「あわあわ手洗いのうた」
すごくNICU医療にも通じると見つけてくれてみんなでやろうと
提案してくれた看護師さん達に感謝でした。

こんな時だからこそ、やるべきことをより良くやれる
NICUチームになれたらと思えています。

スライド4
NICU感染対策メンバーを中心に、
より良い手指消毒をできるような方法を
再確認しています。
スライド5
アルコール手指消毒などが街の中で当たり前の
ように置かれるようになったけど、消毒の仕方は
バラバラだと思えます。NICUだと可能な状況では15秒間くらいかけての
アルコール手指消毒を目指しています。
スライド2
NICUだとこんな風な手指消毒を
みんなで目指しているということを
スライド1
患者家族の方も、そして、街の方にもNICU的感染対策が
広まればコロナ感染の急増は抑えられる気もしています。
上記の動画やみんなで参考にしている下記の動画を
ご確認くださればと思えます。

みんなで朝のカンファレンスの後、参考にしていた
のは以下の動画です。

是非、多くの人に見てもらえたらと思えます。





ご意見・ご感想・
下記への寄付応援など大歓迎です。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「新生児科」、「NICU・新生児病棟」など応援したい診療科や部署に指定の上、ご寄付いただければ使い道を各現場で決められるのでありがたいです。

スライド1

12月、神奈川県立病院小児医療基金への27件の新生児科指定寄付に感謝。。。 


こちらは故郷納税のように税控除の対象になります。
1000円からご寄付可能です。

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」など応援したい診療科や部署に指定の上、ご寄付いただければ使い道を各現場で決められるのでありがたいです。
(指定寄付でないと寄付があったことも存じ上げることができないので
是非、指定寄付をお願いしたいです)

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」に指定いただければ、
今はコロナウィルス対応、その先には
新しいNICUでの患者家族のアメニィテイーの向上、
NICU卒業生の支援のための情報提供のリーフレットや育児応援アプリの開発、
NICUでのより良い診療のための研究開発、人財育成
などに活用させていただく所存です。

寄附の使途内容などはこのブログを通じて引き続き報告させていただきます。

今後とも多くの皆様に共に赤ちゃんとご家族のために
より良い医療を探していく応援をいただければ心強いです。


下記、こども医療センター新生児科が関わっている書籍などです。

関連記事
Posted byNICUサポートプロジェクト

Comments 0

There are no comments yet.