新型コロナ禍の大晦日のNICUに思うこと。。。

新型コロナウィルスの新規感染者は、
 東京は 1300人越え 、神奈川は500人越えで迎える大晦日です。

感染増加を政府や県、何かや誰かのせいにして、
自分は悪くないと思い込む間は減らない気がする。

誰もが、
自分自身が周囲の大切な人達にうつしているかもと思って、
感染対策しながら日々を大切に過ごしたい。
春がくるまでは正念場なんだと覚悟する大晦日です。


スライド5
NICUや新生児病棟は年末年始の休み中も
交代交代で皆でいつも通り働いています。

そして、たくさんの家族面会がある一家団欒も感じる
NICUや新生児病棟でした。

スライド4
NICUや新生児病棟で大晦日、元日を過ごす
赤ちゃん・ご家族・スタッフにも穏やかな大晦日・元日が
くることを願っています。

年が変わっても、何かがリセットされるわけでもない、
大変な日々は続くと思うけど、それでも
新しい1年を迎えられることを喜べぶ気持ちを
忘れないでいたいと思います。

2020年は多くの方の支援や応援があって乗り越えられた
NICU・新生児病棟だと思います。緊急事態宣言の頃のNICUの
報道が以下です。この時の多くの方々の厚意への感謝や
心折れず頑張ろうという想いは来年も持ち続けたいと思えます。

上記、改めて今年の最後に多くの方にご覧いただければと
思えます。

先輩家族、地域の皆様、このブログを読んでくださる
全国の皆様などからたくさんの応援に感謝でしたが、
看護師さん達のご家族からのご寄付やメッセージも多かった
1年でした。看護師さんのご家族も新型コロナ禍の働き続ける
看護師さんを心配しながら、見守ってくれているのだとすごく感じました。
一人一人が大切な存在でそれぞれを
大切にお預かりする気持ちでいたいと思えてました。

支援してくださった看護師さんのご家族にお礼のつもりで
娘さん達の頑張りをこのブログでお伝えできたらと思えています。

クリスマスのときの下記の写真。
NICUの雰囲気が出ている写真だなと思えています。
コロナ禍でも子供達に微笑む気持ちを忘れずにいられたらと
思えた写真です。
スライド1
緊急事態宣言の時にたくさんの物資を届けてくださった
看護師さんのお父さん、お会いしたことはないけど、
見てくれたら喜んでくれるかなと思いながら掲載しました。

看護師さんからお父さんがすごく喜んでいた
と伝えてもらえて自分もお礼ができたと思えていました。

スライド5
NICU・新生児病棟で過ごす赤ちゃん・ご家族・スタッフを
応援してくださる人達がたくさんいるのを改めて実感した
1年でした。NICUや新生児病棟に籠城しているような気分に
なることがありますが、
スライド4
援軍なき孤独な籠城ではないと
思えています。

自分はこの年末年始は、一念発起して取り組んでいることがあります。
出かけられない、人に会いづらい日々だからこそ、できることを
取り組むことに決めました。PCに向き合い続けております。
今だからこそ、明日何か起きるかもしれないと思うからこそ
先延ばしにしがちだったことを見直し、
今できることを日々とりんでいけたらと思えます。

大晦日の夜も、コウノドリで出会えて幸せだった星野源さんの勇姿と
玉置浩二さんの田園を楽しみにしながら、自分も取り組んでいることを
続けたいと思えます。


今年も1年間、このブログに心寄せてくださった皆様、
ありがとうございます。来年もお互いにそれぞれの場所で
それぞれの生きる役目を果たしながら頑張っていけたら、
応援し合えたらと願っております。


ブログのコメント欄への投稿はメールアドレスやパスワードなどなしで
ニックネームとメッセージだけで簡単に投稿できます。
お気軽にメッセージなどお寄せくだされば幸いです。


ご意見・ご感想・
下記への寄付応援など大歓迎です。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「新生児科」、「NICU・新生児病棟」など応援したい診療科や部署に指定の上、ご寄付いただければ使い道を各現場で決められるのでありがたいです。

スライド1

神奈川県立病院小児医療基金への25件の新生児科指定寄付に感謝。。。


こちらは故郷納税のように税控除の対象になります。
1000円からご寄付可能です。

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」など応援したい診療科や部署に指定の上、ご寄付いただければ使い道を各現場で決められるのでありがたいです。
(指定寄付でないと寄付があったことも存じ上げることができないので
是非、指定寄付をお願いしたいです)

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」に指定いただければ、
今はコロナウィルス対応、その先には
新しいNICUでの患者家族のアメニィテイーの向上、
NICU卒業生の支援のための情報提供のリーフレットや育児応援アプリの開発、
NICUでのより良い診療のための研究開発、人財育成
などに活用させていただく所存です。

寄附の使途内容などはこのブログを通じて引き続き報告させていただきます。

今後とも多くの皆様に共に赤ちゃんとご家族のために
より良い医療を探していく応援をいただければ心強いです。


下記、こども医療センター新生児科が関わっている書籍などです。

関連記事
Posted byNICUサポートプロジェクト

Comments 4

There are no comments yet.
no name  

今年、こちらの勉強会のページをFacebookで見つけました。産まれた命に懸命に向き合う姿の中に、温かさを文面、映像、写真から感じていました。私も、乳幼児に関わる仕事をしています。みなさんの上げられている写真等の姿に文章に学んでいます。それぞれの場所で生きる役目、心にグッと響きました。ありがとうございます。

  • 2020/12/31 (Thu) 22:06
  • REPLY
NICUサポートプロジェクト
no name  
To no nameさん

To no nameさん、素敵なメッセージありがとうございます。今年も、役目は違えど、お互い、それぞれの場所で未来を生きるこども達のために頑張っていけるといいですね。今後ともメッセージなどお寄せくだされば心強いです。ありがとうございました。

  • 2021/01/01 (Fri) 21:50
  • REPLY
3kidsmama  
No title

明けましておめでとうございます。
年末に本を購入し、先ほど子供が寝てから一気に読み終えました。
実は昨年、私の甥っ子がそちらのNICUでお世話になり、とても素敵な先生、看護師さんがたくさんいたっとお聞きしていました。
そして私も昨年別の病院で産んだ第三子が心疾患があったため、NICUではありませんが神奈川こども医療でお世話になっております。
命の授業を初めて知り、こんな素敵な考えをお持ちで、世間に広めようと活動されている先生がいるんだなっと感動しました。
私も横浜市で育ったのに、この授業に出逢えないで大人になってしまったことが悔しいです!!
是非我が子たちが大きくなったときには聞いてもらいたいです!!
病気や障害を持った子供を育てているから、本当に本当にこの本に希望を感じました。
素敵な本を1年の始まりに読めたので、いい1年になりそうです。
これからも応援しています。

  • 2021/01/01 (Fri) 23:32
  • REPLY
NICUサポートプロジェクト
豊島  
To 3kidsmamaさん

To 3kidsmamaさん、「NICU命の授業」のご感想をお寄せくださり、大変心強く感じました。
<希望>を感じたと伝えてくださり嬉しく感じましたし、こういう感想を伝え合うことが広がることが街の中でのお互いの生きづらさの緩和になるのではないかと思えています。ですから、感想に感謝でした。これからもご感想、ご経験などお寄せくだされば幸いです。ありがとうございました。

  • 2021/01/04 (Mon) 09:58
  • REPLY