ご縁に感謝:相川七瀬さんのNICU・新生児病棟へのクリスマスプレゼント!

2年前の12月23日は改築工事しながらの
旧NICUに相川七瀬さんがきて下記のサプライズコンサートでした。



そして1年前の12月23日は
リニューアルオープンした間もないNICUにも来てくださり、
クリスマスコンサートでした。
スライド02



スライド1
2年前、昨年のコンサートの写真を見ると
今は考えられない気がする人と人の距離感、マスクなしの
笑顔の素敵さに今を改めて切なく感じます。

でも、相川七瀬さん、今年もこども医療センターNICUで
頑張る赤ちゃん・ご家族・医療者を気遣ってくださり、
今年も12月23日の本日、こども医療センターに訪問くださいました。

スライド6
NICUや・新生児病棟には入れなくても
今年のNICUや新生児病棟でクリスマスを迎える赤ちゃんとそのご家族に
クリスマスプレゼントを
届けたいという「覚えてくださっている」ことに感謝感動のご訪問でした。
猪谷院長、NICUと新生児病棟の看護師長さんとプレゼントを
受け取らせていただきました。

普段でも大変さがあるNICUや新生児病棟が
新型コロナウィルスだと大変さが増しているだろうと
心配していたという言葉にご縁に感謝でした。

スライド7
NICU・新生児病棟の赤ちゃん達のご家族に
新型コロナ禍の今年だからこそに感じる
お気遣いを感じるプレゼントに涙がこみあげました。

新型コロナ禍でNICUや新生児病棟に籠城している
ような気持ちになる今年ですが、心寄せてくださる相川さんの
言葉や微笑みに心励まされました。

自分、気持ちがしんどくなっていた頃に
の動画を拝見して、
自然の中で、夕陽の沈む中、
歌う相川七瀬さんが神々しく、
「恋心」「SWEET EMOTION」「夢見る少女じゃいられない」
など、相川さんが人生を歩むなかで進化している曲に感じ、
勇気をもらったということや25周年のお祝いを
直接お伝えできて嬉しく感じました。

伝え忘れてしまったのは
赤ちゃんとママ社の方々が駄目もとでお願いしたら
快諾だったという事後報告に感謝が大きかった

117389102_3292732217476878_549946537347190882_o.jpg

の中で
に相川さんがメッセージを掲載してくださったことでした。
次に会ったときに改めてお礼を伝えられたらと思います。

医療もコンサートなども大変さがある今、
頑張っているのは自分達だけでもないし、応援してくれる人達もいる、
そして、コロナだからこそ取り組めた新しいこともあるし、
ありがたさに気づけたこともあるし、コロナ収束したら
嬉しいだろうと思えることもあるはず。
スライド7
それぞれの場所でがんばれたらという気持ちになれた
相川さんとの再会でした。

スライド8
コロナの中で国内留学を開始し、コロナの中で
国内留学の終了が迫る渡邊先生には、コロナ収束後の
相川さんのコンサートが開催できる頃にはきっと
横浜にはいないだろと写真係をお願いしつつ
相川さんに励ましてもらっていましたね。

スライド1
ベイリーがお空に還ったことに
心寄せてくださり、
スライド9

アニーと現在トレーニング中の
ファシリティードックを応援してくださり嬉しく感じました。

スライド16
相川さんからのクリスマスプレゼントは

スライド4
本日はNICU病棟のコンサートの後に

スライド14

担当医をしているメンバーが入院中のご家族に
プレゼントして回ってくれていました。

スライド09
昨年、相川さんとの出会いが嬉しかった
ゆめちゃんとママさん。

スライド12

今年も相川さんからの励ましを受けとってくれて
感動してくれてました。

スライド4
明日は新生児病棟で14時から開催のコンサート終了後に
相川さんからいただいたプレゼント配布します。

NICUにも季節はあることを一緒に感じる本日で
相川さんに改めて感謝でした。



ご意見・ご感想・
下記への寄付応援など大歓迎です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「新生児科」、「NICU・新生児病棟」など応援したい診療科や部署に指定の上、ご寄付いただければ使い道を各現場で決められるのでありがたいです。

こちらは故郷納税のように税控除の対象になります。
1000円からご寄付可能です。

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」など応援したい診療科や部署に指定の上、ご寄付いただければ使い道を各現場で決められるのでありがたいです。
(指定寄付でないと寄付があったことも存じ上げることができないので
是非、指定寄付をお願いしたいです)

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」に指定いただければ、
今はコロナウィルス対応、その先には
新しいNICUでの患者家族のアメニィテイーの向上、
NICU卒業生の支援のための情報提供のリーフレットや育児応援アプリの開発、
NICUでのより良い診療のための研究開発、人財育成
などに活用させていただく所存です。

スライド1

かながわ県立病院小児医療基金に感謝。。。


寄附の使途内容などはこのブログを通じて引き続き報告させていただきます。

今後とも多くの皆様に共に赤ちゃんとご家族のために
より良い医療を探していく応援をいただければ心強いです。


下記、こども医療センター新生児科が関わっている書籍などです。

関連記事
Posted byNICUサポートプロジェクト

Comments 0

There are no comments yet.