緊急事態宣言のNICUで皆で見守った赤ちゃんの今。。。(新生児の3次元エコーやスペックルトラッキングのススメ)

スライド1
コロナがどんどん身近に迫っているのを感じる横浜ですが新しい
週の始まりです。外来フロアで出会ったのはゆめかちゃんのご家族です。
理学療法を受けにきていたということですね。

クルーズ船に脅威を感じていた頃に
NICUにきたゆめかちゃんご家族。
入院当時のことは以下にもメッセージくださいました。

スライド1

可愛い女性になってくれたら。。。:NICU寄附への想い28


10ヶ月の誕生日を迎えたということを聞き、
感慨深く感じました。新型コロナと共にNICUに入院して、
緊急事態宣言の頃のNICUや新生児病棟で過ごし、皆で
見守らせていただいたご家族の10ヶ月先の未来に遭遇して
勇気をもらった気がします。

NICU・新生児病棟を卒業した日のことも思い出し、
スライド4
新型コロナ禍の中で、ご両親が全身全霊で応援しているのを
感じるゆめかちゃんのご成長に会えて希望をもらいました。

多くのスタッフに伝えたい再会でした。

スライド1
本日もたくさんのご入院がありました。胎児診断で院内でご出生される
赤ちゃん達、
スライド2
そして、神奈川県の他のNICUとの連携の心強さを感じながら、
お引越ししてくださる赤ちゃんとご家族の診療を引継ぎさせて
いただいてもいます。

スライド3

みんなで智恵を出し合いながら
自分たちの役目を考えて
診療方法をみんなで考えてもいました。

スライド1

合間で立ち寄ったゆめちゃん、ご寄付で購入できた
寄付で購入した新生児用の椅子、シュクレNがお気に入りですね。
ご機嫌な笑顔を向けてくれて嬉しい本日でした。

スライド6
大山先生、斎藤先生、山口直人先生に続いて四人目の
資格試験に合格したという報告をしてくれた勝又先生。
忙しい中で、受験勉強して資格をお取りになった
ことを讃えたい気持ちでした。


スライド2
野口先生、下風先生、福田先生で呼吸機能検査をしている
場面です。



今年、上記の研究論文を発表しましたが、
経験的に人工呼吸器モードを試行錯誤でなく、
赤ちゃんのコンプライアンスや気道抵抗などの呼吸機能を
調べた上でテーラーメイドな呼吸器管理を目指しています。

あっという間に夜が来ましたが、今晩は
スライド12
3次元エコー検査やスペックルトラッキング法の入門の勉強会でした。

エコー本表紙
入門の勉強会でした。にも3次元エコーや
スペックルトラッキング法について書きましたが、
スライド8
今、研修医の世代の先生達にこういう技術を身近に感じて
もらえたらと思っての企画した勉強会です。

スライド9
Philips社の方々に協力してもらいながら、
新しい技術などの
スライド11
使い方を実践的に伝えられたらと思えました。
スライド10
機械は進化しているのに、自分達は20年前から続くような
ことしかしなければ医療は進化しない。

スライド13
新しい技術の可能性や
使い道を後輩世代の先生達に考えてもらいたい自分です。

スライド17
入院中の患者さんを新しい技術で検査能力が向上したり
より短時間で検査を終了できないかを体感する勉強会でした。

スライド15
昨年のウィッシュリストやご寄付で整備した
ポケトークをNICUや新生児病棟で活用することが増えてきました。
スライド16
夜の新生児病棟でポケトークを使いながら想いを伝え
ようとしている看護師さんを素敵に思えました。
言語の違いを超えて赤ちゃんとご家族に
声かけしたいし応援したい、プレゼントや寄付してくださった
皆様に皆で感謝しながら活用しています。

スライド18
夜、3次元エコーやスペックルトラッキング法の解析を
していると通りかかる後輩世代の先生達が所見を
聞いてくださいますね。

スライド19
新しい技術を使うと今までは気付けなかったことが
わかることを解説しています。

img_1_m-15.jpeg

NICUにおける心エコー検査に基づく循環管理 (Fetal & Neonatal Medicine 2018年8月)

で夢を語りましたが、具現化しつつあるいまだからこそ、
NICU心エコーらぼで後輩世代の育成や研究などにも
みんなで頑張っていけたらと思いながら新しい1週間の始まりでした。

新型コロナ禍の不安で心が立ち止まらないように、
希望を忘れずに毎日を大切に過ごしていけたらと思えます。

 


ご意見・ご感想・
下記への寄付応援など大歓迎です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「新生児科」、「NICU・新生児病棟」など応援したい診療科や部署に指定の上、ご寄付いただければ使い道を各現場で決められるのでありがたいです。

こちらは故郷納税のように税控除の対象になります。
1000円からご寄付可能です。

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」など応援したい診療科や部署に指定の上、ご寄付いただければ使い道を各現場で決められるのでありがたいです。
(指定寄付でないと寄付があったことも存じ上げることができないので
是非、指定寄付をお願いしたいです)

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」に指定いただければ、
今はコロナウィルス対応、その先には
新しいNICUでの患者家族のアメニィテイーの向上、
NICU卒業生の支援のための情報提供のリーフレットや育児応援アプリの開発、
NICUでのより良い診療のための研究開発、人財育成
などに活用させていただく所存です。

スライド1

かながわ県立病院小児医療基金に感謝。。。


寄附の使途内容などはこのブログを通じて引き続き報告させていただきます。

今後とも多くの皆様に共に赤ちゃんとご家族のために
より良い医療を探していく応援をいただければ心強いです。


下記、こども医療センター新生児科が関わっている書籍などです。

関連記事
Posted byNICUサポートプロジェクト

Comments 2

There are no comments yet.
夢叶のママ  

豊島先生、早速載せて頂きありがとうございます。

退院して半年が経ちましたがお陰様ですくすく育っています。
豊島先生にはなかなかお会いできていなかったので昨日は偶然お会いできて嬉しかったです。
沢山の患者さんがいる中で主人の仕事も覚えてくださっていてすごいなぁと思いました。

夢叶がNICUに入院中、このブログで小さく産まれても元気に成長している子供達を見てすごく励まされていました。
夢叶も今頑張っている子達を励ませる存在になってくれたらいいなと思います。
実は夢叶という名前もそんな思いも込めてつけた名前です(^^)

これからもこのブログを見るの(と載せてもらうの笑)を楽しみにしています。

  • 2020/12/22 (Tue) 19:14
  • REPLY
NICUサポートプロジェクト
豊島  
To 夢叶のママさん

To 夢叶のママさん、メッセージありがとうございました。ブログを見るの(と載せてもらうの笑)を楽しみと伝えてくださり感謝です。新型コロナ禍でも力強く成長していく子供達、ご両親の笑顔は自分たちの<希望>です。お会いして心励まされました。また、お会いする日を楽しみにしていますね。

  • 2020/12/23 (Wed) 18:18
  • REPLY