「私達の希望」を見失わずにいたい。。。

本日のニュース。
神奈川県も過去最多ですね。街の中でも、
予定があったことも、コロナ感染者の発生などで
相談して予定変更することが出てきました。

スライド03


2月の横浜港のクルーズ船以来、10ヶ月、
NICUの赤ちゃん・ご家族・スタッフにもコロナ感染が
出ることも時間の問題かなと思えています。


感染対策をみんなでしっかりしながら、誰かが感染していたらいたで
濃厚接触者にならないようにお互いに気をつけていけたらと思えます。
4月の頃に書いた上記のブログ記事改めて読んでもらえたらと思えます。

昨晩は夜、ニュースを見ていたら

夜のニュースを何気なくかけていたら、聞き覚えのある声に驚きました。
稲垣先生とジュニアレジデント(後期研修医)の同期、NICUでも長く研修していた池田早希先生
(https://nicu25.blog.fc2.com/blog-entry-...

神奈川県立こども医療センター新生児科勉強会さんの投稿 2020年12月16日水曜日
上記のニュースを偶然拝見しました。

池田先生、米国で感染症専門の小児科医になりたい
という夢を語りつつ、繰り返しNICU研修をしてくれていました。


NICUの卒業を見守る(2015年3月)

5年後の未来が今です。
img_04e4a0993e5bddf3527e0f1446445399596566.jpg
池田先生が夢を叶え、米国の小児病院で働きつつ、
コロナ予防接種を受ける様子の報道。

日本に
向けてコロナワクチンについて
「このワクチンは私達の希望だと思う」と語ってくれる
395742.jpg
上記のニュースに心励まされる気がしました。

<希望>を見失わず、日々を過ごしていけたらと思えました。

スライド2
池田先生とジュニアレジデント同期の稲垣先生に
ニュース動画を伝えて一緒に改めて見た本日です。
集中治療科の山田先生と共に
自分が新生児科部長になる前に最後に指導医をしたジュニアレジデント達です。

後期研修医を終えての池田先生、山田先生、稲垣先生のこの5年間のそれぞれの
頑張りや医師としての活躍に<希望>を改めて感じる気がします。心強い後輩世代
の先生方がいることは<希望>なんだとも改めて思えました。

スライド1
目の前の赤ちゃんに微笑み、いつも穏やかに感じる
NICU/新生児病棟の看護師さん達の存在にも心強く感じます。
目の前のことに集中していけたらと思えます。

人はどんな事情や状況の中でも<希望>を見出せるのかもしれない
ということをNICUで出会った多くの方々から気づかせてもらいました。
<喜び>や<楽しさ>や<奇跡>は気づける人のところに
起きるとも感じてきました。

新型コロナが迫ってくるのを用心しながらも
日々、自分たちができることを続けていけたらと思えます。

本日も、お読みくださった方、それぞれに
お疲れ様でした。明日もそれぞれの役目を頑張って
生きていきましょう。


ご意見・ご感想・
下記への寄付応援など大歓迎です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「新生児科」、「NICU・新生児病棟」など応援したい診療科や部署に指定の上、ご寄付いただければ使い道を各現場で決められるのでありがたいです。

こちらは故郷納税のように税控除の対象になります。
1000円からご寄付可能です。

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」など応援したい診療科や部署に指定の上、ご寄付いただければ使い道を各現場で決められるのでありがたいです。
(指定寄付でないと寄付があったことも存じ上げることができないので
是非、指定寄付をお願いしたいです)

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」に指定いただければ、
今はコロナウィルス対応、その先には
新しいNICUでの患者家族のアメニィテイーの向上、
NICU卒業生の支援のための情報提供のリーフレットや育児応援アプリの開発、
NICUでのより良い診療のための研究開発、人財育成
などに活用させていただく所存です。
スライド1

神奈川県立病院小児医療基金への25件の新生児科指定寄付に感謝。。。


寄附の使途内容などはこのブログを通じて引き続き報告させていただきます。

今後とも多くの皆様に共に赤ちゃんとご家族のために
より良い医療を探していく応援をいただければ心強いです。


下記、こども医療センター新生児科が関わっている書籍などです。



関連記事
Posted byNICUサポートプロジェクト

Comments 0

There are no comments yet.