We are good familyなNICU・新生児病棟・フォローアップ外来を目指したい (ヨン様に応援してもらった女の子の11年後)

下記のツィート、

本日で15万人の方に拡散されている
ということにリツィートしてくださった皆様それぞれに感謝です。

スライド5
クリスマスが近づくこども医療センターです。

先週のフォローアップ外来に来てくださっていたのは

2010年の女性自身の記事に登場していたちーちゃん。
4ヶ月以上早産でした。


NICU卒業間際の時にぺ・ヨンジュンさんに励まして
もらっていた赤ちゃんの11年後の未来が今です。

スライド1
11歳になりました。ママさん、聴覚がすごくよくて
肺が弱かったはずの子が、トランペット拭いたり、落語を
耳で聞いて覚えちゃったりできると伝えてくれて嬉しく感じました。

漢字が少し苦手だけど、
<常用漢字筆順アプリ>を使っていてすごくいいと
ママさんとちいちゃんで教えてくれました。

ちいちゃんご家族の11年を讃えたい気持ちでした。

昨年は
スライド4
でNICU里帰り訪問してくれたひよりちゃん。

スライド2
今年もフォローアップ外来に来てくれていました
10歳おめでとうとお伝えしました。
手芸クラブで頑張っているし、剣道をやりたいと
いう気持ちを伝えてくれたひよりちゃん。

スライド3
ママさんもこども医療センターの患者さんだったし、
妹さんもNICUに少し来ていましたね。
ママさんが出産する時に、ママさんの担当医が心配で
NICUに来てくれていたのを思い出します。
こども医療センターの存在する意味を気づかせてくださった
気がするご家族です。ご家族の応援をしていけたらと思えています。

スライド6
本日の新生児病棟からご卒業になったのは
スライド1
ここねちゃんです。4ヶ月以上早産、400g台で生まれた
ここねちゃん、切迫早産でお母さんのお腹の中にいる時から
ご家族にお話しさせていただいておりました。
毎晩、ご両親でここねちゃんを応援していたご両親、
ご卒業を祝いたい気持ちでした。

スライド2
新生児病棟でも多くのスタッフが卒業へのお祝いを伝えていましたね。

スライド27
NICUと新生児病棟は今でも1つのチームと思っている
自分です。同じ入り口であり、出口であり、境目のところ
でNICUと新生児病棟のスタッフがそれぞれ、別れとお祝いを
告げている光景を素敵に思えていました。

スライド23
抱っこさせてくださいと言い、嬉しそうな看護師さん達。

スライド25
パーカーの背中にNICU卒業生のご家族が提案してくれた
We are good familyのパーカーの言葉につながるNICUや
新生児病棟に心強いスタッフがたくさん増えてくれている気がしました。

離れていても応援していたいという気持ちが伝わってきました。

スライド22
看護師さんまでお礼に頭を上げていましたが
スライド20
スライド21
多くの方に可愛がられていたことを
いつかここねちゃんが知ってくれたらと思えました。

スライド19
ブログに出てもいいと伝えてくださり、林先生の
喋らずマスク一瞬外して写真撮ってもらってもいいですか?
という言葉、喜んでくれるご両親。NICUと新生児病棟の卒業写真でした。

ここねちゃんご家族の皆様、登場してくださりありがとうございます。

NICU入院中、退院後でもブログ出てもいいかなと
思えるご家族にお気軽にお声かけくださればお写真撮らせていただきます。


NICUの退院はご家族のスタート、
NICU卒業生のフォローアップ外来でまた、再会できる日を
楽しみにしています。

スライド28
ここねちゃんの卒業を祝いつつ、昔のここねちゃんのように
今、保育器の中で頑張る赤ちゃんとそのご家族を応援して
いられたらと思えました。
お読みくださった皆様に日々感謝です。

明日もそれぞれの場所でそれぞれの役目を
果たしつつ、頑張って生きてきましょう。

ご意見・ご感想・
下記への寄付応援など大歓迎です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「新生児科」、「NICU・新生児病棟」など応援したい診療科や部署に指定の上、ご寄付いただければ使い道を各現場で決められるのでありがたいです。

こちらは故郷納税のように税控除の対象になります。
1000円からご寄付可能です。

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」など応援したい診療科や部署に指定の上、ご寄付いただければ使い道を各現場で決められるのでありがたいです。
(指定寄付でないと寄付があったことも存じ上げることができないので
是非、指定寄付をお願いしたいです)

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」に指定いただければ、
今はコロナウィルス対応、その先には
新しいNICUでの患者家族のアメニィテイーの向上、
NICU卒業生の支援のための情報提供のリーフレットや育児応援アプリの開発、
NICUでのより良い診療のための研究開発、人財育成
などに活用させていただく所存です。

スライド1

かながわ県立病院小児医療基金に感謝。。。


寄附の使途内容などはこのブログを通じて引き続き報告させていただきます。

今後とも多くの皆様に共に赤ちゃんとご家族のために
より良い医療を探していく応援をいただければ心強いです。


下記、こども医療センター新生児科が関わっている書籍などです。



関連記事
Posted byNICUサポートプロジェクト

Comments 0

There are no comments yet.