ウィシュリストの拡散に感謝:温かさがあるNICUを目指したい。。。

先週公開のこども医療センターウィッシュリスト、
金曜日夕方までに早速5件のプレゼントが届いたとお聞きして
こども医療センターホームページで見つけてくださった方に感謝です。

そして、今年も土曜日に以下で広報させていただきました。
//////
........
たくさんの方がリツィートしてくださり、
週末で8万人を超える方々がみてくれたとのこと、広報してくださり感謝です。
それぞれをサンタさんのように思い感動でした。


引き続き、上記を共に広報いただければ心強いです。


スライド02
クリスマスの準備が進む横浜の弘明寺商店街です。

スライド12スライド11スライド09
素敵な橋のイルミネーションに心癒されます。

スライド01
ここから車で10分のところにあるこども医療センターです。

スライド03
紅葉が綺麗に思える冬の到来を感じます。
いつも通りに、休日であろうと誰かが守ってくれています。

先週のこども医療センター、
スライド06
生理検査室の技師さん達とどうやったら
3次元エコーで心臓の構造を可視化して
より的確な診断をできるかを目指しています。

スライド07
最近、自分は2次元エコーと3次元エコーで
心筋の小斑点(スペックル)を追跡(トラッキング)することで
心機能を瞬時かつ半自動で解析できることを後輩世代の先生方と
一緒に取り組んでいます。

技術革新している超音波検査機器の使い勝手、
成人と同じように使えるのか? どういうときに変な数値がでるか?
どんな風にすると正確に計測されるかをずっと確かめています。

20年間取り組んできたようなことを現在の医療機器なら、
より簡単にできる気がして診療の合間は全て、このことに
時間を使っている気がします。

スライド05

様々な医療機械が技術進化しています。
後輩世代の先生方をみていても機械から伝えてくれる数字などが
すごくあてにしているし、エコーですら、人の技術、うまい下手で
ない時代がくるかもしれない。診察などの能力やレントゲンなどの
必死に診る医療ではなくなっていく時代の流れを感じたりもします。

後輩世代の先生方にAIに負けない、AIではできないことを
人間として身につけていく必要があるねと話すと横で聞いていた
看護師さん。

「私たちはAIになんて、負けない気がする。
温かみのある抱っこができるから。。。」
と笑顔で伝えてくれたときに
「その通り」だと思えました。

診断や治療に様々な科学技術を導入してその情報を使いこなせる
NICUを目指したいけど。
泣いている赤ちゃん、治療に伴う苦痛に向き合う赤ちゃん、
不安や戸惑いのご家族に心寄せられるのは<人間>だからこそ
な気がしました。


スライド08
夜のNICU、保育器の中をママさん、パパさん、NICUスタッフで
1日無事だったことを讃え合う場面が素敵に思えました。

機械化が進むNICUだからこそ、人間の温かさもある
NICUスタッフをみんなで目指していけたらと思えました。

お読みくださった皆様に日々感謝です。
新しい週もそれぞれの場所でそれぞれの役目を
果たしつつ、頑張って生きてきましょう。

ご意見・ご感想・
下記への寄付応援など大歓迎です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「新生児科」、「NICU・新生児病棟」など応援したい診療科や部署に指定の上、ご寄付いただければ使い道を各現場で決められるのでありがたいです。

こちらは故郷納税のように税控除の対象になります。
1000円からご寄付可能です。

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」など応援したい診療科や部署に指定の上、ご寄付いただければ使い道を各現場で決められるのでありがたいです。
(指定寄付でないと寄付があったことも存じ上げることができないので
是非、指定寄付をお願いしたいです)

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」に指定いただければ、
今はコロナウィルス対応、その先には
新しいNICUでの患者家族のアメニィテイーの向上、
NICU卒業生の支援のための情報提供のリーフレットや育児応援アプリの開発、
NICUでのより良い診療のための研究開発、人財育成
などに活用させていただく所存です。

スライド1

かながわ県立病院小児医療基金に感謝。。。


寄附の使途内容などはこのブログを通じて引き続き報告させていただきます。

今後とも多くの皆様に共に赤ちゃんとご家族のために
より良い医療を探していく応援をいただければ心強いです。


下記、こども医療センター新生児科が関わっている書籍などです。


関連記事
Posted byNICUサポートプロジェクト

Comments 2

There are no comments yet.
さかなつき  
No title

新生児科医を目指している中学2年生です。普段先生のブログを拝見していますが、初めてコメントさせていただきます。
医療現場もAIに仕事を奪われる、と時々耳にするので、少々不安なこともありますが、現場の先生方がこのようなことを言ってくださると本当に励まされます。
私も安心感で赤ちゃんやご家族を包めるようなそんな新生児科医になりたいです。

  • 2020/12/14 (Mon) 00:03
  • REPLY
NICUサポートプロジェクト
豊島  
To さかなつきさん

To さかなつきさん、メッセージ嬉しく感じました。ブログを普段から見てくださり、新生児科医を目指してくださり嬉しいです。人間にしかできないことは必ずあると信じています。AIなどと協力しながらより人間の心に心寄せられる新生児科医が必要なのかもしれませんね。勉強頑張ってくださいね。NICUから応援しています。

  • 2020/12/15 (Tue) 18:41
  • REPLY