発売から1ヶ月半で重版出来決定に感謝:新生児の心エコー入門: 超音波検査にもとづくNICU循環管理のススメ

スライド26
昼間は産院で相談になりそうなご家族のために立ち会い分娩、
迎え搬送に向かう新生児科です。生まれた後に搬送するよりは
なるべく母体搬送で生まれた直後からご家族と引き離さずに
かつ集中治療を始めたいと私たちです。

スライド14
先週のNICU、夜も新生児科・麻酔科・外科の先生と
協力して赤ちゃんの診療をしています。

スライド16
診療・検査の後、NICUに立ち寄ってくれた
検査技師さんです。この週にとった3次元エコーの
画像分析を一緒にしてくれています。
スライド17
上記の写真の右図は心房中隔に台形の心臓中隔欠損(卵円孔)が
開存しているのを右房側から直視したような3次元エコー図です。
卵円孔などの形態や大きさをしっかり把握することは左房圧の上昇に
気づくために大切かなと試行錯誤してなかなかできていなかったのですが
技術革新と
検査技師さんに教えて貰った方法で夜に出せるような画像です。

「3Dエコー、上達している」と実感した先週です。

スライド18
身につけたことを3次元エコーなどを身につけようとして
くれている青木先生、すぐさま伝授しました。

20年間取り組んできたことを下記の本に
まとめさせてもらった今年度でしたが、発売1ヶ月半で
在庫わずかになりつつあり、驚きの重版出来の相談のご連絡を
受けました。

エコー本表紙

購入したいと思ってくださった皆様に感謝しつつ、
数年後の改訂版に向けて自分もこの本の先を目指していけたらと
思えています。

本を書き残したからこそ
読んでくださった後輩世代の先生方と
この本の先を一緒に目指せたらと思えています。


を後輩世代の先生方と具現化していけたらと思えます。

帰り道に開店の
この日も吸い込まれました。

スライド30
この日は特製濃厚渡蟹蕎麦に挑みました。
煮干蕎麦よりは海老蕎麦、
海老よりも牡蠣蕎麦に惹かれた自分でしたが、
渡蟹蕎麦もまた違った美味しさを感じました。

入院中の家族、「もう一度、ラーメン食べたいなあ」
という言葉、様々なラーメン屋の味を語ってくれる姿に
ラーメンは人生を彩る記憶になるのだと実感しています。
ラーメンを美味しいと思える今を大切にしたいと
思えたりしています。




ご意見・ご感想・
下記への寄付応援など大歓迎です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「新生児科」、「NICU・新生児病棟」など応援したい診療科や部署に指定の上、ご寄付いただければ使い道を各現場で決められるのでありがたいです。

こちらは故郷納税のように税控除の対象になります。
1000円からご寄付可能です。

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」など応援したい診療科や部署に指定の上、ご寄付いただければ使い道を各現場で決められるのでありがたいです。
(指定寄付でないと寄付があったことも存じ上げることができないので
是非、指定寄付をお願いしたいです)

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」に指定いただければ、
今はコロナウィルス対応、その先には
新しいNICUでの患者家族のアメニィテイーの向上、
NICU卒業生の支援のための情報提供のリーフレットや育児応援アプリの開発、
NICUでのより良い診療のための研究開発、人財育成
などに活用させていただく所存です。

スライド1

かながわ県立病院小児医療基金に感謝。。。


寄附の使途内容などはこのブログを通じて引き続き報告させていただきます。

今後とも多くの皆様に共に赤ちゃんとご家族のために
より良い医療を探していく応援をいただければ心強いです。


下記、こども医療センター新生児科が関わっている書籍などです。


関連記事
Posted byNICUサポートプロジェクト

Comments 0

There are no comments yet.