涙と微笑みと共に心温かさを感じた1日。。。

スライド01
祝日もたくさんの入院がありました。これだけたくさんの入院
があっても「もう無理」にはならない収容力が出て来た
リニューアルオープンしたNICUを実感していました。

スライド1
入院したお子さん達の右室エコーなどを繰り返していた
祝日でした。

にも書き残させていただきましたが、
肺高血圧などの治療を昔より理論的に
できるようになって気がします。

開けて水曜日。
スライド02
朝のNICUの医師・看護師のカンファレンス。
入院中の赤ちゃんとご家族の相談や

スライド02

何度でも繰り返したい時間。。。

のみさちゃんの在宅医療での様子やご家族の言葉などを
みんなでシェアした朝でした。

スライド03
そして新しい1日の始まりでした。
スライド05
手分けしながらそれぞれの担当の赤ちゃんの集中治療を
している後輩世代の先生方、それぞれが心強くなっているのを
実感していました。

スライド08
往診や迎え搬送などもした本日

スライド07
ベッド不足や人手不足、手が回らないとかのいう嘆きは
もうないなと改めて思えていました。

スライド06
入院を断らざるをないことがなくなりつつある、

スライド2
いつ来てもやるべき医療をしっかりできる人財・チーム・ベッド

スライド09
医療機器が充実して来ている気がします。


で青森の網塚先生と一緒に願っていた未来が
来ている気もしました。

スライド1
午後は臨床研究室で臨床研究の準備をしていた自分です。
研究所の皆様と未来の医療を目指した研究の相談をできる時間も
心強く感じます。

夕方は事務系職員が準備してくださった
病院全体で大切に感じている慰霊式・遺族会の日です。
スライド11
コロナ感染症対策も大切ですが、この会も感染対策しながらでも
いつも通りやろうとした事務系職員・緩和ケア普及室の皆様に
感謝を感じた会でした。

今年1年、こども医療センター・お家・お腹の中で
天に還られた92の命のみんなで心寄せ、讃え、冥福を祈る
時間でした。

コロナ感染症の心配中でもたくさんのご家族が参列されていました。
NICUからも医師・看護師で参加して来ました。

スライド15
会の後に言葉を交わせて、当時を一緒に想い出しながら
その後のご家族の想い、街での支えてくれる人たちとの日々を
伝えてもらえて様々な気づきをいただきました。
お子さんが地上に遺して行ったことをシェアさせてもらい
赤ちゃん達のこともご家族の日々も讃えたい気持ちでした。

言葉を交わせなかったご家族もいたのですがお顔を拝見できて
心温かく感じてもしました。

スライド24

悲しみも喜びも心寄せていたい。。。

以来のこはるちゃんご家族、

スライド5

再会の笑顔に感動(2020年2月)

こはるちゃんと双子のように並んでいたあおいちゃんご家族。

スライド14

それぞれと涙を浮かべながらの優しい笑顔に

再会できて嬉しく思えていました。

スライド12
あおいちゃんご家族、アルバムを勝又先生に手渡してくれていましたね。
また、改めて掲載させてもらいたいと思えます。

スライド15

ご縁や想いを大切に紡ぐ。。。

つむぎちゃん、ご家族も来てくださっていました。

でプレゼントしてくれたつむぎちゃんのこども医療センターの
日々の続き、
スライド13
小田原に戻ってからの日々のアルバムをプレゼントしてくださいました。
こちらも改めて掲載させていただき、みんなでシェアさせて
もらえたらと思えます。

そして、
スライド12

に登場していたことちゃんも慰霊式に

来てくださっていました。

スライド18
亀の池の前で


スライド16
NICUから地域医療を応援していたスタッフと再会して
当時のこと、今の想いをシェアしてもらいました。

スライド17
3人で来てくれたのを感じることちゃんの写真が
すごく可愛らしかったです。

スライド19
慰霊式に来て当時の写真や手紙、
みんなで拝見していた夜でした。

例年は多くのスタッフで参加する慰霊式でしたが
今年はコロナ対策で少人数で参加して、NICUで
留守を守っていたスタッフ達も
スライド20
写真やメッセージなどに皆、感激・感謝の夜でした。
スライド21
NICUでお子さんの人生とともに生きるご家族を
応援していたい気持ちでした。

スライド22
そして、NICUに夜が来ました。
スライド23
今晩も代わる代わる誰かが
夜も赤ちゃんを見守っています。

慰霊式にご参加の皆様、そして見守ってくださっている
皆様、それぞれにありがとうございました。

また、お会いできる日を楽しみにしています。

スライド1


ご意見・ご感想・
下記への寄付応援など大歓迎です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「新生児科」、「NICU・新生児病棟」など応援したい診療科や部署に指定の上、ご寄付いただければ使い道を各現場で決められるのでありがたいです。
こちらは故郷納税のように税控除の対象になります。
1000円からご寄付可能です。

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」など応援したい診療科や部署に指定の上、ご寄付いただければ使い道を各現場で決められるのでありがたいです。

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」に指定いただければ、
今はコロナウィルス対応、その先には
新しいNICUでの患者家族のアメニィテイーの向上、
NICU卒業生の支援のための情報提供のリーフレットや育児応援アプリの開発、
NICUでのより良い診療のための研究開発、人財育成
などに活用させていただく所存です。

スライド1

かながわ県立病院小児医療基金に感謝。。。


寄附の使途内容などはこのブログを通じて引き続き報告させていただきます。

今後とも多くの皆様に共に赤ちゃんとご家族のために
より良い医療を探していく応援をいただければ心強いです。


下記、こども医療センター新生児科が関わっている書籍などです。

関連記事
Posted byNICUサポートプロジェクト

Comments 0

There are no comments yet.