シウマイ弁当リレーと横浜港の花火に心励まされて。。。

スライド03

何度でも繰り返したい時間。。。


「何度でも繰り返したい。。。すごく楽しかった」
というママさんの言葉や
パパさんの
「元気が続いていた気がした。
病気を忘れそうになりながら楽しく過ごしていた。
いつまでも元気でいてほしいと思いながらも明日何か
あってもおかしくないから今日を楽しもうと思えていた」
というパパさんの言葉が胸に残る金曜日の夜。

土曜日は片道3時間弱の旅に出ました。
7月から毎週通っている旅路で慣れて来ました。
スライド01
ルーチンのようにシウマイ弁当を食べています。
エビ・カニ・黒豚と続いた
シウマイ弁当、
スライド02
この日で黒豚最後だなと思いながらいただきました。

7月は閑散としている列車でしたが、段々、混んで来ています。
スライド06
自粛生活が病院とは異なる、街のGo to トラベルの
雰囲気を実感します。猛暑の夏、紅葉の秋、
そして、冬と季節の移りかわる帰り道のバス停でした。

スライド05
大人の病院で患者家族として面会させてもらっています。
新生児医療と老人医療の違いを知ったり、逆に変わらぬ
ことを感じたり、患者家族として病院に通っていて
気づいたこともたくさんある日々です。

「忙しいだろうから、もう毎週来なくてもいい」という言葉に
「具合が悪い時に緊急で何度も呼ばれて、こんなことなら具合がいい時に
会っておけばよかったと思った。
自分のために来ているから
具合が悪くない時は来なくていいと言わなくて
いいよ。と伝えたりしました。

そして、「また、来れる時に来るよ」と言葉を交わして
病院を後にしました。

スライド09
新幹線待つ間、餃子とサイダー、これもルーチンなのか
願掛けなのか続けています。

スライド08
混雑の東京駅を抜けて
スライド10
何の花火だろうと季節の外れの花火を見ながら
弘明寺に戻って来ました。


 神奈川新聞だと上記の動画のように、
「横浜港で31日夜、花火イベント「横浜スパークリングナイト」が開かれた。コロナ禍で落ち込む地元経済の回復を願い、医療従事者への感謝を込めた300発の花火が秋の夜空を彩った。」ということですね。
スライド13
夜のこども医療センター、
留守中のことを聞き、
スライド12
自分もできるお手伝いを赤ちゃん・後輩のスタッフのために
助言しながら
スライド11
こども医療センターを後にしました。

ご意見・ご感想・
下記への寄付応援など大歓迎です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「新生児科」、「NICU・新生児病棟」など応援したい診療科や部署に指定の上、ご寄付いただければ使い道を各現場で決められるのでありがたいです。
こちらは故郷納税のように税控除の対象になります。
1000円からご寄付可能です。

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」など応援したい診療科や部署に指定の上、ご寄付いただければ使い道を各現場で決められるのでありがたいです。

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」に指定いただければ、
今はコロナウィルス対応、その先には
新しいNICUでの患者家族のアメニィテイーの向上、
NICU卒業生の支援のための情報提供のリーフレットや育児応援アプリの開発、
NICUでのより良い診療のための研究開発、人財育成
などに活用させていただく所存です。

スライド1

かながわ県立病院小児医療基金に感謝。。。


寄附の使途内容などはこのブログを通じて引き続き報告させていただきます。

今後とも多くの皆様に共に赤ちゃんとご家族のために
より良い医療を探していく応援をいただければ心強いです。


下記、こども医療センター新生児科が関わっている書籍などです。



関連記事
Posted byNICUサポートプロジェクト

Comments 2

There are no comments yet.
サクチ  

期間限定のシウマイ弁当、いいですね!どれも美味しそうです(*^ω^*)
ご家族との会話や、期せずして医療従事者向けの花火を見られたこと、良いお話だなーと思いました。
花火で少しは疲れが癒されましたでしょうか?
31日はきれいな満月でしたので、「横浜スパークリングナイト」はきっと大成功でしたね。(*^_^*)

  • 2020/11/03 (Tue) 14:46
  • REPLY
NICUサポートプロジェクト
豊島  
To サクチさん

To サクチさん、シウマイ弁当と花火に心寄せてくださりありがとうございます。ご感想お寄せくださり心励まされました。感謝です。

  • 2020/11/06 (Fri) 21:59
  • REPLY