何度でも繰り返したい時間。。。

金曜日は2月以来の東京への出張でした。
夕方、こども医療センターに戻るかどうか迷っていたのですが
戻って来てNICUに顔を出しました。

土日は他県に患者家族としていくつもりだったのですが、
この日、病院に顔を出してよかったと思えました。


スライド11
1日1日を大切に過ごしていきたい。。。
お母さんのお腹の中にいる時から
お誕生を願い、ママさん、パパさん、お姉ちゃんと過ごす
日々を応援させてもらっていたみさちゃんご家族から
NICUの担当医だった勝又先生に
救急外来に家族で受信したいというご連絡があった
からでした。

スライド12
外来で目がぱっちりの写真、見つめてくれた表情をよく覚えている
みさちゃんとご家族です。


勝又先生から連絡があり
スライド01
夜の静かな救急外来に自分も向かいました。

スライド02
NICUの看護師長さんが夜勤のスタッフに声をかけてくれて
代わる代わるみさちゃんに会いきに来ていましたね。
「お姉ちゃんになったね」「可愛くなった」
「髪型は変わらないね」「お姉ちゃんとたくさん遊んでもらった?」
「楽しかった?」「頑張ったね」など口々に声をかけていましたね。

みさちゃんがすごく穏やかで可愛い表情でした。
苦しくなさそうでよかった。。。とも思えていました。

スライド08

笑顔を見て笑顔を身につけていく。。。

でNICU卒業をみんなで見送った日からの
再会に、
スライド03
みさちゃんに声かけながらお家に帰ってからの
ご家族の時間、ママさんやパパさんの言葉をみんなで聞いていました。

「おうちで一緒に入られて楽しかったです」
「今日は4人でドライブに行ってきた。楽しかった」
「元気が無くなった時にカンガルーケアをすると何度も奇跡が
起きて、元気になる気がしました。」
スライド04
お腹の中にいた時に気持ちなどを伝えてくれるママさんとパパさん、
振り返って、「産んでよかった」「生まれてくれてよかった」
という言葉

「何度でも繰り返したい。。。すごく楽しかった」
というママさんの言葉や

パパさんの
「元気が続いていた気がした。
病気を忘れそうになりながら楽しく過ごしていた。
いつまでも元気でいてほしいと思いながらも明日何か
あってもおかしくないから今日を楽しもうと思えていた」
というパパさんの泣き笑いの表情の言葉を
胸に刻んでいたい、この場にいないスタッフたちにも伝えたい
と思えました。

産まれる前から一生懸命考えて、産まれてからも
毎日毎日を大切にご家族でずっと一緒に過ごしていたご家族、
みさちゃんにとって毎日毎日、より良いと思えることを
医療スタッフと話し合いながら考え、伝え、実行して
積み重ねていたママさんやパパさんの優しさや想いを
改めて讃えたいと思えていました。

みさちゃんは素敵なママさん、パパさん、お姉ちゃんの
ところに生まれて来てよかったねと思えたりもしていました。

スライド09
産科の先生や助産師さんたちも代わる代わる救急外来に来て
くれていました。
スライド10
お産でみさちゃんを取り上げてくれた助産師さんもいて、
お産の時のことをママさんとパパさんと振り返っていましたね。
どんなお産だったか? どんな想い出お産を応援していたか?
みさちゃんの誕生を一緒に喜んできた気持ちがよく伝わって来ました。
助産師さんの言葉を聞きながら、みさちゃん、川滝先生の
勉強会の直前に生まれていたから金曜日生まれだったなと
思い出したりしていました。

自分はみさちゃんご家族とこの日会えてよかったなと
思い、この日いなかった母性・NICUスタッフにもみさちゃんご家族の
想いを伝えたいなと思えていました。

スライド12
勝又先生、涙を流しながら大切に抱っこしていましたね。

勝又先生との出会いの頃は
せなくんご家族から頂いた




を共にご家族を支えてくれた小児科病棟に

みてもらおうとお貸ししていた時、そのアルバムを

みて感動して涙が止まらなかったと伝えにきてくれた

のはNICU研修する前の小児科研修医時代でした。

その時の想いを持ち続け、NICUや外来で

みさちゃんご家族に心寄せていた勝又先生と

思えます。



ママさん、お家に帰る前に写真を一緒に撮って欲しい、
一緒に残して欲しいと伝えてくださり、
スライド13
可愛いみさちゃんを大切に抱っこしながら
みんなで一緒にお写真を撮らせていただきました。

何度も何度も頬を寄せるお姉ちゃんの姿に
みさちゃん、お姉ちゃんとたくさん過ごしていたんだねと
思えました。

ご家族の日々に混じらせていただき自分たちも心温かく
感じていました。

スライド14
穏やかに見守ってくれている救急外来の看護師さん達と一緒に
ご家族を見送りました。車の中から手を振り続けてくれるお姉ちゃん
やみさちゃんのママさん、窓から顔を出してくれる表情がすごく
可愛かったみさちゃんに自分たちも手をずっと振っていたい
気持ちでした。

みさちゃんご家族とまた会える日を楽しみにしていたいと
思える夜でした。

スライド15
カンファレンス室に戻って、みさちゃんとご家族のことを
みんなで讃えたい気持ちで言葉を交わしていた夜でした。

スライド16
夜の静かなNICUでスタッフのみさちゃん達との再会への
想いを言葉を聞きながら、翌朝から自分は他県に行かせて
もらいました。
みさちゃんのパパさんの言葉、
「いつまでも元気でいてほしいと思いながらも明日何か
あってもおかしくないから今日を大切にしたいと思えていた」
という言葉がすごく共感していた自分でした。


ご意見・ご感想・
下記への寄付応援など大歓迎です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「新生児科」、「NICU・新生児病棟」など応援したい診療科や部署に指定の上、ご寄付いただければ使い道を各現場で決められるのでありがたいです。
こちらは故郷納税のように税控除の対象になります。
1000円からご寄付可能です。

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」など応援したい診療科や部署に指定の上、ご寄付いただければ使い道を各現場で決められるのでありがたいです。

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」に指定いただければ、
今はコロナウィルス対応、その先には
新しいNICUでの患者家族のアメニィテイーの向上、
NICU卒業生の支援のための情報提供のリーフレットや育児応援アプリの開発、
NICUでのより良い診療のための研究開発、人財育成
などに活用させていただく所存です。

スライド1

かながわ県立病院小児医療基金に感謝。。。


寄附の使途内容などはこのブログを通じて引き続き報告させていただきます。

今後とも多くの皆様に共に赤ちゃんとご家族のために
より良い医療を探していく応援をいただければ心強いです。


下記、こども医療センター新生児科が関わっている書籍などです。

関連記事
Posted byNICUサポートプロジェクト

Comments 0

There are no comments yet.