一緒に働けた幸せ。。。

スライド1
先週でNICU・新生児病棟をしばし離れる看護師さんがいました。
10年間働いてきて、初めてNICUを長く離れるということでした。

スライド2
最後の1週間をいつも通りに明るく、真面目に
働いているのを感じていました。

不安や悲しみなどにも心寄せながら
赤ちゃんとご家族に笑顔も忘れず寄り添おうとする看護師さんたちが
増えているのがNICUや新生児病棟の医療をよりよくなっている
気がする理由と思えます。

心強く感じていた看護師さんの1人、しばし別れの
1週間を大切に共に過ごしたいと思えていました。

スライド4
後輩の相談に乗ったり、

スライド3
お世話になった先輩とのしばしの別れを惜しんでいたり、
スライド2
NICU・新生児病棟の最後の1週間を大切にしている様子
励まし合う様子を微笑ましく思えていました。

このブログの始まりの頃から新人さんとして
このNICUで頑張っていた看護師さんです。

NICUのベッド不足の頃、東日本大震災の中、
改築工事しながらの診療、新しいNICUでの当初の戸惑いなども
真面目に、穏やかに共に乗り越えてくれた仲間の1人です。


中堅となりつつあり、仕事が大変だったろう頃
コウノドリのペルソナNICUの看護師さん役で出演して
いました。サクラ先生、今橋先生、白川先生などに
励まされて
この時の帰り道に「NICUで働き続けてきてよかったと思えた」
と伝えてくれた看護師さんの言葉をよく覚えているのですが
スライド01
わざとか、同じ言葉を伝えてくれました。

辛いこと、大変なこともあるけど、働き続けているからこその
機会、成長した子供達やご家族との再会が働く甲斐を感じさせて
くれるという気持ちをシェアしている看護師さんの1人に思えます。

スライド5
しばしの休み前の最後の勤務終了後に
NICUの医師医局に立ち寄りつつ、挨拶していましたね。

スライド6
「先生たちと働けて幸せでした。しばし休んだ後も
復帰して、またNICU・新生児病棟で働きたいです」
という笑顔に感動しました。

戻ってくる頃、自分は働いているだろうか?と少し想像しながらも、
また、一緒に働ける日を楽しみにしていたいと思えました。

120名近いチームで働くNICU・新生児病棟ですが、
スタッフにもそれぞれの家族や人生があります。

NICU・新生児病棟の入退職が減ったのも、産休や療養後に
復帰を希望してくれるスタッフが多くなったこと、産休・育休などを
親戚のような気持ちで応援し、送別・復帰を歓迎、応援できる
スタッフが増えたからに思えます。

人生の節目で
NICU・新生児病棟に入院する赤ちゃんやご家族を応援するように、
NICU・新生児病棟で頑張ってきたスタッフそれぞれの
人生の節目もみんなで応援できたらと思えました。

ご意見・ご感想・
下記への寄付応援など大歓迎です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「新生児科」、「NICU・新生児病棟」など応援したい診療科や部署に指定の上、ご寄付いただければ使い道を各現場で決められるのでありがたいです。
こちらは故郷納税のように税控除の対象になります。
1000円からご寄付可能です。

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」など応援したい診療科や部署に指定の上、ご寄付いただければ使い道を各現場で決められるのでありがたいです。

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」に指定いただければ、
今はコロナウィルス対応、その先には
新しいNICUでの患者家族のアメニィテイーの向上、
NICU卒業生の支援のための情報提供のリーフレットや育児応援アプリの開発、
NICUでのより良い診療のための研究開発、人財育成
などに活用させていただく所存です。

スライド1

かながわ県立病院小児医療基金に感謝。。。


寄附の使途内容などはこのブログを通じて引き続き報告させていただきます。

今後とも多くの皆様に共に赤ちゃんとご家族のために
より良い医療を探していく応援をいただければ心強いです。

下記、こども医療センター新生児科が関わっている書籍などです。

関連記事
Posted byNICUサポートプロジェクト

Comments 2

There are no comments yet.
no name  

おめでとうございます!
嬉しいニュースが聞けて、幸せな気持ちになりました。

我が家は、三次郎を担当してもらいましたが、当時2歳だった三次郎の姉の相手をするのもとても上手な看護師さんで、私自身、きょうだい面会時の後ろめたさが軽減されて、
「なんだか、保育士さんみたいな看護師さんだなぁ」
と、担当看護師さんの凄さと、安心感を感じながらNICUで過ごしていたのを、今でもよく覚えています。

そんな素敵な看護師さんが、ママなんですから、お腹の赤ちゃんもパパも幸せ者ですね♪

しばらく会えなくなるのは残念ですが、いつかコロナが落ち着いて、NICUへ寄れるようになったら、担当看護師さんに会えるまで、何度も三次郎と一緒にNICUのインターホンを鳴らしに行きますね!

成長した三次郎を連れて再会できる日を、家族一同楽しみにしています!

それでは、お体にはくれぐれも気を付けて、素敵な出産を♪

  • 2020/11/05 (Thu) 09:23
  • REPLY
NICUサポートプロジェクト
豊島  
To 三次郎ママさん

To 三次郎ママさん、去り行く看護師さんを一緒に見守ってくださり嬉しく感じました。何よりの送別プレゼントに思える素敵なメッセージに感謝です。ぜひ、いつか直接お祝いしてくださる日を自分も楽しみにしていますね。ありがとうございました。また、会える日を楽しみにしていますね。

  • 2020/11/06 (Fri) 22:00
  • REPLY