1日1日を大切に過ごしていきたい。。。

スライド02
朝の新生児病棟。

スライド1
NICU朝のカンファレンス、医師と看護師で情報共有や
患者さんやご家族に自分たちは何ができるのかを話し合っています。

スライド01
NICU病棟、夜のことにみんなで心寄せて
語り合っている様子です。真剣に語り合う姿、
それぞれの想いや願いを感じる様子でした。

スライド04
NICUの先を応援してくださる方々を案内する星野先生。
NICUのことを知ってもらうことが大切とみんなで伝えています。

スライド10
本日、仕事の合間で読んでいた総説。
心電図、左房容積曲線、左房圧曲線、左房圧・容積曲線、
肺静脈血流速度波形、左房ストレイン曲線などの対比、それぞれの
意味合いが伝わる総説でした。肺静脈ー左房ー左室ー大動脈の
相互作用、連関の理解が少し成長できた気がする総説でした。

スライド03
右室の3次元エコー解析、右室の後負荷になりうる
左房圧の上昇や肺うっ血をよりよく気づけるようになりたいと
夢見ています。

エコー本表紙
想像以上に売れ行き良く初版の7割方が売れそうとのこと。
ありがたく感じつつ、この本の先を自分も学んで伝えられる
ようになりたいと思えています。

スライド06
午後のNICUと新生児病棟から
卒業のご家族。

スライド05
ご卒業を讃えたい気持ちでした。

スライド07
みんなで見送りました。

スライド08
食堂前で出会ったのはけんちゃんとママさん。



NICUで最後の晩。。。(2019年7月)

の1年半後ですね。
発達検査で来たのかなと思いつつ、
スライド09
寝顔に成長を感じました。


にたくさん出ていて嬉しかったと伝えたら
ママさんの笑顔が素敵でした。

スライド14
午後は臨床研究所、研究員の皆様と話している
と元気をもらいます。

スライド6
NICU卒業生のフォローアップ外来に顔を出すとみさちゃんの
ご家族に会えて心温かく感じる時間でした。

スライド08

笑顔を見て笑顔を身につけていく。。。

でNICU卒業を見届けたみさちゃんとご家族でした。
お姉ちゃんと仲良く過ごしていることを微笑ましく
お聞きしたり、
スライド11
ママさんの職場の方がこのブログに気づいて退院おめでとう
と伝えてくださったという話をお聞きしてうれしく感じました。



スライド12
目がぱっちりのみさちゃんの写真を撮れて
嬉しい気持ちでした。

また、来月会いましょうと伝えたこの日です。

スライド2
夕方のNICU医師控え室。ダンボールに20年近く前の
紙カルテを取り寄せてある疾患について20年分のまとめを
はじめてくれた診療の空き時間を有効に使って
患者さん、過去から学ぼうとしている奈良から国内留学の青木先生です。

スライド3
当時の紙カルテ、エコーの静止画がノリで貼られていますね。
こういう作業が辛く感じていた自分で、今はエコーから電子カルテに
エコーデータも写真も自動で転記されつつある今を医師の業務を
改善しつつあると思えて技術革新を感じていました。

スライド4
NICUに夜がまた来ました。
スライド5
担当患者さんにしっかり心寄せて日々できることを
尽くしている感じの産業医大からの国内留学の渡邊先生を心強く思えました。

新型コロナ禍の以前のような生活に戻りつつある気がしながら、
心身はもう戻れないかなと思いつつ、
スライド1
若手スタッフの成長や笑顔に仲間が増えていることを
忘れずに1日1日を大切に過ごしてこうと
思う夜です。


ご意見・ご感想・
下記への寄付応援など大歓迎です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「新生児科」、「NICU・新生児病棟」など応援したい診療科や部署に指定の上、ご寄付いただければ使い道を各現場で決められるのでありがたいです。
こちらは故郷納税のように税控除の対象になります。
1000円からご寄付可能です。

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」など応援したい診療科や部署に指定の上、ご寄付いただければ使い道を各現場で決められるのでありがたいです。

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」に指定いただければ、
今はコロナウィルス対応、その先には
新しいNICUでの患者家族のアメニィテイーの向上、
NICU卒業生の支援のための情報提供のリーフレットや育児応援アプリの開発、
NICUでのより良い診療のための研究開発、人財育成
などに活用させていただく所存です。

スライド1

かながわ県立病院小児医療基金に感謝。。。


寄附の使途内容などはこのブログを通じて引き続き報告させていただきます。

今後とも多くの皆様に共に赤ちゃんとご家族のために
より良い医療を探していく応援をいただければ心強いです。

下記、こども医療センター新生児科が関わっている書籍などです。


関連記事
Posted byNICUサポートプロジェクト

Comments 0

There are no comments yet.