新井先生や今橋先生に共感:NICU兄姉面会はご両親の心も支えられる。。。(コウノドリ30巻)

スライド01
昨晩のNICUです。夜でも誰かが守っているのが
NICU・新生児病棟です。

夜勤スタッフの頑張りをたたえながら
朝の交代です。

スライド2
集中治療を終えてお家での生活の準備をする
新生児病棟の朝です。ご家族のいない夜間帯、育児と看護を
してくれている看護師さん達の朝を労いたいです。

スライド03
火曜日はマニュアルの改定作業を兼ねた勉強会です。

スライド02
柴崎先生が低体温療法についての項を解説しながら
研修医世代の先生方がこう書いてくれたら他の病院の
先生も嬉しいかもと助言してくれています。

スライド04
そして新しい1日の始まりです。火曜日は
眼底検査があって昼くらいは一旦暗くなるNICUですが、
眼底検査の後、
スライド05
ブラインドを上げて外の光を入れてくれる
看護師さん、明るい光がNICUにあったほうがいいと
思ってくれる様子を心強く感じました。

朝、昼、夜をみんなで
感じられるNICUを目指せたらと思えます。
スライド07
自分は午前中はNICUで心エコーさせてもらいながら
心エコーの分析などで時間を過ごしていました。

スライド25
毎月購読している心エコーという雑誌、毎日どれか一章を
読もうと心がけています。

スライド24
本日は「心エコーから左房の循環生理学を知る」という
総説を拝読していたのですが大変、わかりやすく、興味深い
内容でした。左房を能動的機能と受動的機能に分けて、
さらに能動的機能を収縮能と弛緩能に、受動的機能を左室拡張能と
導管機能を分けて、心エコーでどう理解できるかをわかりやすく
書かれていました。昨日よりちょっと賢くなった気がして
感謝の総説でした。

スライド1
お昼休み、NICU卒業生のご家族との再会に
嬉しそうなスタッフの様子。

スライド09
成長をみんなで喜んでいる様子が心温かく感じました。
病気を見る、処置をする、、、などだけでなく、
赤ちゃんとご家族と喜び合える勝又先生や江原先生の
様子に2人とも素敵な新生児科医だなと思えていました。


スライド15
午後は切迫早産で当院に来てくださったご家族に
「早産で生まれた場合」というお話を産科医の先生と
お話させていただきました。

早産児の国内外と自分達の治療成績の話をしながら
ご家族ができること、10歳くらいまでのご家族の生活のことなどを
率直にお話させていただき、
の本や
スライド30
の紹介などをして来ました。

大きくなった先のことなどをたくさん話してくれて
不安が少し取れたと言ってくださるご夫婦の言葉に
心配な中でも希望があることを伝えられたらと思えていました。

産科の先生に

を読むとお父さん達が変わる気がするという
感想を伝えてくださり、嬉しくも感じました。


スライド18
産科病棟から外来フロアに戻り再会したのは
なつめちゃんのご家族ですね。

スライド17
なつめちゃんの今、パパさんにも再会できて
嬉しい気持ちでした。

を読み始めたと伝えてくださりうれしく感じました。
次会った時にご感想をお伝えくださればとお話ししました。

スライド16
NICUに戻ってくると
スライド19
ネーザルハイフローの勉強会を
スライド20
松井先生がしてくれていました。毎週、準備してくださり
スタッフ教育してくださる松井さんに感謝でした。


スライド22
夕方の外来で斎藤先生の外来に来てくれていたのは
もうすぐ1歳を迎えるゆめさんでした。

にも写真が退院したばかりの頃の
在宅医療の写真が掲載されているゆめさんご家族。

スライド4

微笑みと微笑み。。。(2019年12月)

から11ヶ月の未来が今です。
スライド21
ゆめちゃんの笑顔をうれしく感じました。

ママさん、漫画のコウノドリを読み進めていると伝えてくださり、
 
を読んだところということ。
だんだん、こども医療センターと同じだと思えるシーンが出て来ていて
いる気がする、、、という感想。

スライド6
そして、兄姉面会を相談しているペルソナNICUスタッフのシーンで
兄姉面会の大切さを語る新井先生や今橋先生の言葉に共感した
と斎藤先生に伝えてくださっていました。

NICUの兄姉面会の大切さを先輩家族として
伝えてくださるゆめちゃんご家族の言葉を聞き、
なんとか再開したいなと改めて思えました。

NICUの兄姉面会は今橋先生や新井先生の言葉通りで
兄や姉さんのためにやっているわけでなく、兄や姉さんの面会が
ご両親の救いや支えになったり、そのことが赤ちゃん達の何よりの
応援につながるのだと実感しています。


ゆめちゃんご家族、これから最終巻の
スライド1
を読むところと話してくださり、ゆめちゃんご家族が過ごした、懐かしく
感じるNICUシーンがあるはずと伝えたこの日でした。
鈴ノ木先生に伝えたいなと
思えたたくさんの素敵な感想でした。

スライド01

ファミリーセンタードケアは建物ではない、マインド。。。

昨年のクリスマスの頃を思い出しながら、

スライド23
1歳を迎えての
予防接種などをどうしていくかなどを相談した外来でした。

スライド1スライド2スライド3
ママさんとパパさんとゆめちゃんの笑顔にたくさん会えて
斎藤先生も、自分も大変うれしく感じる外来でした。

スライド1
夜が近づきつつあるNICU、ゆめちゃんご家族が
過ごしていたカルガモルーム、当時を思い出しながら
今日の日の笑顔を讃えたい気持ちでした。


本日も1日お疲れ様でした。
明日もそれぞれの場所でそれぞれの役目をガンバッリながら
生きていきましょう。

ご意見・ご感想・
下記への寄付応援など大歓迎です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「新生児科」、「NICU・新生児病棟」など応援したい診療科や部署に指定の上、ご寄付いただければ使い道を各現場で決められるのでありがたいです。
こちらは故郷納税のように税控除の対象になります。
1000円からご寄付可能です。

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」など応援したい診療科や部署に指定の上、ご寄付いただければ使い道を各現場で決められるのでありがたいです。

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」に指定いただければ、
今はコロナウィルス対応、その先には
新しいNICUでの患者家族のアメニィテイーの向上、
NICU卒業生の支援のための情報提供のリーフレットや育児応援アプリの開発、
NICUでのより良い診療のための研究開発、人財育成
などに活用させていただく所存です。

スライド1

かながわ県立病院小児医療基金に感謝。。。


寄附の使途内容などはこのブログを通じて引き続き報告させていただきます。

今後とも多くの皆様に共に赤ちゃんとご家族のために
より良い医療を探していく応援をいただければ心強いです。

下記、こども医療センター新生児科が関わっている書籍などです。




関連記事
Posted byNICUサポートプロジェクト

Comments 0

There are no comments yet.