見つめ合う二人。。。(双子ちゃんご家族を応援できるNICUを目指したい)

NICUには双子ちゃん達がいます。

早産であろうとなかろうと、双子ちゃんの育児は
大変な部分があります。ご両親で取り組むことで
乗り越えられることも多いことを生まれる前からお伝えしています。


NICUの中から、そういうことをご家族と共有できたらと思えています。
上記の動画のゆずちゃんとことちゃん
スライド6
そして、NICUフォローアップ外来の様子の写真。

スライド1
の写真は編集者さん達がこのブログから選んでくれています。
双子の育児は触れていない本ですが、双子ちゃんの
ご家族がたくさん映っている気がしました。

双子ちゃんご家族だからこその笑顔に心寄せて
選んでくれたのかなと思えています。

やはり本に登場していた

けいごくんとりゅうごくんご家族の下記の写真。

スライド05

どこにいくか?、どう過ごすか?(2020年7月)

コロナ禍の始まりの頃に切迫早産できて、お腹の中にいる時から
双子ちゃんのこと、早産児のこと、発達支援のことなどを
たくさんお話ししたご両親。生まれた後もNICUから
できることを二人で尽くしている感じが素敵でした。

そのけいごくんとりゅうごくん
スライド21
他のNICUに引っ越していましたが、けいごくん一人だけ
検査目的で戻ってこられましたね。大きくなった姿に
感動し、
スライド20
転院した後も仕事や家庭と二人の外来、入院を協力して
過ごしているご夫婦を讃えたい気持ちでした。

スライド17
そして、退院。先にお家に帰っていたりゅうごくんと合流。

スライド15
NICUの担当だった江原先生と青木先生とそれぞれ抱っこして
もらいたいと卒業写真。

スライド16
久しぶりに会ったお互いをジーと見つめ合う
二人に心温かくなったこの日です。
二人で改めて卒業の日でした。

スライド18
一瞬マスク外して話さず卒業写真。
二人にいつか多くの人に応援されていたことを
伝わる写真になればと思えます。

スライド14
お母さんの入院から半年、今年長く一緒に過ごした
ご家族の周産期センターの卒業を嬉しく感じました。
出会った日の辛そうな表情を覚えている自分には
この日を一緒に喜べることを嬉しく感じました。

スライド24
NICU卒業生のフォローアップ外来にも双子ちゃん達は
たくさんいて、毎週誰かに会っています。

スライド23
まずは最初の1年間頑張りましょう。ママさんが寝不足・
疲労困憊にならないように家族で乗り越えていきましょうと
伝えたりしています。

スライド19
外来はゆっくり話しづらい賑やかさにはなりますが
それでも二人の成長を一緒に喜びつつ、二人の未来を
一緒に考えたいと思えます。

スライド13
先天性横隔膜ヘルニアの手術に向き合ったけんきくん。
その外来でしたが、付き添いで来てくれたこうきくんの
こともお聞きしています。双子ちゃんの両方の話を聞くことで
気づけることやご家族を応援できることもあるのかなと思えています。

比べる相手がいるから不安になることもあるかもしれないけど
二人でいることで伸ばしあうこともあるということを伝えられたらと
も思っています。

スライド22
成長した双子ちゃん達を見ると
「自分はわかってもらえない」という孤独感を持ちづらく
何が会っても相手の気持ちを阿吽の呼吸でわかり合うような
双子ちゃん達の明るさを羨ましくなることもあります。

双子ちゃんは一人より親御さんの負担を4倍と
言われますが、その先には双子ちゃんのご家族だからこその
明るさや喜びがあるのかなと思えて、それぞれの段階にある
ご家族に心寄せていたいと思えます。

スライド10
双子ちゃんご家族なりの応援の仕方を考えられる
NICUチームをみんなで目指していけたらと思えます。

Amazon在庫、本格復帰の本日からです。

スライド1
の感想なども引き続きお寄せくだされば
心強いです。

ご意見・ご感想・
下記への寄付応援など大歓迎です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「新生児科」、「NICU・新生児病棟」など応援したい診療科や部署に指定の上、ご寄付いただければ使い道を各現場で決められるのでありがたいです。
こちらは故郷納税のように税控除の対象になります。
1000円からご寄付可能です。

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」など応援したい診療科や部署に指定の上、ご寄付いただければ使い道を各現場で決められるのでありがたいです。

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」に指定いただければ、
今はコロナウィルス対応、その先には
新しいNICUでの患者家族のアメニィテイーの向上、
NICU卒業生の支援のための情報提供のリーフレットや育児応援アプリの開発、
NICUでのより良い診療のための研究開発、人財育成
などに活用させていただく所存です。

スライド1

かながわ県立病院小児医療基金に感謝。。。


寄附の使途内容などはこのブログを通じて引き続き報告させていただきます。
今後とも多くの皆様に共に赤ちゃんとご家族のために
より良い医療を探していく応援をいただければ心強いです。


下記、こども医療センター新生児科が関わっている書籍などです。




関連記事
Posted byNICUサポートプロジェクト

Comments 0

There are no comments yet.