19年の月日。。。

スライド1
NICU卒業生のフォローアップ外来。一人で入って来たのは19歳
のNICU卒業生です。外科の先生達と年1回外来を続けて来ました。

生まれた頃を今でも覚えています。お父さんやお母さんの
心配していた表情もよく覚えています。気づけば19年の月日
が流れていました。。。

大人の病院への移行を相談した外来、改めて赤ちゃんだった頃
のこと、これから気をつけた方がいいと思えることなどをご本人
に伝えた外来でした。

ご両親とは一緒でなく、一人で外来に来てくれた卒業。
大学生になっての生活を教えてくれること、
小学校か特別養護学校の先生になりたいという夢を
話してくれて、そして一歩一歩、努力しているのがわかる
頑張りに伝えてくれて嬉しい外来でした。

先生になってくれて、その生徒さんに一緒に
<命の授業>できる日が来たら嬉しいだろうなと思ったりしていました。


スライド2
7月から毎週、横浜と他県を往復しています。父が入院して
ICUで3週間お世話になり、その後も病棟入院が続いています。
患者家族としての時間を過ごしています。

7月、8月は閑散としていた列車、駅でしたが
今週はすごく混んでいますね。


スライド4
19年ぶりに再会した妹です。
新型コロナ禍の中、フランスから帰国して
付き添いをしてくれて感謝でした。

20年間、NICUか新生児医療に関連の世界
に閉じこもりだった自分です。

家族の誰かが病気になることは
もちろん大変なことですが、それがあるから生まれた時間も
あると思えています。19年ぶりでも違和感なく、話せることを
驚きでもありました。

スライド5
ICUで命を救ったもらった気がする父です。
患者家族としてICU医療や医療を様々な考える機会になって
います。

スライド6
新型コロナウィルス禍の中で
大人のICU病棟や回復後病床で患者家族として過ごし、
出逢った医療者の皆様や時間をくれている横浜の
仲間に感謝を感じる今年の夏です。

ご意見・ご感想・
下記への寄付応援など大歓迎です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「新生児科」、「NICU・新生児病棟」など応援したい診療科や部署に指定の上、ご寄付いただければ使い道を各現場で決められるのでありがたいです。
こちらは故郷納税のように税控除の対象になります。
1000円からご寄付可能です。

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」など応援したい診療科や部署に指定の上、ご寄付いただければ使い道を各現場で決められるのでありがたいです。

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」に指定いただければ、
今はコロナウィルス対応、その先には
新しいNICUでの患者家族のアメニィテイーの向上、
NICU卒業生の支援のための情報提供のリーフレットや育児応援アプリの開発、
NICUでのより良い診療のための研究開発、人財育成
などに活用させていただく所存です。

スライド1

寄附の使途内容などはこのブログを通じて引き続き報告させていただきます。
今後とも多くの皆様に共に赤ちゃんとご家族のために
より良い医療を探していく応援をいただければ心強いです。


下記、こども医療センター新生児科が関わっている書籍などです。

関連記事
Posted byNICUサポートプロジェクト

Comments 2

There are no comments yet.
他県より  

先日はコメントにご返信頂き、ありがとうございました。
思わず泣いてしまいました。
おかげさまで、急だったのですが息子はNICUからGCUに移ることができました。
一歩ずつ進んでいきたいです。この記事の19歳の方がとてもまぶしく感じます。応援していますよ!

お父様の件、大変ですね。
身内が入院中だったころ、入院先が飛行機か新幹線で行くような距離でした。
ご病気そのものだけでなく、物理的な距離もかなりの負担になりますよね。
快復をお祈りいたします。

  • 2020/09/30 (Wed) 10:36
  • REPLY
NICUサポートプロジェクト
豊島  
To 他県よりさん

To 他県よりさん、メッセージ心温かくなりました。お互いに頑張りましょう。
今後ともご感想などお寄せくだされば感謝です。

  • 2020/09/30 (Wed) 20:08
  • REPLY