それぞれの人生を讃えたい。。。

スライド01
朝の病棟カンファレンス、NICUや新生児病棟で過ごしていた
お子さんとご家族、在宅医療の中で有終の日までご自宅で
お過ごしになられたご家族からの
「この病院で出産して入院してよかったと思う」
「不安を超えて、多くの人に応援されていていい時間を過ごせたと思える」
「亡くなった後はもちろん悲しいけれど、これで心配しないで、安心して
家族で添い寝できると思える」というようなご家族が伝えてくれた
言葉や表情をその日いなかったスタッフに伝えようとしていた看護師さん
がいました。新人時代から知る看護師さん、いい看護師さんだなと
思いながらその言葉を聞きつつ、心寄せているのがわかるスタッフにも
皆、一緒に働けてよかったと思えるメンバーだと思えていました。

スライド02
里帰り分娩で長期入院、新型コロナ禍など重なる中、
赤ちゃんとご家族を少しでも一緒に過ごせるようにしたいと
かっていない距離と時間の転院搬送を計画中の谷山先生と
担当看護師さんがこれまでの準備と今後シュミレーションなどした
上で決行したい、ご家族一緒に過ごせることを応援したいという
気持ちを話している二人にも心強く感じながら聞いていました。

最近、朝のカンファレンスなどで発言などしなくなった
自分。それは聞いているだけで納得して口出す必要もないかなと
思えてです。

スライド04
最近、後輩世代の先生方と取り組んでいる2Dスペックルトラッキング
法を用いた心エコー検査です。今まで気づけなかったことを気づいて
より的確な呼吸循環管理に活かせたらと日々データ解析している
自分です。


スライド03
自分たちは「障害少なき救命」を目指しての集中治療もしっかり
やりたいけど、病気や障害とともに生きるおとや死亡をタブー視もしたくない。
それぞれの赤ちゃん達がご家族と過ごせる時間を応援したいのだとも思えています。

一緒に過ごせる時間に限りがあるかもしれないお子さん達であっても、
それぞれの時間を集中治療を受けるだけでない時間も届けたいのかなと
思えています。

スライド05
お昼にローソンに向かったら、手を振ってくれた
女の子がいて、一瞬誰だかわからなかったのですが
ママさんとあって「あー」と再会を嬉しく感じました。

4ヶ月以上早産だったさよちゃんです。


この保育器の中にいたさよちゃん。
長期入院でした。


さよちゃんのNICU卒業写真(2013年)

退院の日、そして、外来でもよくこのブログに登場していた
さよちゃんです。

スライド05
小学2年生、楽しく学校に通っているということ。
自分が外来で担当しているまいるくんが同じ学校の上級生にいて
まいるくんとご家族にもすごくかわいがってもらっていると聞いて
大変嬉しく感じました。命の授業を以前させてもらった小学校で
先生達もよくしてくれてすごく感謝というママさんの言葉、
小夜ちゃんの笑顔に涙が出そうになりました。

スライド06
さよちゃんにすぐに気づいたNICU看護師さんが近づいてくれました。
当時は新人だったであろう看護師さん、さよちゃんにあえて
嬉しそうでしたね。すごく心強い看護師さんになっていると
思っていることを伝えるとさよちゃんのママさん喜んでくれて
それも嬉しく感じました。

スライド07
さよちゃんに、可愛くていっぱいいっぱい抱っこしたんだと
伝えてくれている看護師さん。照れているさよちゃん。

スライド08
さよちゃんも、看護師さんもこの
7年間を讃えたい気持ちでした。

スライド10
日曜日にテレビ出演予定の斎藤先生。その取材を終えて
外来フロア通りかかって出会ったのは
ひなちゃんとママさん。

出生前診断から当院で出生して
1年近くのご家族の入院生活から
スライド05

1つ1つ乗り越えた先に(2020年7月)

から1月半経ちましたね。

スライド09
1年前は誰も想像していなかった姿を見せてくれた
気がしました。斎藤先生もそのあとできてくれた
スライド11
勝又先生もひなちゃんが日焼けしていることに感動して
いましたね。

スライド12
在宅医療の大変さも実感しているのを伝えてくれる
ママさんでしたが、ずっとNICUに通っていた日々が終わり、
ひなちゃんと一緒に過ごしていることを讃えたい気持ちでした。

今年の夏は一生忘れないだろうなと思える様々な
ことを思う日々、色々な想いが錯綜しますがNICU卒業生の
お子さんとご家族の笑顔に、自分も愚痴らず、めげず、
踏ん張れたらと思えました。

本日も皆様、それぞれにお疲れ様です。
明日もそれぞれの場所でそれぞれの役目、それぞれの1日を
大切にしていきましょう。


スライド1
感想、このブログのコメント欄やAmazonや楽天などの書評欄、SNSなどにもそれぞれ
書き込んでくだされば幸いです。


ご意見・ご感想・
下記への寄付応援など大歓迎です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「新生児科」、「NICU・新生児病棟」など応援したい診療科や部署に指定の上、ご寄付いただければ使い道を各現場で決められるのでありがたいです。
こちらは故郷納税のように税控除の対象になります。
1000円からご寄付可能です。

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」など応援したい診療科や部署に指定の上、ご寄付いただければ使い道を各現場で決められるのでありがたいです。

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」に指定いただければ、
今はコロナウィルス対応、その先には
新しいNICUでの患者家族のアメニィテイーの向上、
NICU卒業生の支援のための情報提供のリーフレットや育児応援アプリの開発、
NICUでのより良い診療のための研究開発、人財育成
などに活用させていただく所存です。

スライド1


寄附の使途内容などはこのブログを通じて引き続き報告させていただきます。
今後とも多くの皆様に共に赤ちゃんとご家族のために
より良い医療を探していく応援をいただければ心強いです。


下記、こども医療センター新生児科が関わっている書籍などです。

下記のブログランキング、
2つの応援クリックも
よろしくお願いします。 
  → にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ→


関連記事
Posted byNICUサポートプロジェクト

Comments 2

There are no comments yet.
ひなた母☆"  
先日はありがとうございました(*^^*)

先生方、Nの看護師さんにも声をかけて頂いた嬉しい一日でした(*^^*)

退院して1ヶ月ちょっと。
入院中より大変な事もありますが、一緒に過ごせる毎日が当たり前になったのを有り難く感じます♡

大変だった去年の今頃、今のひなたの姿をとても頼もしく思います(^^)

今後とも成長を見守っていただけたら
幸いです★

「NICU 命の授業」購入したのてま、読み終わったらまたコメントさせて頂ければと思います。

  • 2020/08/27 (Thu) 21:29
  • REPLY
NICUサポートプロジェクト
豊島  
To ひなた母☆"さん

To ひなた母☆"さん、メッセージ嬉しく感じました。「退院して1ヶ月ちょっと。入院中より大変な事もありますが、一緒に過ごせる毎日が当たり前になったのを有り難く感じます」という言葉を感慨深く心寄せていたいと思えました。「NICU 命の授業」、ひなちゃんとご家族が長らく過ごした場所の写真も多いと思います。ご感想などお聞かせくださればうれしく感じます。また、お会いする日を楽しみにしています。

  • 2020/08/28 (Fri) 09:35
  • REPLY