「幸せで温かな時間」。。。


スライド02

天使のブティック、ファミリールーム、屋上庭園に込められた心寄せる想い。。。

というブログ記事を書きましたが

そのご家族からいただいた手紙を母性病棟の助産師さんが
届けてくださいました。ブログへの感謝を伝えてくださっていた
と聞き、自分も書き残してよかったと思えました。

先月末から病院を不定期にお休みさせていただいております。
外来も休診にさせていただいこともありその予約変更と夏休みと相まって
大変混雑な先週・本日の外来となってしまい、申し訳なく
感じた本日です。しばらく病院を不在にしていての
久しぶりに復帰した日に上記のお手紙を見せていただき
自分の心を支えてもらっている気がしました。

そのお手紙を繰り返し拝見させてもらっていた
最近でした。

大人であろうと子供であろうと、赤ちゃんであろうと
死が近づいているのを感じることは不安は募るし、
誰かの死は悲しく感じることで、悲しみは胸に積もっていきますし、
波のように悲しみが胸に押し寄せてくることもあります。

そんな時に、有終の時の悲しみだけでなく、その刻がくるまでに
どんな時間を過ごせたか、命が気づかせてくれたことがあるなど
気づけることがみんなでできたらと思えます。悲しい時間だけでなかった、
大切な時間を過ごせた命のことを胸に刻んで入られたらと思えます。
そういうことを考えることが多い今年の夏、
久しぶりに病院に来てゆうきさんとご家族に心励まされた
気がして自分が感謝でした。

スライド1

スライド2

スライド3

スライド4
ご寄付までしてくださったことに感謝し、
その想いをこれから周産期センターにやってくるご家族に
活かさせていただきますし、上記の手紙のような想いに
心寄せられる周産期センターをみんなで目指せたらと
思えます。

また、いつかお会いできる日、天に先に還ったお子さんの
ことを一緒に偲べる日があればと思えています。
ありがとうございました。


ご意見・ご感想・
下記への寄付応援など大歓迎です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「新生児科」、「NICU・新生児病棟」など応援したい診療科や部署に指定の上、ご寄付いただければ使い道を各現場で決められるのでありがたいです。
こちらは故郷納税のように税控除の対象になります。
1000円からご寄付可能です。

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」など応援したい診療科や部署に指定の上、ご寄付いただければ使い道を各現場で決められるのでありがたいです。

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」に指定いただければ、
今はコロナウィルス対応、その先には
新しいNICUでの患者家族のアメニィテイーの向上、
NICU卒業生の支援のための情報提供のリーフレットや育児応援アプリの開発、
NICUでのより良い診療のための研究開発、人財育成
などに活用させていただく所存です。

スライド1


寄附の使途内容などはこのブログを通じて引き続き報告させていただきます。
今後とも多くの皆様に共に赤ちゃんとご家族のために
より良い医療を探していく応援をいただければ心強いです。


下記、こども医療センター新生児科が関わっている書籍などです。

下記のブログランキング、
2つの応援クリックも
よろしくお願いします。 
  → にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ→

関連記事
Posted byNICUサポートプロジェクト

Comments 0

There are no comments yet.