新型コロナウィルス禍の夏:我が子と時間を大切に過ごせる集中治療室をあきらめず、、、

スライド04
新型コロナウィルス禍が続いていようと、
スライド05
3連休だろうと
赤ちゃん達は次々に生まれてきてNICUを必要とするお子さん達
がいます。

スライド03
赤ちゃん達にできることを様々な診療科の先生達と
知恵を出し合いながら皆で考えていけたらと思います。

スライド06
NICUの中での生活を続けているゆめちゃん、ママさんと
パパさんが代わる代わる、ゆめちゃんがぐずらないように
あやしに来てくれていますね。NICUの中での育児を看護師さん達と
一緒に日々積み重ねていっらっしゃいますね。

スライド10
集中治療を無事に終えられた赤ちゃん達は
NICUを卒業して新生児病棟に移動。

スライド11
お家に向けての
準備を一緒にしていく場所ですね。

新型コロナ禍で24時間面会は一旦短縮して
1日4時間の面会時間になっていますが、
スライド12
その4時間を大切に過ごしているご家族達がたくさんいらっしゃいますね。

スライド09
ウィッシュリストでいただいた時計が見守る
沐浴室。

スライド14
けいごくんとりゅうごくんのママさんと祖母様が
二人を順番にお風呂に入れていましたね。
10週間の切迫早産の入院から続く、長期の入院になって
いるご家族。母性病棟に入院してきた頃の不安や母性病棟での
想いを伝えてくれながら、今への感謝を伝えてくださる
ご家族です。

スライド13
そのママさんや祖母様の言葉を嬉しそうに聞いていた
表情が可愛らしかったです。

スライド16
夜はパパさんが仕事帰りにきてくれていましたね。
双子がより良く育っていくにはNICUでの治療だけで決まらないし、
ママさんだけの育児では難しいし、パパさんや祖父母様とか
みんなで関わってあげることが大切ですとお腹の中にいるときから
繰り返しお話しさせていただきましたが、パパさんの姿に
そんな言葉をもうかける必要もない気がして素敵な夜の
面会風景に思えました。

スライド01
YOKOHAMAゴムやNICU卒業生のご寄付で家具などを揃えることが
できたファミリールームの2部屋。

スライド07
ブログの感想を伝えてくださり、お誘いしてくださったご家族が
いました。

スライド08
この日、2ヶ月の月誕生日ということですね。

スライド02
月誕生日を祝うご家族の姿を応援してくださった
皆様にも感謝しつつお伝えしたいと思えました。
スライド15
朝、昼、夜がくるようになったリニューアルオープンしたNICU、
今月末で1年です。

AS20191203001749_comm.jpg
 挑戦と書いてもらった新聞でしたが、新型コロナウィルスでも
できることをご家族と医療者で探していく挑戦は続けたいなと思えています。



1年後が今のようなジレンマな状況になっているとは
想いも寄りませんでしたし、身心の疲労もある今とは思いますが
皆で耐えて乗り越えていけたらと思えています。

ご意見・ご感想・
下記への寄付応援など大歓迎です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「新生児科」、「NICU・新生児病棟」など応援したい診療科や部署に指定の上、ご寄付いただければ使い道を各現場で決められるのでありがたいです。
こちらは故郷納税のように税控除の対象になります。
1000円からご寄付可能です。

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」など応援したい診療科や部署に指定の上、ご寄付いただければ使い道を各現場で決められるのでありがたいです。

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」に指定いただければ、
今はコロナウィルス対応、その先には
新しいNICUでの患者家族のアメニィテイーの向上、
NICU卒業生の支援のための情報提供のリーフレットや育児応援アプリの開発、
NICUでのより良い診療のための研究開発、人財育成
などに活用させていただく所存です。





寄附の使途内容などはこのブログを通じて引き続き報告させていただきます。
今後とも多くの皆様に共に赤ちゃんとご家族のために
より良い医療を探していく応援をいただければ心強いです。


下記、こども医療センター新生児科が関わっている書籍などです。

下記のブログランキング、
2つの応援クリックも
よろしくお願いします。 
  → にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ→



関連記事
Posted byNICUサポートプロジェクト

Comments 0

There are no comments yet.