新型コロナウィルス禍の時間にも。。。

スライド13
Go to トラベルで賑わっているのだろうか?
ナギサさんはあの辺にいるのだろうかと思う
横浜みなとみらいが見えるこども医療センターの4連休中。

たくさんの赤ちゃん達がお誕生と入院があって
スライド14
スタッフも交代勤務しながら休日を守ってくれています。

新型コロナが続こうが、オリンピックがなくなろうが、
4連休だろうが、こども達は関わりなく生まれてくるし
スライド13
この街でNICUを必要とする赤ちゃんとご家族がNICUに
きてくれます。

本当だったら北海道の学会で講演だったかなと
思いながら
スライド1
こんなにNICUで過ごせるのは10年ぶりかなと思いながら
NICUに入院している赤ちゃん達に3次元エコーや
2Dスペックルトラッキング法などさせてもらい、
スライド05
後輩世代の先生方に新しい技術をお伝えしつつ、
その技術の中でどう診療したらいいかの助言をさせてもらっています。

自分の働くNICUで新生児専門研修している先生方と
例年以上にゆっくりお話できていることもあってそれはそれで
心地よい今年度です。


先週の平日は神奈川県の新型コロナウィルス感染症の診療の
要の1つの足柄上病院、コロナに備えるために、診療を縮小させる
を得ない診療科もあって、この期間を使って当院に周産期医療や
小児科研修に来てくれているスタッフがいます。

助産師さんや研修医の皆様が当院NICU・新生児病棟に加わってくれているので
その加入に感謝して


春先に新配属のスタッフに毎年させていただいている
<NICUのポリシーやビジョン>についてのレクチャーをさせてもらいました。


スライド09
当院が協力して来たドラマ「コウノドリ」のシーンも一緒に見ました。
自分にとってサクラ先生や四宮先生達は一緒に周産期医療を取り組んでいる
仲間だと今でも感じますし、コウノドリのシーンを見ると
懐かしく、そしてあの頃の気持ちを思い出させてもらいます。


スライド07
下記のような過去の報道のシーンを活用して
これまでとこれからについてお話しさせてもらいました。









大変一生懸命聞いてくれて、たくさんメモってくれていた
足柄上病院の皆様でした。

AS20191203001749_comm.jpg
上記の朝日新聞の記事のような内容もお話ししましたが、
家族滞在型NICUも、24時間面会も、兄姉面会も
一旦、病院として様々な規制となった今、この10年間
みんなで積み重ねてきたことは意味がないことのように
制限をかけられている気がして心が落ち込むことがある
部分を伝えた自分でした。


足柄上病院の助産師さん達、これまでは
こども医療センターに搬送したことは何度もあるけど
どんな風な診療を妊婦さんや赤ちゃんが受けているのかは
この1ヶ月、実際に一緒に働いてみてわかったことがたくさんある。

予期せぬ突然のことが重なり、
こども医療センターで働くことになったけど
この機会を大切にして、足柄に戻った時に地元で生まれる
ご家族のために頑張りたいという言葉に自分も聞いていて
感動して、新型コロナ禍があったからこその
こういう交流をきっと未来に繋がる機会と
思えました。

スライド12
新型コロナ禍にも直面してきた足柄上病院の皆様
との交流に自分も頑張ろうという勇気をもらった気がしました。


ご意見・ご感想・
下記への寄付応援など大歓迎です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「新生児科」、「NICU・新生児病棟」など応援したい診療科や部署に指定の上、ご寄付いただければ使い道を各現場で決められるのでありがたいです。
こちらは故郷納税のように税控除の対象になります。
1000円からご寄付可能です。

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」など応援したい診療科や部署に指定の上、ご寄付いただければ使い道を各現場で決められるのでありがたいです。

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」に指定いただければ、
今はコロナウィルス対応、その先には
新しいNICUでの患者家族のアメニィテイーの向上、
NICU卒業生の支援のための情報提供のリーフレットや育児応援アプリの開発、
NICUでのより良い診療のための研究開発、人財育成
などに活用させていただく所存です。



寄附の使途内容などはこのブログを通じて引き続き報告させていただきます。
今後とも多くの皆様に共に赤ちゃんとご家族のために
より良い医療を探していく応援をいただければ心強いです。

下記のブログランキング、
2つの応援クリックも
よろしくお願いします。 
  → にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ→


下記、こども医療センター新生児科が関わっている書籍などです。



関連記事
Posted byNICUサポートプロジェクト

Comments 2

There are no comments yet.
残念さん  
先日初めて孫娘が伺いました

いつもこちらのブログを読ませて頂いております。
先日、孫娘が熱中症になり救急でお世話になりました。
残念なことに、ぐったりしているにも関わらず、問題ないとすぐに診察を終え帰宅。
その後、状態が変わらないので別の病院へ行ったところ、熱中症と診断され入院となりました。
神奈川県最後の砦、こどもにとって大切な病院です。なぜ連れてきたの?問題ないです。と言わず、こどもに向き合って家族に向き合ってくださる先生ばかりであることを願います。

NICUサポートプロジェクト
豊島  
To 残念さんさん

To 残念さん、いつもブログに読んでくださるとのこと、ありがとうございます。事情や状況、そのとき、医療者がどういう考えてむきあったのかがわからないのでどうお返事していいか難しい気がしています。お言葉に込められた想いを受け止めさせていただきたいと思えました。大切に想われているお孫さんのご回復を心から願っております。

  • 2020/07/25 (Sat) 04:46
  • REPLY