光陰矢の如し。。。

スライド14
連日、院内外からの入院があるNICU。
NICUが暇なのは赤ちゃんとご家族のためにいいことだと思いますが
自分たちが必要となるときはみんなで役目を果たしていきたいと思います。


生まれた赤ちゃん達に似た経過の
過去の先輩赤ちゃん達を思い出したら、
その退院サマリーを手渡しています。

スライド01
それを一生懸命、追体験しようと
する後輩世代の先生方、昔よりより良い医療を
一緒に目指していけたらと思います。


スライド2
新生児病棟にはるちゃん。


スライド13スライド11
ふっくらしてきましたね。お兄ちゃんと一緒に居られる
日がもうすぐ来るかなと伝えたい気持ちでした。

スライド06
通りかかったら声をかけてくれたけいちゃんとりょうちゃんの祖母様。

ブログに出してくださりありがとうございますという
言葉。面会がままならない今だからこそ、ブログなどで
伝える意味があることを教えてもらった気がします。

ブログの感想をお伝えくださった方に
登場をお誘いして居ます。

スライド07
双子ちゃんの育児は単胎の3-4倍の負担がある
と言われます。ママさん、パパさんとともに多くの
ご家族で見守ってあげるのが大切かなと思えるので
NICUの中で祖母様が面会にきてくださるのも
二人にとって大切なことだと思えていました。

登場してくださりありがとうございます。

スライド09
そして、皆様からお寄せいただいた寄付でフランスから
購入したNIPEモニターをご寄付に感謝しながら本格的に
使い始めました。

赤ちゃんの副交感神経の活動性を見る機械です。
赤ちゃんの安らぎどや不快感などを
気づけるNICUを目指してです。

スライド10
赤ちゃんの自律神経系の勉強をしてくれている
斎藤先生を中心に取り組んでいます。新しい機械を使うことで
今まで気づけなかったことを気づけるようになりたい、
それを赤ちゃんの未来の診療に活かしたいと思ってます。

リニューアルオープンを応援してくださった皆様にも
この新しいモニターの使い道を感謝を込めてご報告し続けて
行こうと思います。


スライド1
自分は研修医時代の頃に匹敵するくらいエコーを
している今年度です。新型コロナ禍で出張が全て
なくなったからこその1年になる気がします。

スライド02
夜はエコーレポートを書いている日々です。
研修医時代を思い出しますが、手書きでヤマト糊で
写真をカルテに貼っていたことを思い出しながら
エコーレポートのハイテク化を目指しています。

そして、
10年後の医療を考えるつもりで新しいエコーの技術を
NICUで使って後輩世代の先生方に新しい技術でわかる
情報を伝えています。

毎日、あっという間に夜がきます。
時の経ち方がどんどん早くなっている気がしています。
歳をとるというのはこういうことなのかなと
どんどん時間が過ぎる気がして、
忙しいのかどうかさえもわからなくなってきている
気がします。

時間を大切に過ごしたいと思える今年です。

スライド1
皆様、本日もお疲れ様でした。
明日もそれぞれの場所でそれぞれの役目を頑張りましょう。

ご意見・ご感想・
下記への寄付応援など大歓迎です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「新生児科」、「NICU・新生児病棟」など応援したい診療科や部署に指定の上、ご寄付いただければ使い道を各現場で決められるのでありがたいです。
こちらは故郷納税のように税控除の対象になります。
1000円からご寄付可能です。

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」など応援したい診療科や部署に指定の上、ご寄付いただければ使い道を各現場で決められるのでありがたいです。

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」に指定いただければ、
今はコロナウィルス対応、その先には
新しいNICUでの患者家族のアメニィテイーの向上、
NICU卒業生の支援のための情報提供のリーフレットや育児応援アプリの開発、
NICUでのより良い診療のための研究開発、人財育成
などに活用させていただく所存です。



寄附の使途内容などはこのブログを通じて引き続き報告させていただきます。
今後とも多くの皆様に共に赤ちゃんとご家族のために
より良い医療を探していく応援をいただければ心強いです。

下記のブログランキング、
2つの応援クリックも
よろしくお願いします。 
  → にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ→


下記、こども医療センター新生児科が関わっている書籍などです。
関連記事
Posted byNICUサポートプロジェクト

Comments 2

There are no comments yet.
マ  

やはり、祖父母が面会できるのは素敵です。

私も双子出産時、二人とも入院を二ヶ月弱していましたが、祖父母は共に会うことができず。。。祖父母から写真では実感わかないな。。。と、いわれショックを受けたことを今でも覚えています。

NICUサポートプロジェクト
豊島  
To マさん

To マさん、祖父母面会、不要不急でないですよね。赤ちゃんの誕生を共に祝ってくれる存在だし、NICU退院後の家族の支えにもなってくれる重要な存在ですよね。お手伝いしていたコウノドリの30巻もそういうお話がありました。祖父母面会は通常よりは制限している今、赤ちゃんに申し訳なく感じ、だんだんでもコロナ前に戻していけたらと思えています。そういう気持ちを応援してくれるようなメッセージに感謝です。


  • 2020/07/17 (Fri) 20:21
  • REPLY