双子の育児は3-4倍大変だとしても。。。

スライド1
夜のNICU,集中治療も続いていますが、
スライド2
入院が減っている最近、NICUの中で哺乳などをしている
お子さん達もいます。空床も多く、穏やかは多い最近かなと
思える集中治療と育児が混在するNICUです。

スライド3
そんな中で素敵な光景に思えて居たけいちゃんとりょうちゃんの
ご家族の一画。

スライド4

双子ちゃん達には孤独になりづらい相棒がいる明るさがある気がします。。。

に登場してくださったけいちゃんとりょうちゃんの

双子のご兄弟。けいちゃんとりょうちゃん、4ヶ月以上の早産で
生まれそうになり、当院に母体搬送できた日からご家族と繰り返し
お話ししたご家族です。

この週数で生まれたらどうなるか?ご家族は何ができるか?という
ことを聞いてくださり、自分も繰り返しお話しさせてもらいました。

早産で生まれた場合の様々なデータなどを含め
上記のサイトで伝えたかったことなどを
繰り返しお話ししてきました。

その中には
・双子ちゃんは例え、満期で生まれても子育てはお母さん一人だとなかなか大変。
1人の赤ちゃんより身体的負担は3-4倍という報告もある。ママさんが寝不足・
疲労困憊になったら赤ちゃん達は生きていけない。。。

・少なくとも1歳超えるまではママさんとパパさん、ご家族の協力の育児があってこそ
乗り越えられる。
・保健師さんや訪問看護師さん、ヘルパーさん
など町で育児に相談に乗ってくれる人やサポートしてくださる
人たちの存在も大きい。遠慮なく頼った方がいいかも。。。

・早産になれば、なおさら、発達支援の大切さがあり、ご夫婦で外来にきている
人達が多いこと、その甲斐が大きい。
・一人の赤ちゃんより3-4倍育児は大変かもしれないけど、成長した先には
双子ちゃんのご家族だからこその楽しさもたくさんある。
などのお話をしていたと思います。

在胎週数の延長が進み、そろそろ地元の周産期センターに
戻り搬送になるかもと産科の先生とお話しした時に
「家族面会が子供の発達支援や退院後の準備に大切ということを
踏まえて、面会時間などが多いNICUがある周産期センターに
引っ越すとしたら引っ越したい」とご家族から
要望があった時に、早産で生まれたとしても
NICUからできることを積み重ねていきたいというママさんと
パパさんの覚悟を感じ、その言葉と表情に感動して居ました。


そんな中で当院で早産出生。

スライド5
新型コロナ禍で制限もある状況ですがそんな中でもご家族で
お子さんと過ごす時間を大切にしているのを目の当たりにしてきました。


スライド2
担当医の青木先生。
スライド4
江原先生や看護師さん達と明るくNICUの一画で
育児している雰囲気。

スライド6
新型コロナ禍で滅入りそうになることもある、
いつも通りの診療ができないNICUの中で
明るさや穏やかさを伝えてくださっているご家族にも思えました。

スライド1
初めてお会いした日の戸惑いのパパさんとママさんの
表情が心に残る自分には、けいちゃんとりょうちゃんが
もたらした喜びや希望を楽しさ、笑顔を素敵に
思えていました。

すでに外来で出会うような双子ちゃんのご家族の雰囲気になっている
気がして心癒されます。

もうすぐ、NICU卒業が近いかもしれませんが
引き続き、ご家族の笑顔を見守らせていただけたらと思えています。



ご意見・ご感想・
下記への寄付応援など大歓迎です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「新生児科」、「NICU・新生児病棟」など応援したい診療科や部署に指定の上、ご寄付いただければ使い道を各現場で決められるのでありがたいです。
こちらは故郷納税のように税控除の対象になります。
1000円からご寄付可能です。

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」など応援したい診療科や部署に指定の上、ご寄付いただければ使い道を各現場で決められるのでありがたいです。

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」に指定いただければ、
今はコロナウィルス対応、その先には
新しいNICUでの患者家族のアメニィテイーの向上、
NICU卒業生の支援のための情報提供のリーフレットや育児応援アプリの開発、
NICUでのより良い診療のための研究開発、人財育成
などに活用させていただく所存です。



寄附の使途内容などはこのブログを通じて引き続き報告させていただきます。
今後とも多くの皆様に共に赤ちゃんとご家族のために
より良い医療を探していく応援をいただければ心強いです。

下記のブログランキング、
2つの応援クリックも
よろしくお願いします。 
  → にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ→


下記、こども医療センター新生児科が関わっている書籍などです。

関連記事
Posted byNICUサポートプロジェクト

Comments 4

There are no comments yet.
なかやま  
双子を育てています

こんにちは!東京で生後半年の双子を育てています。

コロナ禍で、なかなかサポートを得づらい中、「夫婦だけで何とかしなきゃ!」と躍起になっていましたが、「遠慮なく頼った方がいいかも」という言葉に心救われた思いで、ついコメントさせて頂きました。

双子は、私たち夫婦に、「出来ないことは出来ないと言える勇気」や、「人を信頼して頼ることの大切さ」を、教えてくれているのかもしれません。

多胎の家庭は孤立しやすく、周囲から「双子羨ましい〜」など軽〜い感じで言われたり、なかなか大変さが伝わりにくい部分もあります。私は最近、地域の双子会に繋がれて、気持ちが楽になりました。

同じ双子ママとして、けいちゃんとりょうちゃんの健やかな成長をお祈りし、ご両親のことを陰ながらとても応援しています。

  • 2020/07/09 (Thu) 20:54
  • REPLY
マ  
ファイトです

6歳の男の子の双子の母です。
反抗期になったり、母を独り占め出来なくて相方をいらないといったり、母も疲れてイライラしてああ〜余裕ないなあ。。。時には苦しくて双子育児と虐待の関係に納得!と思うこともあったりしますが、兄弟だけど二人とも状況に応じて兄にも弟にもなる感じが不思議で、友達のようだけど友達でもなく、喧嘩もするけど二人で遊ぶことも増えて、双子でよかったな幸せだなと感じる最近です。

一人で食べたり着替えたりするまでは、全て二人分を一気にやらないといけないから大変なこと多いかと思いますが、一人でできるようになるとびっくりするくらい親の休憩する時間ができます😄
急に親の手を離れてしまって寂しくなるくらいです。

私もこの先の双子育児に何が起きるのかわからないですが、多胎児育児中の方、一緒に頑張りましょう!

双子+三男  
双子育児頑張ってる方に

6歳男子双子+4歳男子の母です。
子どもたちに、たくさんのことを教えてもらいました。
助けてって言っていいこと、大丈夫じゃないと発信すること、気持ちを言語化すること、外野の的外れな発言を受け流すすべ等。
本当に苦しくて辛くて抜け出せなくて、イライラして、発狂して、大変だけど、後から小さい時の写真を見ると、こんなに可愛がったの?と驚きます。
一緒に今日もなんとか生き抜きましょう

  • 2020/07/13 (Mon) 09:15
  • REPLY
NICUサポートプロジェクト
豊島  
To コメントくださった皆様

To 東京で生後半年の双子を育てているママさん、6歳の男の子の双子の母さん、6歳男子双子+4歳男子の母さん、
こういう体験談のメッセージ、コメント欄にお寄せくださること、大変ありがたく感じます。感謝です。
 先輩家族の言葉は後輩のご家族の退院準備や応援にすごくなるのだと改めて思えます。今後とも心寄せていただければ幸いです。

  • 2020/07/15 (Wed) 11:55
  • REPLY