コロナで本来のNICUの姿ではなくても。。。


緊急事態宣言以降、
NICUの入院が減っていると思えます。
胎児診断されていた生まれつきのご病気の赤ちゃん
早産に関しては早産になりやすい双子ちゃん
はいつも通りの入院数だと感じますが、切迫早産のご入院が
激減しています。

外国籍のご家族の赤ちゃんがかっていないほど多い今で、
ご寄付でいただいたポケトークが大車輪の活用で
一台さらに、ご寄付を活用させていただき購入しようと思えるほどです。

外国で新型コロナ禍での不安は日本人以上に大きいのかなと
思ったり、日本人にとっては
新型コロナウィルス感染症でStay homeや自粛、テレワークなどは
切迫早産の治療のような効果があったのかしれないと思えていました。

スライド08
NICUの集中治療を終えて、ご家族に育児を担ってもらいながら
地元やおうちへ戻る準備をする新生児病棟もだんだん空いてきましたね。
 コロナの時期にNICUで過ごした赤ちゃんとご卒業が増えてきています。

スライド04
卒業前夜、ベッドサイドにご家族が残してくださった手紙に
喜ぶ勝又先生。

スライド03
地元のNICUに戻られるいちはさんのご家族からの写真と
スライド02
とお手紙です。

スライド10
お世話になった多くのスタッフへのたくさんのお写真やお手紙
それぞれに気持ちが篭っていて
お気持ちに感謝でした。

スライド09
に新型コロナ禍でNICUでご家族で力強く
頑張っていたいちはさんのNICUや新生児病棟での日々
を讃えたいかわいい写真の数々でした。

スライド06
自分宛にもお手紙あると聞き、ありがたく感じました。

スライド07
「コロナで本来のNICUの姿は体験できなかったけど。。。
温かさや明るさに感謝」という言葉を多くのスタッフと
シェアさせていただけたらと思えました。


NICU卒業のお子さんに対して入院してくる赤ちゃんが少なく、
スライド24
リニューアルオープン以来、初めてと思えるベッドが複数空き出している
6月中旬以降です。

スライド23
しばらく赤ちゃんの入院依頼を断ることがなさそうに思える
NICUです。満杯と思い過ぎず、神奈川県内の周産期施設には
入院をご相談いただければと思えています。

スライド15
昔のNICU報道などをみながら、今のNICUの
ルーツを感じてもらったり、
スライド21
コロナ禍の中で加わってくれたメンバーに
松井さんが特別レクチャーしてくれていましたね。
有り難く感じました。

スライド22
今だからできる
学びを提供する期間になればと思えています。


ご意見・ご感想・
下記への寄付応援など大歓迎です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「新生児科」、「NICU・新生児病棟」など応援したい診療科や部署に指定の上、ご寄付いただければ使い道を各現場で決められるのでありがたいです。
こちらは故郷納税のように税控除の対象になります。
1000円からご寄付可能です。

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」など応援したい診療科や部署に指定の上、ご寄付いただければ使い道を各現場で決められるのでありがたいです。

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」に指定いただければ、
今はコロナウィルス対応、その先には
新しいNICUでの患者家族のアメニィテイーの向上、
NICU卒業生の支援のための情報提供のリーフレットや育児応援アプリの開発、
NICUでのより良い診療のための研究開発、人財育成
などに活用させていただく所存です。



寄附の使途内容などはこのブログを通じて引き続き報告させていただきます。
今後とも多くの皆様に共に赤ちゃんとご家族のために
より良い医療を探していく応援をいただければ心強いです。

下記のブログランキング、
2つの応援クリックも
よろしくお願いします。 
  → にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ→


下記、こども医療センター新生児科が関わっている書籍などです。

関連記事
Posted byNICUサポートプロジェクト

Comments 0

There are no comments yet.