濃密な時間が残してくれたご縁と心温かさ。。。

NICUから出たNICU入り口近くでばったり会った
ご夫婦、ご家族会えたらと思えっていたらお会いできたという
笑顔。こういうばったり再会するのは天啓な気がしますと
お伝えした自分でした。

このブログ読んでいるかわからないけど、
もしかしていつか読んでくださればと思えて
書き残した以下のブログのご家族でした。
スライド08

濃密な時間を心に刻み、讃えたい(2020年3月)


このブログを読んでいたことをお伝えくださり、
お見送りしてからのご家族の時間をシェアしていただきました。

産科医の先生や小児循環器の先生達に誘われて
胎児診断の病状説明に加わらせてもらった時、
自分なりにお子さんのためにできることをご家族で
考えて欲しいとお話しさせてもらった時のママさんやパパさんの表情を
覚えています。

お誕生の日、それぞれにおめでとうとお伝えしたかった、
時間を大切に過ごしていただければと願ったご家族でした。

そういう気持ちを伝えられていたのなら
自分も心救われます。

スライド6
周産期センターのご卒業の時に、
ママさんとパパさんから一緒に撮った写真を
手渡してくださり自分も心温かく感じました。

可愛いゆうなちゃんと共に卒業するママさんと
パパさんと一緒に写った写真をいただき嬉しかったです。

産科・新生児科・小児循環器科の先生方、母性病棟、NICUの看護師さん
お子さんの誕生を祝い、ご家族と一緒に過ごす時間を応援したかった
みんなで撮る写真でした。涙を浮かべながら、でも讃えたい気持ち
笑顔も浮かぶ周産期センターの卒業の写真に思えました。
この写真をこのブログに残せること、この日、見送れなかった
スタッフにもシェアできることを有り難く感じました。

ママさんとパパさんと
プレゼントしてくださった気持ちに感謝でした。

ママさんとパパさん、
スライド7
ちょうど出会った場所の側にあった
 の<生命>の文字とともに
NICUを見守るように飾られている村田選手の現役最後のサイン
のパネルを見ながら、

ママさん、巨人ファンでたくさん
東京ドームに行っていた当時のことを教えてくれました。

スライド2
の記事に出たことがあると見せてくれて、ちょうど、
村田さんが巨人に移籍して東京ドームでのNICU野球親睦会を
初めていた頃で、

写真

東京ドームにNICUのご家族が来ているのを
巨人ファンとして応援していたと伝えてくれました。

他の大学病院からこども医療センターに移動して来た頃に
村田さんが応援していたNICUだと気づいて心強かったという
想いを伝えてくれました。

そのあと、野球の話や村田さんの素敵さの
の話をママさんとパパさんとできて、ゆうなさん
の誕生がくれたご縁の時間を過ごさせていただきました。

村田さんご家族にも伝えたいと思えたゆうなさん
ご家族の言葉でした。

スライド6
ゆうなちゃんご家族の1ページに加えてもらったことが嬉しいのと
ママさんを挟むように写っている助産師さんは、
自分が大学病院で
小児循環器ICUで働きはじめた新人の時の新人看護師さんでした。

一緒にたくさんの赤ちゃんを担当しました。
昔、担当した赤ちゃん達やご家族のことを思い出しながら、
胎児期から赤ちゃんを応援したり、ご家族のことも心支えられる
周産期医療で心臓病の赤ちゃんとご家族の時間を応援できたたらと
改めて思える気がしてこの写真に感謝でした。

野球再会、村田さんや巨人の今年を応援できたらと思えます。
巨人を応援しながらゆうなさんご家族もどこかで応援しているかなと
思い出して入られたらと思えます。

お写真ありがとうございました。また、お会いできる日、
ゆうなちゃんの頑張った日々を偲べる日を楽しみにしています。

ご意見・ご感想・
下記への寄付応援など大歓迎です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「新生児科」、「NICU・新生児病棟」など応援したい診療科や部署に指定の上、ご寄付いただければ使い道を各現場で決められるのでありがたいです。
こちらは故郷納税のように税控除の対象になります。
1000円からご寄付可能です。

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」など応援したい診療科や部署に指定の上、ご寄付いただければ使い道を各現場で決められるのでありがたいです。

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」に指定いただければ、
今はコロナウィルス対応、その先には
新しいNICUでの患者家族のアメニィテイーの向上、
NICU卒業生の支援のための情報提供のリーフレットや育児応援アプリの開発、
NICUでのより良い診療のための研究開発、人財育成
などに活用させていただく所存です。



寄附の使途内容などはこのブログを通じて引き続き報告させていただきます。
今後とも多くの皆様に共に赤ちゃんとご家族のために
より良い医療を探していく応援をいただければ心強いです。

下記のブログランキング、
2つの応援クリックも
よろしくお願いします。 
  → にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ→


下記、こども医療センター新生児科が関わっている書籍などです。

関連記事
Posted byNICUサポートプロジェクト

Comments 0

There are no comments yet.