<24時間NICUオンライン家族面会>の可能性。。。

下記の聖隷浜松病院、国立成育医療研究センター、北野病院などの
取り組み、日経新聞の記事、大変共感するものでした。

.......
 
 後に続けたらと思えました。

 新型コロナウィルスはもちろん心配ですが、誕生する赤ちゃんを祝えなかったり、
集中治療を受ける赤ちゃん達がご家族に会うことを制限することの
意味を考え続けたいと思えます。

下記は10年前の兄・姉面会など禁止の頃のNICU、
自宅での妹に心寄せるお姉ちゃんやお兄ちゃんの言葉を
ニュースを通じて知り、

お兄ちゃんやお姉ちゃんが会えるNICUにしたいと思えました。

昨年の秋に家族で過ごせるNICUとして
リニューアルオープンした私たちのNICUのニュース動画
上記の動画のように兄・姉さん達も含め、ご家族が一緒に
赤ちゃんと頑張れるNICUとしてリスタートを切れることを
みんなで喜んでいました。


しかし、新型コロナ禍で
10年前に戻ったように赤ちゃんがお兄ちゃんやお姉ちゃんに会えない
状況になっていることを切なく感じています。

ママさん、パパさんの面会時間を増やすためにも
お兄ちゃんやお姉ちゃんの疎外感が家族に影を落とさないためにも
何よりもNICUで頑張る赤ちゃん達のためにも兄・姉面会は
不要なことではない、大切なことと思えます。

いつまで兄・姉面会を禁止すべき
なのかを小児病院だからこそ科学的根拠を踏まえて、
再開の道を探れたらと思えています。

嘆いていても始まらないので緊急事態宣言の間に
準備していたことがあります。

面会制限の間にもできることを探せたらと思えています。

医療情報は利便性と個人情報保護の2点で
日本の医療機関の壁は高いと感じています。

このコロナ禍の中でオンライン会議などを繰り返しながら
NICUの赤ちゃんとお家にいるご家族を会いたくなったらいつでも
合えるような24時間オンライン面会、パパさん、ママさんなどの
メンバー制限することなくオンライン面会できるようなシステムを
フィリスップス社の皆様と共同研究を始めています。

欧州では既に応用されつつあるシステムを日本のNICUで
使えるかどうかの実証研究をさせていただいています。

スライド07
保育器にカメラを設置しつつ
医療機器などへの影響なく、サーバーやクラウドなどを介さないことで
個人情報漏えいなどに配慮しつつ、NICUの赤ちゃんとご自宅のご家族、
遠方のご親戚などを繋ぐスマホを使ってのオンライン面会を可能にしうる
フォリップス社のシステムを日本で実用性があるかを体験させて
もらっています。

スライド10
NICUスタッフでデモンストレーションや運用の仕方を
緊急事態宣言の最中から繰り返しています。

スライド09
保育器の中の赤ちゃんの様子をどうNICU外に綺麗に
届けられるかを検証していました。

スライド05
粘り強く付き合ってくださる
フィリップス社の皆様に感謝です。

スライド02
秋からNICU内でスマホを使えるように
した自分たちですが、スマホ禁のNICUも少なからずある中、
こういうシステムが日本で広がればと願いながら
みんなで試行錯誤してきました。

スライド33
の導入の時にも、繰り返し倫理委員会で説明をして
個人情報保護とICT活用のバランスを取りたいと
願ってきましたが、

今回も臨床研究室の皆様の支援を受けながら
スライド06
斎藤先生と一緒に今回のシステムの導入の利点と課題などを
話しながら病院全体の理解を得つつあります。

スライド01
まだ製品ではないですし、やってみないとわからない
部分もあるので研究プロジェクトとして準備中ですが、
患者家族の皆様、数家族に実体験してもらっての
このプロジェクトを進められたらと思えています。

いつまで続くかわからない新型コロナ禍の中でも
AS20191203001749_comm.jpg
の思いを大切に、赤ちゃんとご家族が24時間、いつでも、誰でも
応援できるようなNICUを諦めず目指せたらと願っています。

スライド03
ちょうど6月に復帰してくれた看護師さん達、デモの時に
産休に入る前に、豊島先生、面会に来たくても来れない
事情があるご家族にこういうことができたらと言っていたことが
戻って来たら、実現しそうになっていて嬉しい。
こういうことをやりたいと伝えると実現するという<言霊>
ってあると思えると言ってくれてその言葉にうれしく感じました。

スライド04
自分、よく話すのが<新しい技術>を使えないと決めつけたがると
その技術はそこで終わる、使えるようにみんなで使い道を考える、
改良を方法を技術者に伝えられるチームが新しい技術を育て
られる気がする。臨床現場のニーズをしっかり伝えて改良点を
伝えられるチームがあれば、それを実現に向かって取り組んでくれる
技術者や企業は必ずあると思えています。

今回も<24時間オンラインNICU家族面会>の実現に向けて
最初の実証研究を、みんなで前向きに取り組めたらと思えます。

ご意見・ご感想・
下記への寄付応援など大歓迎です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「新生児科」、「NICU・新生児病棟」など応援したい診療科や部署に指定の上、ご寄付いただければ使い道を各現場で決められるのでありがたいです。
こちらは故郷納税のように税控除の対象になります。
1000円からご寄付可能です。

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」など応援したい診療科や部署に指定の上、ご寄付いただければ使い道を各現場で決められるのでありがたいです。

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」に指定いただければ、
今はコロナウィルス対応、その先には
新しいNICUでの患者家族のアメニィテイーの向上、
NICU卒業生の支援のための情報提供のリーフレットや育児応援アプリの開発、
NICUでのより良い診療のための研究開発、人財育成
などに活用させていただく所存です。



寄附の使途内容などはこのブログを通じて引き続き報告させていただきます。
今後とも多くの皆様に共に赤ちゃんとご家族のために
より良い医療を探していく応援をいただければ心強いです。

下記のブログランキング、
2つの応援クリックも
よろしくお願いします。 
  → にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ→


下記、こども医療センター新生児科が関わっている書籍などです。

関連記事
Posted byNICUサポートプロジェクト

Comments 0

There are no comments yet.