夢叶えて欲しい。。。:新型コロナ禍で、みんなで応援した超低出生体重児の卒業の日

スライド01
先週の新生児病棟です。

スライド02
会計にいっているママさんを待つパパさんとゆめちゃん。

スライド04
5ヶ月間家族で過ごした
周産期センターの卒業の日でした。

5ヶ月前に切迫早産で母性病棟に入院してきて、4ヶ月の早産児
としてご出産されたゆめかちゃんです。
胎児期から知るご家族でした。

ちょうど新型コロナウィルス禍の始まりとNICUで時間が重なっていたと
思えるゆめかちゃんご家族でした。

スライド01

序盤は短期研修医の終盤を担当してくれた高橋先生が残り少ない
研修時間を最後まで張り付くように大切に見てくれて、
スライド27
高橋先生が去った後は託された斎藤先生が緊急事態宣言のNICUの中で
大切に見守っていましたね。

スライド10
緊急事態宣言の間、自粛生活を余儀なくされたNICU・
新生児病棟スタッフ。斎藤先生もゴールデンウィークの
24時間当直の夜、skypeでオンライン帰省に顔を
出していましたね。

スライド11
ご家族に応援されながら、緊急事態宣言の中で
看護師さんたちと赤ちゃんとご家族にいつも通りの診療を
目指してくれていました。


下記のニュース動画の中にも

ゆめかちゃんのいた保育器も映っていますね。
多くの方のご寄付や応援の中で私たちが
向き合っていたゆめかちゃんたちだったと思えます。

ママさんとパパさん、緊急事態宣言のNICUの中でも限りある
面会時間を大切にご家族で過ごされていましたね。

スライド13
ママさんに「このブログがあって、心支えられていました、
希望を感じた」という言葉に自分も続けていて良かったと
思えて心支えられました。

スライド2
ママさんとパパさんにはアルコール手指消毒液などが
不足になりそうな瀬戸際でご寄付などしていただき支えてもいただきました。

スライド1

そんなゆめちゃん、NICUから新生児病棟に引っ越し、
卒業の日を迎えましたね。

スライド05
胎児の頃、お話ししたことを思い出すと新型コロナ禍を経て、この日を
迎えられることは自分も感慨深く、うれしく感じました。

スライド07
NICU・新生児病棟の卒業にあわせて着替えた
白いドレスと頭の飾りがすごく似合っていました。

スライド09
この日に会えなかったスタッフにも、NICUの外から応援して
くださり一緒に守ってくださった皆様にもお伝えしたい
NICU卒業の日に可愛らしさでした。


スライド08
ママさんとパパさんからのお手紙にも感謝、
改めて<寄附への想い>でも紹介させていただこうと思います。

お手紙も卒業の時の言葉も素敵な言霊を
たくさんありがとうございました。

新型コロナウィルスでもいつも通り赤ちゃんたちを守りたい、
ご家族を支えたいということができたのかもしれないと
思えるゆめかちゃんご家族のNICU・新生児病棟卒業の日でした。

スライド06
フォローアップ外来でゆめかちゃんのご成長、ママさんと
パパさんの変わらぬ笑顔と再会できることを楽しみにしています。

スライド30
などもご覧いただければ幸いです。
NICUの卒業はゴールでなく、ご家族のスタート。。。
NICUのその先に続くご家族の笑顔を応援していたい自分たちです。

スライド14
NICUや新生児病棟からゆめかちゃんのこれからを
応援しています。

また、お会いする日、ゆめかちゃんの未来を共に
見守れる日を楽しみにしています。

スライド12
渡邊先生にNAVAという新しい人工呼吸器管理を伝授している
斎藤先生。

緊急事態宣言であろうとなかろうと、NICUや新生児病棟には
コロナウィルスよりも大変な事態に直面する赤ちゃんやご家族が
次々にやってきます。卒業するお子さんとご家族の想いを
胸に刻み、次の出会いにみんなで向き合っていけたらと思えます。

ご意見・ご感想・
下記への寄付応援など大歓迎です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「新生児科」、「NICU・新生児病棟」など応援したい診療科や部署に指定の上、ご寄付いただければ使い道を各現場で決められるのでありがたいです。
こちらは故郷納税のように税控除の対象になります。
1000円からご寄付可能です。

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」など応援したい診療科や部署に指定の上、ご寄付いただければ使い道を各現場で決められるのでありがたいです。

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」に指定いただければ、
今はコロナウィルス対応、その先には
新しいNICUでの患者家族のアメニィテイーの向上、
NICU卒業生の支援のための情報提供のリーフレットや育児応援アプリの開発、
NICUでのより良い診療のための研究開発、人財育成
などに活用させていただく所存です。



寄附の使途内容などはこのブログを通じて引き続き報告させていただきます。
今後とも多くの皆様に共に赤ちゃんとご家族のために
より良い医療を探していく応援をいただければ心強いです。

下記のブログランキング、
2つの応援クリックも
よろしくお願いします。 
  → にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ→


下記、こども医療センター新生児科が関わっている書籍などです。
関連記事
Posted byNICUサポートプロジェクト

Comments 2

There are no comments yet.
夢叶の母です  

ブログに書いて下さりありがとうございます。4ヶ月通った病院に行かなくなって嬉しい反面ちょっと寂しい気持ちにもなりました(^^;)
抱っこしてないと泣いたり、夜は2時間おきに起きたりで大変なこともありますがずっと一緒にいれるってやっぱり幸せです♡
今後も外来でお世話になりますのでよろしくお願いします(^^)

  • 2020/06/25 (Thu) 22:38
  • REPLY
豊島  
To 夢叶の母ですさん

To 夢叶の母さん、メッセージありがとうございます。このブログを讃えてくださったこと、読んでくださる方がいることを実感でき、しんどい時期でしたが継続しようという覚悟をいただきました。ありがたく感じています。今後ともメッセージお寄せくだされば心強いです。<寄附への想い>でお手紙を改めて紹介させていただきますね。

  • 2020/06/26 (Fri) 17:54
  • REPLY