可愛い19歳に頭を撫でてもらう喜び。。。

コロナ禍の約3ヶ月間、NICUフォローアップ外来
の受診を延期したご家族が多く、6月からそのご家族が
加わって毎週が夏休みや春休みのような大混雑に
なりそうなこれからです。それぞれとしっかりお話ししたいので
お待たせすることもあると思うのですがご容赦ください。

スライド2
先週のフォローアップ、僕の番?という
感じで巨人軍の野球帽被って
診察室に来てくれたのはけんちゃんです。

一時期だけ小児循環器医をさせてもらっていて
新生児科医に再度戻った頃に担当させてもらった患者さんです。


けんちゃんのNICUの頃のことは上記に書き残しています。

その後もよくこのブログに
登場していたけんちゃん。


NICU野球親睦会の運営スタッフを手伝ってくれた
ご家族です。


出会いから16年目に言葉を話し始めたこと、「先生」と外来で
初めて読んでもらったことを一緒に喜んだ3年前。
時間がゆっくり流れているのを感じるけんちゃんです。


けんちゃんの笑顔と会える喜び(2019年)

毎年、誕生日の頃、外科外来と

一緒にNICUフォローアップ外来に来てくれるけんちゃんです。

スライド1
ママさんと2回のNICU入院当時のことを振り返った
今回、あの時、気管切開しなくてよかったというママさんに
ママさんのあの時の判断や覚悟は正しかったと思えますと
伝える自分。いっぱい悩んだ先の19年後の未来が今なんだと
思えます。

スライド3
胃瘻も外科の先生方と相談して、出来るけどやらない方が
いいかもと一緒に決断したけんちゃんご家族、外科の先生
と新しくした経管栄養のチューブの利点と課題を伝えてくれた
ママさんとけんちゃん。自分は外来で担当しているご家族から
教わっていること、気づかせてもらっていることが多いなと
思えます。

スライド4
ママさんに微笑みかけるけんちゃん。
「こんなに可愛い19歳はいないと思う」というママさんの
笑顔に自分も「確かにこんなに可愛い19歳はいないですね」
と返事した今回。

そして、けんちゃんの医学部で勉強している
けんちゃんのお姉ちゃんやお兄ちゃんの話を聞けて
自分もお姉ちゃんやお兄ちゃんが医師になって
再会できる日を楽しみにしていたいと思えました。

けんちゃんがいたからこそ、けんちゃんを見守るママさん
パパさん、多くの医療者や支援者の中で育ったお姉ちゃんや
お兄ちゃんは患者さんや家族に寄り添う医療者にきっと
なれるだろうなと想像してNICUから応援していたいと思えました。

スライド5
自分が疲れ気味でないかと心配してくれるママさん、
けんちゃんに励ましてあげたらと伝えると頭を
撫でてくれたけんちゃん。涙が流れそうになりました。

歳を取らないように思えるけんちゃんですが
他人を励ましてくれる優しさを身につけていることを
実感して感動。

NICUで悩みながら担当したお子さんとご家族の
19年先の未来が今なんだと改めて思えます。

ご意見・ご感想・
下記への寄付応援など大歓迎です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「新生児科」、「NICU・新生児病棟」など応援したい診療科や部署に指定の上、ご寄付いただければ使い道を各現場で決められるのでありがたいです。
こちらは故郷納税のように税控除の対象になります。
1000円からご寄付可能です。

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」など応援したい診療科や部署に指定の上、ご寄付いただければ使い道を各現場で決められるのでありがたいです。

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」に指定いただければ、
今はコロナウィルス対応、その先には
新しいNICUでの患者家族のアメニィテイーの向上、
NICU卒業生の支援のための情報提供のリーフレットや育児応援アプリの開発、
NICUでのより良い診療のための研究開発、人財育成
などに活用させていただく所存です。



寄附の使途内容などはこのブログを通じて引き続き報告させていただきます。
今後とも多くの皆様に共に赤ちゃんとご家族のために
より良い医療を探していく応援をいただければ心強いです。

下記のブログランキング、
2つの応援クリックも
よろしくお願いします。 
  → にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ→


下記、こども医療センター新生児科が関わっている書籍などです。





関連記事
Posted byNICUサポートプロジェクト

Comments 0

There are no comments yet.