NICU卒業生のご家族からのお手紙に感謝。。。

スライド2

新生児科スタッフが尊敬していた文才を感じる
中学生のひかりちゃんからのお手紙に感動した今週でした。

4ヶ月早産、超低出生体重児だったひかりちゃん。

スライド03

素直で優しい成長を讃えたい。。。

に私立中学入学のお祝いを書かせてもらっていますが、


スライド3
ご家族で考えての後輩NICU入院中のご家族への
プレゼントをくださいました。病院ボランティアのオレンジクラブの皆様の
活動の再開を待って活用の仕方を考えてみようと思えています。


そして、ひかりちゃんとともに素敵なお手紙をくださった
ひかりちゃんのお姉さん。

スライド1

こちらの手紙にも尊敬と感動でした。


2月末の

スライド02

コロナも心配な横浜で、地元中学3年生に贈る言葉。。。

:第63回NICUのいのちの授業 in 横浜市立秋葉中学校

に参加してくれていたひかりちゃんのお姉ちゃん、

新生児科医になりたいと言ってくれたお姉ちゃんのNICUへの
応援にも感謝でした。

秋葉中学での<NICUのいのちの授業>、もしかしたら、
こんな風に体育館で授業をするようなことは2度とないかも
と思える今です。最後の大きな<いのちの授業>かもしれないと
思えるとその時の想いを受け止めてくれたひかりちゃんのお姉ちゃんに
未来を託したいと思える気持ちもあります。

スライド4
ひかりちゃん、お姉ちゃん、母様、
後輩ご家族やNICUスタッフへの応援、ご寄付ありがとうございました。

スライド5
ひかりちゃんやご家族がいた場所はこの柱の近くだなと思い出します。
NICUはリニューアルオープンしましたが、NICUに
入院してくるお子さん、ご家族の日々や想いや願いは
変わらないと思えます。

スライド7
NICU卒業生のお子さんやご家族の
応援をありがたく感じつつ、

スライド6

今、NICUで頑張るお子さんやご家族により良い未来を
届けられるようにみんなで頑張っていけたらと思えます。

AS20191203001749_comm.jpg


ご意見・ご感想・
下記への寄付応援など大歓迎です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「新生児科」、「NICU・新生児病棟」など応援したい診療科や部署に指定の上、ご寄付いただければ使い道を各現場で決められるのでありがたいです。
こちらは故郷納税のように税控除の対象になります。
1000円からご寄付可能です。

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」など応援したい診療科や部署に指定の上、ご寄付いただければ使い道を各現場で決められるのでありがたいです。

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」に指定いただければ、
今はコロナウィルス対応、その先には
新しいNICUでの患者家族のアメニィテイーの向上、
NICU卒業生の支援のための情報提供のリーフレットや育児応援アプリの開発、
NICUでのより良い診療のための研究開発、人財育成
などに活用させていただく所存です。



寄附の使途内容などはこのブログを通じて引き続き報告させていただきます。
今後とも多くの皆様に共に赤ちゃんとご家族のために
より良い医療を探していく応援をいただければ心強いです。

下記のブログランキング、
2つの応援クリックも
よろしくお願いします。 
  → にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ→


下記、こども医療センター新生児科が関わっている書籍などです。




関連記事
Posted byNICUサポートプロジェクト

Comments 5

There are no comments yet.
おおしま  
No title

豊島先生ご無沙汰しております。

ひかりちゃん姉妹の素敵なお手紙に感動し、コメントせずにはいられませんでした。

入院中の子どもやそのご家族、医療従事者などに対する彼女達なりの優しい「思い」が溢れていて、文面だけでも泣けてきてしまいます。

交換ノートは僕らの施設でも積極的に取り組んでいて、ご両親と本音トークが出来るので僕は大好きです。
そして、自分の生きた記録を読み返して「宝物」と表現してくれたひかりちゃんのその感性に、最大限の敬意を込めて讃えたいと感じました。

ひかりちゃん姉妹の輝かしい未来を願っております。

千葉のNICUから

  • 2020/06/05 (Fri) 21:24
  • REPLY
ひかり母  
ありがとうございます

豊島先生
記事ありがとうございます。コロナで失うことばかり考えていた日々、何ができるか、を考えなければ他思えるようになってきたことが感謝です。

反応したのは、「ひかりがいたあたりの柱」と、保育器を囲むスタッフの方々。この柱のあたりか、、、と思うと、旧NICUの空気や音、壁の色、色々な景色と重なってきます。そして、NICUでは当たり前の、保育器を囲む光景。警報が鳴っているから集まるのでしょうが、警報は赤ちゃんの声ですから。。。ひかりと離れて過ごしていた日々、ひかりの「声」に集まってくれていたスタッフの方々がいてくれたことに、あらためて気づかせていただきました。直接こどもに触れられるのが1番なのは言うまでもないですが、こうしてみなさんに愛されていた時間もひかりを育んでくれたこともまた、紛れもない事実だと感じます。

450床くらいこども医療センターにあること驚きました。ですが、その兄弟児の数を考えるに及ばなかったこと、昨日子供たちと反省しました。Nの子には使えないものばかり、どうかおうちで心配して待つお兄ちゃんお姉ちゃんにも、という思いです。でも、オレンジクラブの方にお委ねします。

ひかり母  
おおしま先生

コメント拝読しました。
育児ノート、ひかりの宝物です。
子供達とも話すのですが、
看護師さんたちは、勤務時間中は赤ちゃんの状態に集中している。だいたい勤務が終わって、残業して、帰る前に保育器を回って、写真とってくれたり、メッセージのこしてくれていたんだと思うよ、と。
ときには、ひかりを装って、「お兄ちゃん、おねえちゃんへ、ひかりより」と上の子に手紙を書いてくれた看護師さんもいらっしゃったり。。。
10gくらいづつ前後する体重に一喜一憂するNの空気、そんなものが今文字を通して娘に伝わっていると思います。辛いことも多い入院生活。その後の人生もひとそれぞれですが、みんなに「もうひとつのふるさと」ができるのは共通点な気がします。
千葉の子供たちも、幸せな毎日でありますように!

NICUサポートプロジェクト
豊島  
To おおしまさん

おおしま先生、メッセージ嬉しく感じました。心寄せてくださりありがとう。千葉でも、おおしまくんが今、大切にしている赤ちゃん達の未来かもしれませんよね。NICUで頑張っているときっと先にこういう子供達の成長に会える日も
あるから是非、お互いそれぞれの場所で頑張っていきましょう。

  • 2020/06/06 (Sat) 11:38
  • REPLY
NICUサポートプロジェクト
豊島  
To ひかり母さん

To ひかり母さん、使い道はきっとNICUでも小児科病棟でもたくさんあると思います。物があるから新たらしいこともできる。NICUでも小児科病棟でもいただいたものをどう生かせるかを病院ボランティアの皆様や看護師さん達と相談して活用させていただきます。ですから、大感謝です。ありがとうございました。

  • 2020/06/06 (Sat) 11:42
  • REPLY