緊急事態宣言解除になったからこそ。。。


tvkテレビ神奈川のNewsLinkのニュース動画のように
多くの皆様に応援されて緊急事宣言の頃を乗り越えられた
NICU/新生児病棟です。

スライド01
緊急事態宣言が解除になったからこそのNICU・新生児病棟を
目指せたらと思えます。


スライド02
普段は24時間面会のNICU/新生児病棟ですが
1日2時間に制限していたのを4時間に戻せています。
その時間が赤ちゃんとご家族にとってより良い時間になればと
願っています。

スライド15
そして、赤ちゃんとご家族にとって心地よく過ごせるNICU・
新生児病棟に戻れるようにみんなで改めて考えていけたらと思えます。

スライド04
緊急事態宣言の直前に産業医大から国内留学に来てくださった
渡邊先生、緊急事態宣言解除で復帰してくださった
臨床工学士の松井さんにご挨拶ですね。

スライド05
松井さん、昨年度までは医療安全室の非常勤になってくださって
いましたが、今年度から新生児科の所属に変更で週1回、
NICU・新生児病棟の専属でいてくださいます。

スライド04
渡邊先生と共に
4月から奈良から国内留学の青木先生も初対面のご挨拶。
松井さんにはNICUの医療機器のより良い使い方を
NICUや新生児病棟スタッフの教育係になってもらう予定です。

withコロナの中でスタッフの知識向上などの
方法を共に考えていただく予定で心強い存在です。
スライド08
松井さんと共に今月から復帰してくれたのは
野口聡子先生、非常勤でNICU卒業生のフォローアップ外来を
手伝ってくれています。4−5月の外来が6月以降に取り直して
くださったご家族が多くて大混雑のNICUフォローアップ外来
になっているので野口先生の復帰に感謝です。
外来の後は言語聴覚室で就学後の学習支援についての
相談を言語聴覚士さんとしていました。

スライド09

野口先生とNICU卒業生のフォローアップ外来の質向上
スライド30
のグレードアップを託しています。
スライド10

NICU卒業生のフォローアップのことを共に考えてくださる
心強い存在に感謝です。


スライド05
防衛医大、自衛官の義務年限を終えて
4月からスタッフとして復帰してくれたのは野口先生です。
NICU・新生児病棟の防災係を託しました。早速、これまでの防災マニュアルなどを
見直してくださり、任務に向き合ってくれています。自衛官としての活動、
危機管理の学びがある野口先生、適任に思えて心強く感じます。

野口先生・林先生・谷山先生と新生児科後期研修を終えて
スタッフとして定着してくれた3人に感謝です。

スライド03
今月からMEさんとして入職してくださったのは
NICU卒業生の方、大山先生が担当していた元患者さん。
その存在が新生児科医師全員に希望の存在に思えて
心励まされた今月です。

スライド06
昨晩の当直は勝又先生とジュニアレジデント(小児科後期研修医)
の小森先生。ジュニアレジデントから新生児科医になってくれた
勝又先生がジュニアレジデントをサポートしながら当直してくれる
状況を国内留学に頼りきりの状況が終わりつつあるのを感じて、
二人の当直の光景に感動していた夜です。

新生児科の人員集めに悩んでいた大規模改築工事しながらの
NICU診療の3年間、人集めに悩んでいた日々が終わりつつあるのかなと
思うとこの3年間、そして今、共に働いてくれているメンバーとの出会いに
感謝です。

スライド12
自分も、今年はコロナで出かけることもほとんどなくなりそうなので
NICUや新生児病棟で後輩世代の先生方とゆっくり語り合えたらと
思えています。

スライド18
緊急事態宣言解除を合わせて、院外からの医師見学も
再開にできたらと考えております。コロナウィルスの診療を
していない、濃厚接触がない先生方の見学受け入れを再開にしました。


小林・石井・濱本・野崎・高梨先生と防衛医大の国内留学を
してくれた先生方が多いのですが、その後輩の横井先生が
1日見学に来てくれました。野口先生と1日一緒に
NICU診療を経験してもらいながら夕方は自分がこども医療センター
全体をご案内させていただきました。小児科外来、小児科病棟、
臨床研究室、
スライド21
発達支援部門、生理検査室、
重症心身障害児施設、肢体不自由児施設、こころの病棟、
コロナ対策で回りづらいところは外からになりますが
病院全体を案内しました。

スライド22
養護学校
スライド20
屋上、祈りの部屋、
こども医療センター全体の医療・福祉・教育の役目の中での
NICUの役割やNICUの先のことをこれから新生児科医を
目指す横井先生に自分の経験を踏まえて想いを伝えられたらと
一緒に回った時間でした。

NICUの退院がゴールではない。NICUの様々なその先にも
心寄せられる新生児科医になって欲しいと思えて、小児病院全体を
案内させてもらいました。


横井先生の様々な言葉に初心を
想い出したり、心強かったり、これから時間がある人への
羨ましさを感じたりします。

そして、
後輩世代の先生方のそれぞれの想いや願いを応援できる
NICUや新生児病棟を創っていけたらと改めて思う今週でした。

AS20191203001749_comm.jpg
新年度の始まりような気持ちで6月を改めて大切にできたらと
思えます。

ご意見・ご感想・
下記への寄付応援など大歓迎です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「新生児科」、「NICU・新生児病棟」など応援したい診療科や部署に指定の上、ご寄付いただければ使い道を各現場で決められるのでありがたいです。
こちらは故郷納税のように税控除の対象になります。
1000円からご寄付可能です。

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」など応援したい診療科や部署に指定の上、ご寄付いただければ使い道を各現場で決められるのでありがたいです。

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」に指定いただければ、
今はコロナウィルス対応、その先には
新しいNICUでの患者家族のアメニィテイーの向上、
NICU卒業生の支援のための情報提供のリーフレットや育児応援アプリの開発、
NICUでのより良い診療のための研究開発、人財育成
などに活用させていただく所存です。



寄附の使途内容などはこのブログを通じて引き続き報告させていただきます。
今後とも多くの皆様に共に赤ちゃんとご家族のために
より良い医療を探していく応援をいただければ心強いです。

下記のブログランキング、
2つの応援クリックも
よろしくお願いします。 
  → にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ→


下記、こども医療センター新生児科が関わっている書籍などです。



関連記事
Posted byNICUサポートプロジェクト

Comments 1

There are no comments yet.
ひかり母  

送信失敗したので重なったらすみません。
昨日の学習支援の本も紹介してくださりありがとうございます。
自分でも色々と探していますが、なかなかピンとくるものに巡り合いませんが、こうして紹介していただけるととてもありがたいです。
まだ図書館などには入ってないようですが、レビューがよいので、近いうちに見てみようと思います。