「コウノドリ」のなおとくんと緊急事態宣言解除を喜ぶ。。。

スライド01
毎週月曜日の昼休みは林先生が企画の
通称、川滝勉強会です。年齢差30歳以上あるメンバーで
集って、川滝先生の30年近い新生児科医生活で取り組んで来た
ことを聞く勉強会です。

スライド02
旧NICU26年間での診療のまとめなどを伝授してくれます。
大山先生も細くしてくれます。
昨日は食道閉鎖や食道気管瘻などの出生前診断と新生児管理の
勉強会でした。

川滝先生と大山先生のアスリートのように自分達の技術
向上を目指す60歳台の達人ぶりが若手にメッセージになる気がしている
勉強会です。

スライド03
川滝先生の口述をPCに打ち込む青木先生が
親鸞の言葉を歎異抄に書き残した唯円のように見えました。

スライド01
毎月、外来に来てくれるじんくん。
今月も来てくれました。

blog_import_5d4addd25b6cc_2019122917185642as-1-1.jpeg
先月から今月放送のコウノドリ傑作選で
スライド04

上記の記事に残るシーズン1最終回と
blog_import_5d4a88d05f2bc_20190903193613b9b.jpeg
シーズン2の初回が放送されていましたね。なおとくんを演じてくれて
いましたね。今橋先生に続いてその先のなおとくんとご家族の物語に
重なるじんくんご家族の日々を見守らせていただいています。

緊急事態宣言の当初、小児科病棟に肺炎で再入院していた
じんくん、新型コロナウィルス肺炎かもしれないと心配した
日々でした。PCR陰性に安堵した4月でした。

スライド02
ニヤッと笑うじんくんの笑顔に安堵し、
ご家族の緊急事態宣言の間の生活をお聞きして
追体験・シェアさせていただきました。

医療的ケアとともに
生きるご家族の緊急事態宣言の日々、それぞれに心寄せたい
と思えました。まずは緊急事態宣言解除を一緒に喜び、
この先の生活を一緒に考えられたらと思えました。

スライド02
緊急事態宣言開けの朝、いつも通りの新生児病棟。

スライド01
自分の朝の日課の一つ、めぐちゃんとの会話で笑顔になって
もらえたらという時間でした。

スライド06
自発的に呼吸機能検査をしてくれている
林先生と野口先生。

スライド05
印象だけにならず、検査などを屈指して
数値化して患者さんの状態を伝え合える後輩世代を応援したい
自分には呼吸状態などを呼吸機能検査などで検証しながら呼吸器
設定を考えてくれる林先生や野口先生を頼もしくなりました。

スライド09
夜の当直はジュニアレジデントの小森先生と
勝又先生。小森先生をジュニアレジデントから
新生児科医になってくれた勝又先生が教えてくれている
光景をうれしく感じました・



いつでも出来る、後でも出来ると思うといつまでもやらない(2016年12)

勝又先生がジュニアレジデントから積み重ねてくれた
時間も讃えたいし、
スライド08
ジュニアレジデントとして日々、学ぼうとしている
小森先生も応援していたいと思えていました。

スライド03
ジュニアレジデントから新生児科医になってくれた江原先生
国内留学だけでなく、院内から新生児科医を志してくれる
人たちの研修を応援したいという自分の夢を叶えて
くれた稲垣先生・勝又先生・江原先生に感謝です。

夕方、何やらゴソゴソと何かを作っていた江原先生。

スライド10
長らくNICUで頑張っているお子さんとご家族の生まれて初めての
外気浴、明日、天気予報が曇りだから晴れてほしいと気持ちで
テルテル坊主をかけてあげていた江原先生です。その想いを
素敵に思えていた自分です。

スライド07
緊急事態宣言の間も明るく、前向きに
診療・研修してくれた後輩世代のメンバーに改めて感謝でした。
気づけば改築工事の中で世代交代が進み、平均年齢がぐっと
下がった若手の多いNICUになりつつあるのかなと思えます。
大規模改築工事から緊急事態宣言となかなか気が抜けない
期間に集ってくれたメンバーに感謝しつつ、それぞれの
新生児科医生活を応援できたらと思えます。



ご意見・ご感想・
下記への寄付応援など大歓迎です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「新生児科」、「NICU・新生児病棟」など応援したい診療科や部署に指定の上、ご寄付いただければ使い道を各現場で決められるのでありがたいです。
こちらは故郷納税のように税控除の対象になります。
1000円からご寄付可能です。

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」など応援したい診療科や部署に指定の上、ご寄付いただければ使い道を各現場で決められるのでありがたいです。

「新生児科」、「NICU・新生児病棟」に指定いただければ、
今はコロナウィルス対応、その先には
新しいNICUでの患者家族のアメニィテイーの向上、
NICU卒業生の支援のための情報提供のリーフレットや育児応援アプリの開発、
NICUでのより良い診療のための研究開発、人財育成
などに活用させていただく所存です。



寄附の使途内容などはこのブログを通じて引き続き報告させていただきます。
今後とも多くの皆様に共に赤ちゃんとご家族のために
より良い医療を探していく応援をいただければ心強いです。

下記のブログランキング、
2つの応援クリックも
よろしくお願いします。 
  → にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ→


下記、こども医療センター新生児科が関わっている書籍などです。


関連記事
Posted byNICUサポートプロジェクト

Comments 2

There are no comments yet.
熊本の仁くんファン  

仁くんが笑って「僕、肺炎に負けなかったよ」「また先生に会いに来られてうれしいよ」と伝えてくれているような気がします。緊急事態宣言が解除されて、重苦しい空気が少し和らいだ熊本の仁くんファンです。

コウノドリの頃の写真を見るたびに「仁くん、すっかり大人びてきたなぁ」と思わずにいられません。髪は黒々として輪郭もシャープに、歯もきっちり生えて笑顔もばっちり(^-^) これからの仁くんの変貌ぶりが楽しみです。

  • 2020/05/31 (Sun) 17:27
  • REPLY
NICUサポートプロジェクト
豊島  
To 熊本の仁くんファンさん

To 熊本の仁くんファンさん、いつも仁くんの日々に心寄せてくださりありがとうございます。緊急事態宣言だろうがなかろうが仁くんやご家族と話しているといつも通りですね。そういうお子さん達やご家族をいつも通り応援していたらと思えます。いつもメッセージに感謝です。

  • 2020/06/02 (Tue) 12:22
  • REPLY